たむらワイン店からのお知らせ

2019年

2月

15日

2月16日、17日  限定スペシャル有料試飲

最近とくに寒いよね(>_<)インドア派的なワインで楽しみましょう~ヨ(^_-)-

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日2/16()2/17()※数量限定無くなり次第終了です。

『新星ドメーヌ現る!先日のプロ向け試飲会で

エキサイティングな一品でした是非ともお試しあれ....(≧▽≦)ノ』

 

2016年ブルゴーニュ・シャルドネ<ドメーヌ・エレスティン・マッツィニ>

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥6,264税込}<今回の仕入先(輸入元)()ジェロボームさん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

『個人的にボーヌ側の赤は

やっぱりヴォルネーが

好きかな....(^_^;)

 

2015年ヴォルネーV.V.<メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ>

 

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥9,180税込}

<今回の仕入先(輸入元)()豊通食料さん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

『久しぶりにブラインドどう???....分かるかな???(p_-)

???年ワイン名???<生産者???

{産地???/???/品種:???/小売価格¥???}
お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

今回の①のワインは...()ジェロボームさんより一部抜粋

 

Heresztyn-Mazzini (エレスティン・マッツィニ)

 

エレスティン・マッツィニはブルゴーニュ出身のフローランスとシャンパーニュ出身のシモンのカップルが設立したドメーヌで、10年間家族のもつジュヴレ・シャンベルタンの畑で働いた後ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サン・ドゥニ、シャンボール・ミュジニーに広がる5,5ヘクタールの畑でワインを造り始めました。コート・ド・ニュイの個々のテロワール、クリマを忠実に表現し、ヴィンテージによっては全房発酵でストラクチャーや滑らかさを与えています。3ヶ月大樽で醸造後、12-16ヶ月間厳選された樽でワインは熟成され月齢カレンダーに従い瓶詰めされます。...........

2019年

2月

14日

今週(2月15日~2月17日)のお買い得品

生産者が来日していました!!!

 

先日あった、フィネスさんの試飲会で当主のレジス・ミネにあってまいりました。ニット姿がとっても素敵な方で、通訳を交えて、お話をさせていただきましたが、その人の良さが、ワインにも出ているのだろうなと思いました。

さて、このプイィ・フュメはちょうど、次のヴィンテージがリリースされる前の一番バッチリなタイミングのワインに仕上がっているそんな印象。樽ではなく、ステンレスでのみ造られるので、フレッシュで切れのある所が爽快で気持ちいいワインです。 

【地方:ロワール/タイプ:白/品種:ソーヴィニヨン・ブラン】(輸入元:㈱フィネス) 

 

2016年 プイィ・フュメ V.V.

~レジス・ミネ

 

試飲特価¥3,591

ルロワのようなイメージです♪

 

『ルロワを連想させる手法で、ナチュラルかつ エキスたっぷりのローヌブレンドをものにしている。』とコメントされるのは、ブルゴーニュのビオディナミの最高峰「ルロワ」と栽培、醸造などの共通点が多いことから言われたそうです。昨年こちらを初入荷させていただいた時は、「本当に??」と半信半疑だったのですが、飲んでみたら、納得です。エレガントなラングドックのスタイルはこのワインならではでしょうね。ル・プレビテールとはキリスト教の司祭の館のこと。ドメーヌの中に、かっての村の司祭の館があり、現在、その石造りの丸天井の建物の中でマス・ダルゾンのワインを熟成 させていることから、キュヴェ名がル・プレビテールと命名されました。ちょっぴり神聖な気がするような・・・しないような(笑)

【地方:ラングドック/フォジェール/タイプ:赤/品種:リュドナー・ペルト(グルナッシュの亜種で腐敗に強い)&グルナッシュ50%、サンソー40%、カリニャン10% 】(輸入元:㈱VIVIT) 

 

2017年 ル・プレビテール~マス・ダルゾン 

 

試飲特価¥3,057

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2019年

2月

08日

2月9日、10日  限定スペシャル有料試飲

「またまた連休、日曜日もタップリとワイン日和(^<^)

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日2/9()~2/10()※数量限定無くなり次第終了です。

『先ずは、白の王道系、

贅沢ピュリニーで、

ブルゴーニュ好きにはたまらない2014年さッ!...(≧▽≦)ノ』

 ①2014年 

ピュリニー・モンラッシェ

<バシュレ・モノ>

 {ブルゴーニュ// 品種:シャルドネ100%/

小売価格¥9,504税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)㈱ヴァンクロスさん>

 

お試し◆glass(70ml)→¥1,000(税込)

『ジュヴレ期待の若手、

このアン・シャンはなんと

A.ルソーとD.モルテに挟まれた区画!実力はいかに.....(_;)

 

②2015

 ジュブレ・シャンベルタン

 アン・シャン 

<フィリップ・リヴェラ>

 

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥9,180税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)㈱ラフィネさん>

 

お試し◆glass(70ml)→¥1,000(税込)

今回の②ワインは...()ラフィネさんより一部抜粋

 

ドメーヌ・フィリップ・リヴェラ (ジュヴレイ シャンベルタン村)

 

ジュヴレイ・シャンベルタンの期待の若手、ダミヤン・リベラ氏によるドメーヌ。所有する8.2haの畑は大変優れた区画ばかりであり、区画ごとに、かかりやすい病気が異なるためその区画に適した最小限のコントロールを行っています。醸造方法もシンプルでそのテロワールの葡萄の味わいを引き出しています。

2019年

2月

07日

今週(2月8日~2月11日)のお買い得品

限定10本!!!

 

こちらは、ネットでは「何」とは明言出来ないのですが、マルゴーのとても素敵な2シャトーのワインを購入してきて、ブレンドしているんです。もとの素敵なシャトーを買ったら・・・○万円~○○万円とかになるのかしら~な感じ。価格でのコスパもいいのですが、もちろん、エレガントなボルドーとして、おススメです。折しも、来週はバレンタイン。そんな時のプレゼントにもいかがでしょうか?

【地方:ボルドー/マルゴー/タイプ:赤/品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロ30%】(輸入元:㈱アストル) 

 

2008年 レクスプレッション・ド・マルゴー

 

試飲特価¥4,104

この年から人気急上昇♪

 

 トリエンヌはロマネ・コンティ(DRC)のオベール・ド・ヴィレーヌとデュジャックのジャック・セイスの南仏におけるジョイントベンチャー。赤、白ともに人気なのですが、近年このロゼにもじわじわと人気が出てきて、2017年は特に今までで一番の出来かもしれません。樹齢の古いサンソーを主体とし、軽やかな風味が心地よいです。【地方:プロヴァンス/タイプ:ロゼ/品種:サンソー、グルナッシュ、シラー、メルロ】(輸入元:ラックコーポレーション)  

 

2017年 トリエンヌ・ロゼ 

 

試飲特価¥2,052

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2019年

2月

01日

2月2日、3日  限定スペシャル有料試飲

「二月の始めは実直なワイン生産者からスタート」

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日2/()~2/()※数量限定無くなり次第終了です。

『試飲会で見つけてきました(*‘ω‘ *)

 

①2015年 

サヴィニー・レ・ボーヌ

<ドメーヌ・デュブレール>

 

{ブルゴーニュ// 品種:シャルドネ100%/

小売価格¥7,992税込}

<今回の仕入先(輸入元)

ジェロボーム㈱さん>

 

お試し◆glass(90ml)→¥1,000(税込)

『飲み頃かしら???』

 

②2013

 ジュブレ・シャンベルタン 

<ベルトラン・アンブロワーズ>

 

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥8,640税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)

ラックコーポレーションさん>

 

お試し◆glass(80ml)→¥1,000(税込)

 

今回の①のワイン、ジェロボーム()さんより

 

ドメーヌ・デュブレール Domaine Dublère

 

1980年代後半に初めてブルゴーニュを訪れたドメーヌの主ブレア・ぺテルは、その土地、人々とワインに魅了され、2003年に家族と共に移住し、1年間農業とワイン醸造を学び資格を 得た後、2004年からワイン造りを開始しました。彼にとってブルゴーニュのワインは単にシャルドネやピノ・ノワールを飲むという理解ではなく、ブルゴーニュの土地そのもの、土壌、天 候、太陽の光それら全てをボトルに詰めたものだと考えています。その土壌からできるワインの可能性を最大限に開花させるため、化学薬品や農薬は使用せず、耕作、収穫、醸造の 全ての工程において、見習い時代に教わった“配慮と敬意”を大切にしワイン造りを行っています。

2019年

1月

31日

今週(2月1日~2月3日)のお買い得品

恵方巻きにはこのワイン!!!

 

今年は日曜日が節分とあって、ホームパーティで節分なんて方もいらっしゃるのでがないでしょうか?でしたら、ワインもそんな恵方巻に合うワインをご紹介。ロワールのシュナン・ブランと言う品種なのですが、これが、辛口仕立てなのに、程よいコクがあって、酢飯との相性がバッチリなんです。

ドメーヌ・シルヴァン・ゴードロンは1890年から4代に渡りヴーヴレを生産する家族経営のワイナリーです。辛口から甘口まで、豊かなアロマや果実味、フィネスを備えたスティルワインとスパークリングを手がけます。造っている人としては、恵方巻なんて食べたことないんでしょうがね~。

【地方:ロワール/タイプ:白/品種:シュナン・ブラン100%】(輸入元:ジェロボーム㈱) 

 

2016年 ヴーヴレ・レ・ヴォー・ルイ・セック

~ドメーヌ・シルヴァン・ゴードロン

 

試飲特価¥2,872

1級クラスが

このお値段!!!

 

 ドメーヌ・テナールは1842年ポール・テナールにより、ジヴリーに長くそのルーツを持つイヴォン家との結婚を機に創立されました。一番の高級ワインは、なんと言っても「モンラッシェ」当店には品ぞろえはありませんが、9万円。そして、その所有する畑の大きさは、あの大ドメーヌのジェ セフ・ドルーアンに次ぐ2番目の広さを誇るとのこと。と、そんな高嶺の花の話はさておき、この赤は1級クラスなのに、手が出せる価格。そして、美味いのがいいんです。派手なタイプではありませんが、十分な底地としみこむ旨味が心地よいです。お家にこもっている時なんかに癒しの味わいですね~~~♪

【地方:ブルゴーニュ/タイプ:赤/品種:ピノ・ノワール100%】(輸入元:ジェロボーム㈱)  

 

2013年 ジヴリー・1級 ボワ・シュヴォー 

 

~ドメーヌ・テナール 

 

試飲特価¥4,104

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2019年

1月

26日

1月26日、27日  限定スペシャル有料試飲

「そろそろ美味しくなったかな?“ジュラ、3品種ブレンドの赤

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日1/26()1/27()※数量限定無くなり次第終了です。

 

 

『ブルゴーニュ、ヴォルネーの名手、

マルキ・ダンジェルヴィーユが

手掛けると

どうなる???ジュラの赤.....

(≧▽≦)ノ』

 

 

2016年 アルボア・トロワ・セパージュ

<ドメーヌ・デュ・ペリカン(マルキ・ダンジェルヴィーユ)

{ジュラ//品種:ピノ・ノワール60%、トルソー35%、プルサール5%/小売価格¥6,804税込}
<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>
お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

いぶし銀な感じ....”

実力あるプルミエクラスに

魅了です(@_@)

 

 

2015年 ボーヌ1

クロ・デ・シャン・ピモン

<ドメーヌ・ラペ>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/

小売価格¥9,180税込}
<今回の仕入先(輸入元)()ラフィネさん>
お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

今回のワインは...()フィネスさんより一部抜粋

 

DOMAINE DU PÉLICAN/ドメーヌ・デュ・ペリカン 
 
このドメーヌはヴォルネー村でワイン造りをしているドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルの当主ギョーム ダンジェルヴィル氏と醸造責任者のフランソワ デュヴィヴィエ氏が、ブルゴーニュのような素晴らしいテロワールのワインを造りたいという探究心から2012年にジュラ地方アルボワの町に隣接するモンティニー レ アルスール村に設立しました。

なぜ「Pélican(動物のペリカンのこと)」というドメーヌ名が付けられたかはアルボワの歴史を振り返る必要があります。  15世紀末、神聖ローマ皇帝だったハプスブルグ家出身のマクシミリアン1世は従者と共にアルボワに滞在したことがありました。当時は異国の動物を飼う事が貴族のステータスとなっていたため、マクシミリアン1世も異国の動物をアルボワに連れてきていました。その動物の中には南国の鳥であるペリカンも含まれていましたが、不幸なことに1羽のペリカンがアルボワ滞在中に死んでしまいました。その死を大いに悲しんだマクシミリアン1世はこの「皇帝ペリカン」を忘れないためにアルボワの町のエンブレムをペリカンにするように定めたのです。

また、彼の妻であるマリーは最後のブルゴーニュ公シャルルの一人娘で、夫婦一緒にペリカンを連れて散歩をしていたため、ペリカンはアルボワとブルゴーニュを繋ぐ架け橋の役割も果たしていたと言われています。当時ブルゴーニュ公が所有していたヴォルネーの1級畑「Clos des Ducs(クロ デ デュック)」は現在ドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルが単独所有しています。
そのブルゴーニュ公の後を継いだドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルがアルボワでワインを造る、つまりブルゴーニュとアルボワが時を越えて再び繋がるということになるので、架け橋であった「Pélicanペリカン」をドメーヌ名に採用することになりました。

2019年

1月

24日

今週(1月25日~1月27日)のお買い得品

ひさびさ王道・

ブルゴーニュ・シャルドネ!!!

 

ルゴーニュに140haを所有する大ドメーヌであるフェヴレがつくるベーシックワイン。ベーシックといえども、侮るなかれ!!!このクラスだからこその、早熟感と落ち着きが早い段階でくるのが、とってもいいんです。最初はフレッシュなアタックから始まり、柑橘類、白い花、白桃、蜂蜜、ほんのりヘーゼルナッツのような香りを楽しみ、ピュアな酸味と果実味、そしてミネラルが口の中に広がり、エレガントな余韻にほのかに蜂蜜のようなコクを感じさせます。【地方:ブルゴーニュ/タイプ:白/品種:シャルドネ100%】(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2016年 ブルゴーニュ・シャルドネ~フェブレ

 

試飲特価¥2,872

人気ワインが再入荷

 

 前回年末にご案内した時に反響がよく、完売していたワイン、再び入荷してまいりました。「綺麗な」濃さで、繊細、しなやかなニュアンス。そして、お買い求めやすいお値段も魅力なんですよね。フレッシュなブラックチェリーのようなアロマに、スパイスも程よく混じります。繊細、しなやかで軽やかな飲み心地。 赤ワインですが、通常よりも少し冷やして目(16-17 度)で飲むのがおすすめです。アシェットガイド 2018 で二つ星を獲得 

【地方:IGPコント・トロザン(南西地方)/タイプ:赤/品種:マルベッ100%】(輸入元:セパージュ㈱)  

 

2016年 ジュ・スイ・ア・ボワール 

 

~シャトー クティネル 

 

試飲特価¥2,052

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2019年

1月

18日

1月19日、20日  限定スペシャル有料試飲

「高騰するブルゴーニュマルサネに熱い期待

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

開催日1/19()1/20()※数量限定無くなり次第終了です。

『オードワンのマルサネは、ほとんど赤と白がラインナップされていますが

僕は白の方が好きです(^_-)-☆』

2015

マルサネ・ラ・シャルム・オー・プレットル・ブラン

<シャルル・オードワン>

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥7,020税込}

<今回の仕入先(輸入元)()ラックコーポレーションさん>

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

 

『マルサネのライジングスター赤の実力はいかに???

2015

マルサネ・ラ・シャルム・オー・プレットル・ルージュ

<シャルル・オードワン>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥7,020税込}
<今回の仕入先(輸入元)()ラックコーポレーションさん>
お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

今回のワインは...()ラックコーポレーションさんより一部抜粋

 

Charles AUDOIN/シャルル・オードワン 

 

ブルゴーニュのライジングスターとして注目を浴びる、マルサネの造り手。2000年にシャルルの息子、シリルがドメーヌに参画して以降、見違えるような進化を遂げた。

元詰めを始めたのは72年。当時はわずか2haしかなかったブドウ畑は、今日15haまで広がり、18の異なるアペラシオンを生産している。フィサンやジュヴレ・シャンベルタンにも畑を所有するが、所有畑の大部分は地元のマルサネ。将来的に1級への昇格が期待されるクロ・デュ・ロワ、ロンジュロワ、シャン・サロモンなど、数々の銘醸畑を手がける。...........

2019年

1月

17日

今週(1月18日~1月20日)のお買い得品

根強い人気の

ソーヴィニヨン・ブラン

 

フランスのブルゴーニュでも北に位置する、シャブリ地区の一つに、ソーヴィニヨン・ブランで造られるワインにサン・ブリがあります。シャルドネが主要の地域としては珍しいです。ですが、そこは高級ワインの産地なので、ポテンシャルの高さはお墨付き。特に、この生産者は、この、サンブリの畑を、高齢でリタイアするという人物から高樹齢のブドウの樹が植わる好条件の畑を譲り受ける機会に恵まれたと言います。樹齢の高いブドウの樹は大変希少ですから、ラッキーですよね。そのお陰で、2005年に自らのドメーヌを興す事を決心しました。自社畑ではテロワールを尊重したビオロジック(有機)栽培を行っています。
このワインは、ステンレスタンクにて天然酵母のみを使って発酵を行い、ブドウ由来の柑橘系の香りや爽やかなハーブのニュアンスを巧みに引き出しています。上品で爽やかな味わいが愉しめる白ワインです。【地方:ブルゴーニュ/タイプ:白/品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%】
(輸入元:豊通食料㈱) 

 

2017年 サン・ブリ~クロティルド・ダヴェンヌ

 

試飲特価¥3,078

人懐っこいピノ♪

 

ヴォーヌ・ロマネやニュイ・サン・ジョルジュ、シャンボール・ミュジニーなどの華やかな畑を所有するこのドメーヌはひとことでいうなれば、「社交性にたけた人懐っこさ」と言える快活さが表現された所です。「???」と思った方には、「どんな人にも美味しいと言わせるピノ」と言えばいいのでしょうかね。小難しい所がないので、正月疲れ、成人の日の連休疲れに、癒しのピノとしていかがですか???【地方:ブルゴーニュ/タイプ:赤/品種:ピノ・ノワール100%】(輸入元:豊通食料㈱)

 

2016年 ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

   ~ドメーヌ・ダニエル・リオン

 

試飲特価¥3,898

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2019年

1月

12日

1月12日、13日  限定スペシャル有料試飲

「今週はちょっと面白飲み比べをしちゃいます」

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

★開催日1/12()~1/13()※数量限定無くなり次第終了です。

『デゴルジュマンの時期違い♪♪♪

 

①左ターブル・ロンド エクストラ・ブリュット

<ランスロ・ピエンヌ>
{シャンパーニュ/白泡/品種:シャルドネ100%/小売価格¥7,344税込}デゴルジュマン:2018年5月
<今回の仕入先(輸入元)()フィラディスさん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

 

 

右ターブル・ロンド エクストラ・ブリュット

<ランスロ・ピエンヌ>
{シャンパーニュ/白泡/品種:シャルドネ100%/小売価格¥7,344税込}デゴルジュマン2016年8月
<今回の仕入先(輸入元)()フィラディスさん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

③ 2012年 

エルミタージュ・

ファルコネ

<ジャン・ルイ・

シャーヴ・

セレクション>
{ローヌ/赤/品種:シラー100%/

小売価格¥8,100税込}
<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

 

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

★★★(*‘ω‘ *) ①、②ってどんなワイン????

今回の仕入先(輸入元)㈱フィラディスさんより

 

ランスロ・ピエンヌ Lancelot Pienne 

コート・デ・ブラン地区のグラン・クリュであるクラマンは、サランの丘の南東向き斜面からアヴィーズへと続く東向きの斜面からなる。日照量に恵まれた柔らかく豊かな果実と力強いがゆったりとしたミネラルにより、味わいの広がりは大きくクリーミーな質感が特徴である。アヴィーズやル・メニル・シュール・オジェに比べると酸やミネラルはそこまでタイトすぎず、よりふくよかな味わいが楽しめる。

ランスロ・ピエンヌのラインナップはクラマンのシャルドネをメインに使用しており、これぞクラマンという味を堪能することができる。創始者であるジャン・バティスト・ランスロはもともとこの地でブドウを栽培しており、その歴史は120年も前に遡る。ワイン造りに対する彼の情熱は脈々と受け継がれ、2005年からはジル・ランスロが4代目としてドメーヌの指揮をとっている。
ジルのモットーは「個性あふれる区画を吟味し、クラマンのテロワールを最良の方法で表現すること」である。所有する区画はそれぞれが異なる向きの斜面を持つため、ブドウの成長スピードは一つとして同じものはない。こうしたブドウの多様性がランスロ・ピエンヌのスタイルを造り上げるのだ。 

2019年

1月

11日

今週(1月11日~1月13日)のお買い得品

今年初は

ニューフェイス♪♪♪

 

ペスキエはローヌのヴァントゥを中心に生産している所なのですが、この度、お初???のお目見えでなんと、お近くのプロヴァンスのワインを造り始めたようです。プロヴァンスのワインと言えば「ロゼ」が代表ですから、これも、ご多分に漏れず「ロゼ」になります。内陸のローヌ地方とは違い、ドライな辛口仕上げの中にもほのかに「海の塩味」を感じさせる正統派なプロヴァンスですね。今年初の無料試飲にピッタリな華やかさと、スタイリッシュな味わいですね。

【地方:プロヴァンス/タイプ:ロゼ/品種:サンソー60%・グルナッシュ30%・ロール10%】(輸入元:㈱飯田)  

 

2017年 ル・パラドゥ 

コート ド プロヴァンス ロゼ

~シャトー・ペスキエ 

 

試飲特価¥2,667

 正統派グルナッシュ!!!

 

グルナッシュのパワーを余すことなく表現したワインは品種そのもののポテンシャルの高さを感じさせます。樹齢80年以上の区画のみから収穫されたグルナッシュ100%、よりスペインに近り、ルーション地方の造り手で、ドメーヌを継ぐ前は醸造コンサルタントをしていたのでお手軽でも侮るなかれなワインを造りだします。しっかりした凝縮感、スマートな果実感に伸びやかなミネラル。15%なのにアルコールを感じさせないラファージュ氏の傑作ワイン。何日間かに分けて飲んだとしても、その変化を楽しむ事のできるワインですね。連休にいかがですか? 【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:グルナッシュ・ノワール100%】(輸入元:アズマコーポレーション) 

 

 

2016年

 キュヴェ・ニコラ・グルナッシュ・ノワール

~ジャン・マルク・ラファージュ

 

 

試飲特価¥2,031

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2019年

1月

05日

1月5日、6日  限定スペシャル有料試飲

あけましておめでとうございます(≧▽≦)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

★開催日1/5()~1/6()※数量限定無くなり次第終了です。

『正月疲れは、癒しのピノで♪♪♪

 

2016年 ペルナン・ベルジュレス ベル・フィーユ

<ジャン・クロード・ラモネ>
{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥10,368税込}
<今回の仕入先(輸入元)()エスプリデュヴァンさん>

 

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

 

『いやいや、まだまだ派手にいきましょう???

②キュヴェ・ブリュット ロゼ

<アサイー・ルクレール>

{シャンパーニュ/ロゼ泡/品種:シャルドネ87%、ピノ・ノワール13%/小売価格¥8,640税込}
<今回の仕入先(輸入元)()ラフィネさん>

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

 

★★★(*‘ω‘ *) ②ってどんなワイン????

今回の仕入先(輸入元)㈱ラフィネさんより

 

Assailly Leclaire & Fils RM à Avize/

アサイー・ルクレール・エ・フィス

(アヴィーズ村) 

アヴィーズ村に1899年設立された歴史ある作り手で現在は4代目が11haを管理しています。昔ながらの木製垂直圧搾機を使用し、約10万本ほどあるス トックの動瓶も手作業です。アヴィーズの繊細な酸とミネラル溢れるシャルドネを味わって下さい。

 

2018年

12月

27日

今週(12月28日~12月30日)のお買い得品

年始の魚介に

ピッタリ白♪♪♪

 

年末年始の魚介鍋系や、魚介お節との相性バッチなんです。
ロワールのマイナー産地が育む 爽やかな白は、お手軽なお値段なので、お食事に奮発しちゃった後でも大丈夫(???)な飲み口の良さがおススメポイント。買い出しに、大掃除にやること盛沢山な時に、深く考えずに飲めるのもいい所ですよ。

【地方:ロワール/タイプ:白/品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%】(輸入元:ラックコーポレーション)  

 

2015年 ルイイー ブラン ドメーヌ リュック タボルデ ~マルドン

 

 

 

試飲特価¥2,462

 

ちょっぴり

ビオビオしてますッ!!!

 

先代まではワインをタンク売りしていたのですが、現当主が2011 年からビオロジック農法に着手し、2014年にエコセールの認証を得て、現在赤2種、白1種の計3キュヴェをドメーヌ名でリリースしています(残りのワインは現在も現役である先代が引き続きタンク売りを行っています)。このドメーヌの近隣のブドウ畑は幸いにも皆自然農法を取り入れている生産者ばかりで、外部からの農薬の飛来などの悪影響の心配がない環境。自家消費の野菜や卵も全て自然農法で育てている夫妻は、醸造で出たブドウの搾り粕も馬糞や牛糞と混ぜて肥料に使用しています。「フルーティーで飲みやすいワインを作りたい」というのが信念。その為、除梗は必ず行い、樽は使わない方針。発酵はステンor ファイバータンクで熟成はコンクリート槽を使用しています。軽快なスタイルのカリニャン。非常にフルーティーなアロマ、口に含むと滑らかな舌触り。年度末だなんだと、お疲れの身体に染み渡るそんな優しい赤ワインです。

 

【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:カリニャン100%】(輸入元:日仏商事㈱) 

 

 

2016年 ラ・ポワント カリニャン

~ドメーヌ・ド・ラ・バンジュリエール

 

 

試飲特価¥2,975

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

12月

21日

12月22日、23日  限定スペシャル有料試飲

メリクリですから贅沢に(≧▽≦)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

★開催日12/22()12/23()※数量限定無くなり次第終了です。

『うぅぅぅ...待ちきれん!開けちゃえ(>_<)本ちゃん!...

前回の好評ネゴスと比べてどうよ???

 

2016年モレ・サン・ドニ

<ドメーヌ・デュジャック>
{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥10,800税込}
<今回の仕入先(輸入元)()ラックさん>

 

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

 

畑違い上記と比べてどうよ???

2016年シャンボール・ミュジニー

<ドメーヌ・デュジャック>


{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥10,800税込}
<今回の仕入先(輸入元)()ラックさん>

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

 

 『一息ついて、

年末の疲れを癒す、魅惑の甘さ』

 

2008

カルム・ド・リューセック
{シャトー・リューセックのセカンド}

{ボルドー//デザート/品種:セミヨン85%ソーヴィニヨン・ブラン15%/小売価格¥5,940税込}
<今回の仕入先(輸入元)()アストルさん>


お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

★★★(*‘ω‘ *) ③ってどんなワイン????

今回の仕入先(輸入元)㈱アストルさんより

 

2nd Vin du CH RIEUSSEC SAUTERNE 1er CRU

Carmes de Rieussec 2008

カルム・ド・リューセック

 

シャトー・ディケムに次ぐ高い評価を受けるシャトー・リューセック。畑の場所もシャトー・ディケム の東隣という恵まれた場所に位置しています。 オーナーはシャトー・ラフィット・ロートシルトも所有するドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトで、ブランド力もさることながら妥協をしないワイン造りの姿勢はまさに王道中の王道といえます。
 
カルム・ド・リューセックはシャトー・リューセックのセカンドワインです。 新樽比率と熟成期間が控えめではありますがそれ以外のほとんどはファースト同様の工程を経ており、他のソーテルヌのシャトーに匹敵する高い評価を受けています。
 
蜜のような濃厚な果実味に、白い花やハーブ、トロピカルフルーツなどの様々な華やかな香りが 感じられる濃厚な2008年ヴィンテージ。 ナッツやバターなどより深みのある風味を帯び心地良い余韻を楽しませてくれます。

 

セミヨン85% ソーヴィニョン・ブラン15%

2018年

12月

20日

今週(12月21日~12月23日)のお買い得品

綺麗なマルベックに

驚き!!!

 

マルベックと言えば、フランスでは「濃い」ワインに使われる品種として定着していますし、実際そんなワイン達がほとんどなのですが、このワインは「綺麗な」濃さなんです。繊細で、しなやかなニュアンスがワインのクオリティを伺わせるのですが、お値段を聞くとちょっとびっくり!!!

意外に「お手軽???」なのです。フレッシュなブラックチェリーのようなアロマに、スパイスも程よく混じります。繊細、しなやかで軽やかな飲み心地。 
赤ワインですが、通常よりも少し冷やして目(16-17 度)で飲むのがおすすめです。アシェットガイド 2018 で二つ星を獲得

【地方:IGPコント・トロザン(南西地方)/タイプ:赤/品種:マルベッ100%】(輸入元:セパージュ㈱)  

 

2016年 ジュ・スイ・ア・ボワール 

~シャトー クティネル

 

 

試飲特価¥2,052

 

リッチな白ワインです!!!

 

プロ・ルーカレルとはオクシタンにある小さな岩の多い台地を意味します。ラングドックでも南西に近いピレネー山脈に近いエリアなので、地中海地方の温暖な気候を大西洋が穏やかにした感じのバランスのよさがこの生産者の特長かもしれません。フレンチオーク樽600Lで9ヶ月間熟成。 シャルドネには新樽を使用。フローラルで爽やか、樽由来の洗練された香りが立ち上る。 口に含むとミネラル感のアタック、フレッシュでフルーティ。しっかりしたストラクチュアが感じられるが樽で円やかに仕上がっている。エレガントでとてもバランスの良いワイン。この地方で、シュナン・ブランという品種は珍しいのですが、品よく仕上げているのは、この方たちならではかもしれません。フォアグラとか、熟成したチーズなんかにもいいですね。

 

【地方:ラングドック/タイプ:白/品種:シュナン・ブラン60%、シャルドネ40%】(輸入元:セパージュ㈱) 

 

 

2016年 ラス・プラネロス~プロ・ルカレール

 

 

試飲特価¥4,206

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

12月

14日

12月15日、16日  限定スペシャル有料試飲

ちょっとしたお宝発見??? 

 

 ボンジュール、♪♪♪( )

 

【お待たせッ!週末スペシャル有料試飲限定ワインリスト】

12/15()~12/16()数量限定無くなり次第終了です。

『ジャック・セロスの

愛弟子

 

ラ・クロズリー・レ・ベギーヌ<ジェローム・プレヴォー

 

{シャンパーニュ/白泡/ 品種:ピノ・ムニエ100/ 小売価格¥16,200税込}

 

 <今回の仕入先(輸入元)は、マルカイコーポレーションさん>

 

お試しglass(50ml)1,000(税込)

 『シャサーニュの名門

 

2015

シャサーニュ・

 モンラッシェ

<ジャン・クロード・ラモネ>

 

{ブルゴーニュ/赤/ 品種:ピノ・ノワール100/ 小売価格¥10,800税込} 

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱エスプリデュヴァンさん>

 

お試しglass(60ml)1,000(税込)

2018年

12月

13日

今週(12月14日~12月16日)のお買い得品

「クリパ」を華やかに♪ロゼ泡です!

 

先週もスパークリングでしたが、クリスマス間近とのことで、今週もしゅわしゅわこと、スパークリングをご案内。こちらは、ブルゴーニュでも、コート・シャロネーズの最北端、コート・ド・ボーヌとの境界であるコート・デュ・クーショワに位

置するのが、このロワイエさん。マニアックというか、変り者というのか、本来なら、これはシャンパーニュ地方と同じ製法のメトード・トラディショナル方式で造られているので、クレマンになるのですが、ブドウ品種の比率や製造工程がクレマンの規定から外れているため、カテゴリーは「ヴァン・ムスー」になってしまうというこだわり??のスパークリングです。チェリー系の旨味が美味しい軽やかさは「こだわってくれてありがとう!!」と言いたくなります♪♪♪

【地方:ブルゴーニュ/タイプ:ロゼ泡/品種:ガメイ70%、ピノ・ノワール30%】(輸入元:㈱フィネス)  

 

ヴァン・ムスー・ロワイヤル・ブリュット 

~ドメーヌ・ロワイエ

 

 

試飲特価¥2,770

当店ではまだまだ珍しいビオディナミワインです!!

 

ドレ・フレール・スーリエ   Les Freres Soulier 【ラングドック】   
スーリエ兄弟(シャルルとギヨーム)が2014年にワイン作りをスタートした若きドメーヌ<フレール・スーリエ>。 ビオディナミをはじめとする自然農法でワインを作って います。初ヴィンテージは2015年。ワイン作りに対して非常に熱い情熱と夢を持っていることがビシビシと伝わってくる印象の若者。 畑は基本的に草が“ぼうぼう”。その理由は、ブドウ樹に生命力を与えることや、空気や窒素を保つこと、虫 (特にミミズ)の存在を維持することなどが挙げられる。畑の仕事に関しては、この道で有名なピエール・マッソン氏に師事し最適な方法を模索中。テンプラニーニョなどのイタリア系の品種やピカルダンなど珍しいブド ウも徐々に増やしているそうだ。ヤギを飼いチーズ作りも行っている。 現在彼らのワインは生産量が少ないこともあるが、その品質と味わいに既にファンが多くほとんどが完売状態。瓶詰するとすぐにまた予約完売!と引く手あまた。基本的にはSO2無添加ですが、このワインは15mg/ℓ。優しく、流れるようだが、しっかりとインパクトを残す味わい。

【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:シラー、グルナッシュ各50%】(輸入元:日仏商事㈱) 

 

 

2016年 デュ・ガール・ヴァ・ニュ・ピエ 

~フレール・スーリエ

 

 

試飲特価¥2,872

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

12月

08日

12月8日、9日  限定スペシャル有料試飲

ジャケ買いしたくなる!!クールな黒のフェイスです('ω')ノ 

 

 ボンジュール、♪♪♪( )

 

【お待たせッ!週末スペシャル有料試飲限定ワインリスト】

12/()~12/()数量限定無くなり次第終了です。

『マイナーな畑も

彼が手掛ければ…♪

 

2016 サン・ロマン <バターフィールド>

 

{ブルゴーニュ// 品種:シャルドネ100/ 小売価格¥6,480税込}

 

 <今回の仕入先(輸入元)は、

㈱フィラディスさん>

 

お試しglass(90ml)1,000(税込)

 

『血筋はサラブレッド

 

2014

ヴォーヌ・ロマネ

<マティアス・パラン>

 

{ブルゴーニュ/赤/ 品種:ピノ・ノワール100/ 小売価格¥12,960税込} 

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱ラフィネさん>

 

お試しglass(60ml)1,000(税込)

はこんな生産者です。(^_^)/

「この度の仕入先、㈱ラフィネさんより」

 

~  Domaine Mathias Parent ~ 

~ ドメーヌ・マチアス・パラン ~ 

 

ヴォーヌ・ロマネの名門の血をひくサラブレッドが満を持して独立。母は伝説の醸造家ジャン・グロの長女で、A.F.グロのアンヌ・フランソワーズ・グロ。父はド メーヌ・パランのフランソワ・パラン。当代一のドメーヌのひとつグロ一族より継承した畑で、エレガントで芯の強さを表現した王道のブルゴーニュを生み出しま す。

2018年

12月

06日

今週(12月7日~12月9日)のお買い得品

人気クレマンの上級バージョン入荷!!!

 

夏頃にブルゴーニュなのに、シャンパーニュの方が地理的に近いから、価格と味のパフォーマンスが良い♪として人気だった「シャティヨネ」地区のクレマン。今回はさらに上級な「ブラン・ド・ブラン」を新たに入荷しました。シャルドネ100%のブラン・ド・ブランはシャン

パーニュでも高級になるので、こちらもさぞやお高いのでは???と思われますが、そこは、さすがクレマン。3千円代前半のお値段なのですから!!!クリスマスはもちろん、年末のパーティに高級感ある味わいは大活躍間違いなしです。

【地方:ブルゴーニュ/シャティヨネ/タイプ:白泡/品種:シャルドネ】(輸入元:㈱VIVIT) 

 

 

クレマン・ド・ブルゴーニュ 

 アン・シャティヨネ ブラン・ド・ブラン 

~ドメーヌ・オーレリアン

 

 

試飲特価¥3,129

再登場ですが、レアなワインなんですよ!!

 

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの共同経営者であるオベール・ド・ヴィレーヌが、妻のパメラとともにコート・シャロネーズのブーズロンに展開するドメーヌ。Aはオベール、Pはパメラのイニシャルです。ちょっと前にもご紹介したのですが、今回は幸運にも分けていただけたので、追加でのご案内となります。ロマネ・コンティと言えば、ブルゴーニュで一番の高級ワインとして知らない人はいないであろうワイン。そのオーナーがもっている、ピノ・ノワールなんて・・・今回のヴィンテージは2014年なので、ブルゴーニュ好きにはたまらないヴィンテージです。なかなかお目見えしないワインですので、気になる方はお早目に。

【地方:ブルゴーニュ/タイプ:赤/品種:ピノ・ノワール100%】(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

 

2014年 ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ ラ・フォーチュン 

~ドメーヌ・アー・エー・ペー・ド・ヴィレーヌ

 

 

試飲特価¥4,617

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

12月

01日

12月1日、2日  限定スペシャル有料試飲

12月初っ端は、バックヴィンテージでスタートです。(*^^)v

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日12/1(土)~12/2()※数量限定無くなり次第終了です。

2010年、熟成8年の味わいはいかに???~』

 

2010年ニ

ュイ・サン・ジョルジュ

<ダヴィット・デュバン>
{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥11,880税込}

今回の仕入先(輸入元)()フィラディスさん>

 

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

『上品な甘さのデザートワイン、

身体にとけこむでしょ~』

 

2001年ヴーヴレイ・

オールド・ヴィンテージ

<マルク・ブレディフ>

{ロワール//品種:シュナン・ブラン100%/小売価格¥5,940税込}

<今回の仕入先(輸入元)はブリストルジャポン()さん>

 

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

『ブラインドで~す!自身のある方お試しあ~れ』

???年ワイン名???<生産者???
{フランスのワイン.....}
お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

②のワインは...ブリストルジャポン()さんより一部抜粋

<マルクブレディフ > 
 
マルク・ブレディフは、1893年にエルネスト・ブレディフ氏によってヴーヴレイに創設された歴史あるワイナリーです。1980年にロワールワインの第一人者パトリック・ドゥ・ラドゥセット男爵の所有となってからは、威信ある伝統はそのまま継承され飛躍的な革新を遂げました。1874年にまで遡る稀少なヴィンテージワインを所蔵するカーヴは8世紀から使用されており、ワインの保存に最適な湿度と温度が年間を通して保たれています。自社畑はテュフォーと呼ばれる土壌が主体で、この土壌で栽培されるシュナン・ブランからは長期熟成可能なワインが造られます。マルク・ブレディフは、シュナン・ブランの特長を最大限に引き出した秀逸なワインを造り続けている銘醸ワイナリーなのです。


 
マルク・ブレディフは、1893年にエルネスト・ブレディフ氏によってヴーヴレイに創設された歴史あるワイナリーです。1980年にロワールワインの第一人者パトリック・ドゥ・ラドゥセット男爵の所有となってからは、威信ある伝統はそのまま継承され飛躍的な革新を遂げました。1874年にまで遡る稀少なヴィンテージワインを所蔵するカーヴは8世紀から使用されており、ワインの保存に最適な湿度と温度が年間を通して保たれています。自社畑はテュフォーと呼ばれる土壌が主体で、この土壌で栽培されるシュナン・ブランからは長期熟成可能なワインが造られます。マルク・ブレディフは、シュナン・ブランの特長を最大限に引き出した秀逸なワインを造り続けている銘醸ワイナリーなのです。

2018年

11月

30日

今週(11月30日~12月2日)のお買い得品

鍋にあうロゼいかがですか???

 

先日のちょっと高級なラングドックの白ワインをご案内した方のロゼです。南フランスらしいカジュアルな品種をブレンドする所は、彼ならではの得意な分野のようですね。味わいは木苺のような風味、酸味も心地よく軽やかでエレガントな飲み口。今年は暖冬と言われていますが、寒いことには変わらない冬。お家でお鍋をした時にこんなワインがあれば、魚介から豚肉までカバーリングしてくれます。お家に一本あると重宝しますよ。

【地方:ラングドック/タイプ:ロゼ/品種:シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル各1/3】(輸入元:㈱フィネス) 

 

 

2017年 

ベルジュリー・ド・ロルチュ ロゼ 

~ドメーヌ・ド・ロルチュ

 

 

試飲特価¥2,565

人気ブルゴーニュの2016はいかが♪

 

ニュイ・サン・ジョルジュを拠点とするドメーヌの一番お手軽ですが、その区画はなんとも贅沢に、ニュイ・サン・ジョルジュの村内にある3区画から造られているんです。熟成樽には小樽のほか、450リットルの中樽も使われる。単なるブルゴーユ・ルージュとしては果実味豊かでバランスのよい酸も感じられる。タンニンは穏やか。早いうちから楽しめる。毎年人気で売り切れも早いワインですね。

【地方:ブルゴーニュ/タイプ:赤/品種:ピノ・ノワール100%】(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

 

2016年 ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 

~レシュノー

 

 

試飲特価¥4,309

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

11月

22日

11月23日、24日、25日  限定スペシャル有料試飲

「3連休なので、金曜日からやっちゃいます

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日11/23(金)11/25()※数量限定無くなり次第終了です。

『このドメーヌ物は彼の唯一白ワインです(*^^)v』

  

2016年 モレ・サン・ドニ <ドメーヌ・デュジャック>

 

{ブルゴーニュ/白/品種:シャルドネ100%/小売価格¥10,260税込}

<今回の仕入先(輸入元)はラックコーポレーションさん>

 

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

『ネゴシアンものでも人気です』

 2016年 

シャンボール・ミュジニー

<デュジャック 

   フィス・エ・ペール>

 

 {ブルゴーニュ/赤/

品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格¥9,504税込}

<今回の仕入先(輸入元)はラックコーポレーションさん>

  

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

『モレ・サン・ドニが本拠地ですから(^_-)-☆』

 

2016年 

モレ・サン・ドニ

<デュジャック 

   フィス・エ・ペール>

 

 {ブルゴーニュ/赤/

品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格¥9,504税込}

<今回の仕入先(輸入元)はラックコーポレーションさん>

  

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

新たに特級畑や1級畑を増やし成長を続けるモレ・サン・ドニの雄

 

今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。

創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2ヴィンテージをブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学んだ。
その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めている。
そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けたのだ。

現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいる。
ジャックの妻もジェレミーの妻もアメリカ人で、ジェレミー夫人ダイアナは醸造学を修めたエノローグである。

2000年にジェレミーは父のサポートの元、ネゴシアンビジネスを開始。その名も「デュジャック・フィス・エ・ペール」という。
会社名として「ペール・エ・フィス」(父子)という表記はよく見かけるが、「フィス・エ・ペール」(子父)は珍しい。
中心となるのが息子であることの証である。
このデュジャック・フィス・エ・ペールは、ネゴシアンといっても単に畑が自分たちが所有していないだけ。畑の管理や手入れ、ブドウの収穫までドメーヌのスタッフが行う。
ブドウの購入契約は量に応じてではなく面積単位。したがって収量制限も思い通りとなる。したがって、実質的にはドメーヌものと変わらないものの、ドメーヌとネゴスで重複するアペラシオン(例えば村名モレ・サン・ドニ)があってもそれぞれ別々に醸造、瓶詰めされる。

栽培では1987年からリュット・レゾネをとり、2001年からは徐々にビオロジックへと移行。現在はビオディナミ農法を大半の畑で採用している。

またドメーヌはコート・ド・ニュイでは珍しい白ワインの造り手でもある。1985年の霜害で村名モレ・サン・ドニの一部が枯死したのを機会にシャルドネを植え、モレ・サン・ドニ・ブランとしてリリースしたのが始まり。
さらにはモレ・サン・ドニ1級モン・リュイザンに入手した0.6haの畑にもシャルドネを植え、2000年から白ワインを送り出している。

ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいはしっかりしているというものだった。
ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかり、果実味も充実したものとなっている。

2018年

11月

22日

今週(11月23日~11月25日)のお買い得品

今年もこちらが入荷してまいりました!!

 

スゴイ人の息子さんがやってるドメーヌですが、そんなことより、こちらは毎年人気なのと、この独特のエチケットが印象的なので、みなさんに覚えられている所が当店の一押しポイントかもしれません。エキノックスとはフランス語で「春分・秋分の日」と意味し、毎年春分の頃に瓶詰めされるからとのころ。面白い絵はクローズ・エルミタージュをイメージして書かれたとか・・・芸術家のイメージって万国共通でよくわからないものなのかと思ってしまいます。

味わいは、ラズベリーやアメリカンチェリーのコンフィチュールを思わせるふくよかな香り。ジューシーな果実、フレッシュな酸、滑らかなタンニンのバランスが非常に良い。

【地方:ローヌ/タイプ:赤/品種:シラー100%】(輸入元:㈱フィラディス) 

 

 

2017年 

クローズ・エルミタージュ エキノックス 

~ドメーヌ・デ・リゼ

 

 

試飲特価¥3,078

俺の

晩酌シリーズ登場♪♪♪

 

決して、ちまたで流行っている俺のシリーズではないのですが、店主が自宅で飲むほどおススメと言った意味ですかね~~~。フランスを代表するソーヴィニヨン・ブランの産地のひとつサンセール出身のグザヴィエ・ロジェが、南フランスで造ります。はつらつとした風味とフルーティな味わいです。余談ですが、このエチケットパッと見ると「コント・ラフォン」に似ているような気がしてしょうがないのですが・・・

【地方:南西地方 ガスコーニュ/タイプ:白/品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%】(輸入元:㈱稲葉) 

 

 

2017年 コート・ド・ガスコーニュ

 ソーヴィニヨン ブラン 

~シェマン・ド・マルキエール

 

 

試飲特価¥1,539

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

11月

17日

11月17日、18日  限定スペシャル有料試飲

ヌーボーに便乗して”最高のガメイ種を...”」

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日11/17()11/18()※数量限定無くなり次第終了です。

『良年のみ生産されるラピエールのフラッグシップ!究極のガメイ種!!(*^^)v』

 

 

2015年モルゴン・キュヴェMMXV

<マルセル・ラピエール>

 

{ボジョレー/赤/品種:ガメイ100%/

小売価格¥9,720税込}

<今回の仕入先(輸入元)は

(株)ジャパンインポートさん>

 

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

『2012年、白のジラルダンの

シリーズ当たってます!

ムルソーはいかに?(p_-)』

 

2012年ムルソー V.V.

<ヴァンサン・ジラルダン>

 

 

{ブルゴーニュ/白/品種:シャルドネ100%/

小売価格¥8,100税込}

<今回の仕入先(輸入元)()稲葉さん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

2018年

11月

16日

今週(11月16日~11月18日)のお買い得品

高級ラングドック♪♪♪

 

この地方の白ワインとしては、とっても高級な所に位置しますが、飲んでみると、その複雑さに驚きます。年によって、ブレンドの品種が変わってくるのですが、この年は特に濃さが表現される品種が多く使われているせいか、艶のある白ワインになっています。デイリーではありませんが、これからのパーティシーズンや、お正月のお節なんかにもあうワインです。

【地方:ラングドック/タイプ:白/品種:シャルドネ50%、ヴィオニエ20%、ソーヴィニヨン・グリ20%、プチマンサン10%】(輸入元:㈱フィネス) 

 

 

2017年 グランド・キュヴェ・ブラン 

~ドメーヌ・ド・ロルチュ

 

 

試飲特価¥4,411

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

11月

15日

ボジョレー・ヌーボー解禁♪♪♪

ボジョレーヌーボーが解禁になりました☆☆☆

予約分は完売したのですが、メーカーさんより分けていただけたので、ちょこっとですが、販売しています!!!

2018年 ボジョレー・

ヴィラージュ・ヌーボーV.V.

~クリストフ・コルディエ

¥4,320(税込)

2018年ボジョレー・

ヴィラージュ・VV 

プリムール~リジュレ

 

¥3,024(税込)

有料試飲に登場!!!

 今年の出来はいかに!!!と思っていても、1本飲むほどでは・・・なんて、方に。今年は「飲み比べ」が楽しめますよ。

 

2018年 ボジョレー・

ヴィラージュ・ヌーボー

~ドメーヌ・ローラン・ペラション・エ・フィス

通常価格¥2,894

  

(70ml)¥500(税込)

2018年 ボジョレー・

ヴィラージュ・ヌーボー

~ポテル・アヴィロン

通常価格¥4,104

  

(70ml)¥500(税込)

 

2018年 ボジョレー・

ヴィラージュ・ヌーボー・V.V.

~クリストフ・コルディエ

通常価格¥4,320

  

(70ml)¥500(税込)

 

おまけ有料試飲は、な・なんと!!!

 栃木県は石切り場の天然セラーで熟成したヌーボーをシークレットとして・・・さて、2年の熟成でワインはどう変化するのでしょうか???

 

2016年 ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー

~ジュリアン・ボルコヴィッキ

 

通常価格¥3,888(70ml)¥500(税込)

2018年

11月

10日

11月10日、11日  限定スペシャル有料試飲

「残り僅かなメオ様だけど、美味さを再確認...

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日11/10()11/11()※数量限定無くなり次第終了です。

『メオ唯一のドメーヌ物の白、

絶品の美味しさ!ハイクオリティーだね(*^^)v

 

2016

ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ

クロ・サン・フェリベール(モノポール)

<ドメーヌ・メオ・カミュゼ>

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥7,020税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

『スケールをはるかに上回る

ブルゴーニュクラス!

熟成させても

良いでしょう(^_-)-☆』

 

2016年ブルゴーニュ・ルージュ

<メオ・カミュゼ・

   フレール・エ・スール>

{ブルゴーニュ//

品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格¥5,616税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

2018年

11月

08日

今週(11月9日~11月11日)のお買い得品

濃密ラングドック♪♪♪

 

単一の区画のブドウで造られ、樹齢40年のシラー70%、樹齢80年のカリニャン15%、樹齢15〜30年のグルナッシュ15%のブレンドで造られます。樽熟成は約18ヶ月。
スパイスと果実の香りが融合。収斂性もあるのですが、果実のエキスが十分に引き出され、滑らかな口当たりとアルコールの熱量に魅了されます。6年熟成の均整のとれたしなやかさは、寒さを感じる季節にぴったりな赤ワインです。

【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:シラー、グルナッシュ、カリニャン】

(輸入元:㈱ラックコーポレーション) 

 

 

2012年 ミネルヴォワ・クロ・ランジェリー 

~ピッチニーニ

 

 

試飲特価¥2,565

みんな大好き

ムルソーの生産者!

 

グザヴィエ・モノ(頭文字にXって、どう発音するの~と悩ませるお名前…)は、1723年から続くムルソーの老舗ドメーヌ、ルネ・モニエの孫娘の婿にあたるグザヴィエが10代目を継承しました。彼はブドウ栽培とワイン醸造を学び、2004年にドメーヌ入り。モニエ家が代々受け継いできた17haのブドウ畑を耕作。18の異なるアペラシオンを醸造している。本拠地のムルソーのほか、ピュリニー・モンラッシェ、ボーヌ、ポマール、ヴォルネイ、モンテリー、サントネイやマランジュまで広がり、白6割、赤4割の比率です。

若いうちからとっつきやすい一方、熟成にも耐え得るワインをグザヴィエは目指しているので、凝縮した果実味とピュアなミネラル感を引き出し、モダンさとクラシックな趣きがうまく調和した造りと言えます。2016年はいままでの印象ではとても良い年になりそうなので、このワインも期待大といえますね。

【地方:ブルゴーニュ/タイプ:白/品種:シャルドネ】

(輸入元:㈱ラックコーポレーション) 

 

 

2016年 ブルゴーニュ・シャルドネ 

     レ・グランド・クチュール 

~グザヴィエ モノ

 

 

試飲特価¥3,898

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

11月

07日

毎年人気のおつまみ入荷しました!!!

リピーター続出♪♪♪

 

毎年、好評の「あん肝のみそ漬け」が、今年も入荷してまいりました。

 

あん肝のみそ漬け(45g)

¥999(税込)

 

 

福島は南相馬市の漬物屋さんが造っていて、漬いている味噌をおとして、一口サイズにカット。そのまま「ぱくりっ」もいいですし、パンやクラッカーなんかにのせてもいいですよぉ。そして、味噌は魚介系のものに隠し味としてアレンジも可能ですよ。おしゃれに食べるならパスタの隠し味、この季節ならお鍋やお味噌汁なんかにもいいかもしれません。

数量限定でのご案内です。気になる方はお早めに

2018年

11月

03日

11月3日、4日  限定スペシャル有料試飲

「ベイスターズ来年こそは優勝!....そしてお疲れ様でした。そんな訳で

私の好きなブルゴーニュの造り手のひとりドメーヌ・ユベール・ラミちゃんをご案内!

 

ボンジュール♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日11/3()11/4()※数量限定無くなり次第終了です。

『サン・トーバンの名手であるがシャサーニュやピュリニーも贅沢に所有しているぞ....(≧▽≦)

写真左:2015年シャサーニュ・モンラッシェ・ル・コンシ・デュ・シャン

<ドメーヌ・ユベール・ラミー>

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥10,800税込}

<今回の仕入先(輸入元)()ラフィネさん>

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

 

 

『白のイメージが強いラミー、赤の出来はいかに....???期待してみましょう(^-^;

写真右:2015年シャサーニュ・モンラッシェ・ラ・グジョンヌ

<ドメーヌ・ユベール・ラミー>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥8,640税込}

<今回の仕入先(輸入元)()ラフィネさん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

 

 

()ラフィネさんより一部抜粋

 Domaine Hubert Lamy (Saint-Aubin)/ドメーヌ・ユベール・ラミー  

サントーバン村を中心に18ha(80%、赤20%)を所有する有名生産者。父ユベールは勇退し、今は息子オリビエ・ラミーが当主を務め、ドメーヌを更なる高みへ誘っています。ビオやビオディナミは最近の農法だと言い、100年前の農法を行うようにチャレンジしています。それから収穫日に関しても過熟にならないよう細心の注意を払っている事は特筆出来ますが、醸造は至ってシンプルです。搾り過ぎに注意し、天然酵母を用い、新樽は控えめに、負担を軽減するために重力のみの移動で醸造します。

2018年

11月

01日

今週(11月2日~11月4日)のお買い得品

注目の生産者♪♪♪

 

ローヌのまだまだ若手な生産者ジュリアン。その80%が白なので、いかにして芳醇かつ最大限フレッシュな白ワインを造るかという課題に日々奮闘しているそうです。
これは、そんな彼のワインを知る最初の一歩にピッタリなワイン。純粋なマルサンヌ種を使用したフレッシュでピュアな、まさに今飲むべきチャーミングな 1 本です。"波の音"と言う意味にあう、綺麗さが表現されています。

【地方:ローヌ/タイプ:白/品種:マルサンヌ】(輸入元:㈱セパージュ) 

 

 

2016年 コート・デュ・ローヌ          マルサンヌ ル ブルイ デ ヴァグゥ 

~ジュリアン ピロン

 

 

試飲特価¥3,180

老舗生産者♪♪♪

 

たまたまですが、今回はローヌ繋がりとなったのですが、その規模は、まったく違っています。ペラン・ファミリーは南ローヌの主要アペラシオンに300ヘクタール以上の畑を所有し、その歴史は1909年にシャトー・ド・ボーカステルを購入したことから始まったのですから100年の歴史はすごいものです。このワインは、ステンレス・タンクと大樽(50%)で1ヶ月間マセラシオン、マロラクティック発酵後にブレンド。南ローヌのグルナッシュ主体の見本とも言える美しいワインです。印象的なアロマ、骨格のしっかりとしたボディ、長期熟成の可能性を秘めています。 【地方:ローヌ/タイプ:赤/品種:グルナッシュ75%、シラー20%、ムールヴェードル5%】(輸入元:㈱ジェロボーム) 

 

 

2016年 ヴァケラス・レ・クリスタン 

~ファミーユ・ペラン

 

 

試飲特価¥3,591

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

10月

27日

10月27日、28日  限定スペシャル有料試飲

「今回はマイナーだけど、キラリと光る♪そんなワイン達です!!(^O^)/」

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日10/27()~10/28()

※数量限定無くなり次第終了です。

①『輝きのある白ワインとは

   まさにこのこと(^^♪ 

 

2016年 サンヴェラン

 コンフィデンシャル

 

<ジュイヤール・

   ヴォルコヴィッキ>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥5,400税込}

<今回の仕入先(輸入元)は㈱シュヴァリエさん>

 

お試し◆glass(100ml)→1,000(税込)

②『シラーの高級感が漂いますよ(^_-)-

 

2004年 

コート・ロティ

 ラ・サラジンヌ

<ボンスリーヌ

 

{コート・デュ・ローヌ//

品種:シラー97%、ヴィオニエ3%/小売価格¥8,748税込}

<今回の仕入先(輸入元)はラックコーポレーションさん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

②のワイン。ラックコーポレーションさんより

 

 BONSERINE / ボンスリーヌ

 ギガル傘下ながらスタイルを異にするコート・ロティのドメーヌ

ボンスリーヌは2006年、北部ローヌのスペシャリストであるギガル家が取得したドメーヌ。
コート・ロティに所有するブドウ畑の面積10haは、当時、ギガルに次ぐ広さであった。
ボンスリーヌの名前はシラーの別名「スリーヌ(serine)」に由来する。

1984年に傘下に収めたヴィダル・フルーリィ同様、ギガルはボンスリーヌを独立したドメーヌとして存続させ、醸造責任者も引き続き、ステファン・カレルを登用。完全に吸収してしまったジャン・ルイ・グリッパやド・ヴァルーイとは戦略が異なっている。

ギガルとまったく同じ造りであれば、わざわざ独立したドメーヌにする必要はなく、発酵前の低温マセレーション(ラ・サラジーヌのみ)や、228リットルの小樽のほか650リットルのドゥミ・ミュイを熟成に用いるなど、醸造上、ギガルとの差異が見られる。樽香を抑え、果実のアロマをより強調したスタイルといえる。

コート・ロティは3種類あり、もっともスタンダードな「ラ・サラジーヌ」はコート・ブリュンヌを中心とした6つの区画を混醸。シラーに3%のヴィオニエが含まれる。新樽率80%で24ヶ月の樽熟成。
「ラ・ヴィアリエール」はドメーヌの裏手にある1haの単一区画。コート・ブリュンヌの結晶片岩土壌で、3%のヴィオニエが混ざる。新樽100%で24ヶ月の樽熟成。
「ラ・ガルド」は樹齢50年のシラーのみからなる長期熟成タイプのキュヴェ。新樽100%で36ヶ月の樽熟成だ。

 

2018年

10月

24日

今週(10月26日~10月28日)のお買い得品

熟成

カベルネ・フラン♪♪♪

 

ロワールワインでの赤の品種と言えば、ピノ・ノワールと、このワインにも使われているカベルネ・フランとるのですが、この品種、なかなかの曲者な奴なのです。フランス国内でみると、栽培されているのは、ロワールとボルドーの2か所で、ボルドーでは、ほぼほぼ補助品種として使われるのです。なので、若いうちだと、ちょっと癖が強い印象をうけることがおおいのですが、このワインは、2013年と丁度いい熟成期間を経て、フルーティーで飲みやす仕上がりになっています。 サクランボやラズベリーなどの赤フルーツの印象的な香り。口当たりは円やかです。スパイシーな料理ともあわせたいそんなワインです。

【地方:ロワール/タイプ:赤/品種:カベルネ・フラン】(輸入元:㈱セパージュ) 

 

 

2013年 シノン カナル・デ・グラン・ピエス ~ドメーヌ・ドゥ・レール

 

 

試飲特価¥2,667

RDF?????

 

2016年のこのワインを入荷してみて、思いました。「RDFとはなんだ?」じっくり考えてみると、R=レイモン、D=デュポン、F=ファン。さっきのシノンといい、このワインといい、

「○イゴか( `ー´)ノ!!!」とつっこみを入れてしまった次第です(^^)

 

ま、それはさておき、このキュヴェにはムルソーの1級畑ペリエールとジュヌヴリエールに接する、本来村名クラスの区画(ムルソー・ド・ダヌ)のブドウが使われている。1975年に休耕地だったこの畑を購入し、植樹する際に「根を十分に張らすためには表面の土の層が浅すぎる」と考えた祖父が、他の区画の土を20cmほど足すことをINAOに申請し、許可を得た。しかし、この一件は他のムルソーの生産者の間でスキャンダルとなり、彼らの抗議によってACブルゴーニュに格下げされたという逸話を持ちます。現在も格付けはACブルゴーニュのままだが、その時植えられたブドウの樹は地中深くまで根を張って、ド・ダヌとペリエールのテロワールの恩恵を大いに受けた実を結び、『最高のブルゴーニュ・ブラン』といわれます。お値段以上な味わいを是非。【地方:ブルゴーニュ/タイプ:白/品種:シャルドネ 】(輸入元:㈱フィラディス) 

 

2016年 ブルゴーニュ・シャルドネ

      ショーム・デ・ペリエール

 ~レイモン・デュポン・ファン

 

試飲特価¥4,924

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

10月

20日

10月20日、21日  限定スペシャル有料試飲

「奇遇にも今回はどちらもネゴシアン!!!

ですが、つねに人気のワイン達です(^O^)/」

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日10/20()~10/21()

※数量限定無くなり次第終了です。

①『犬の歯というユニークな畑の名前(^^♪ 

 

2012年 サン・トーバン 1級

レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シアン

<ヴァンサン・ジラルダン>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥7,344税込}

<今回の仕入先(輸入元)は㈱稲葉さん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

②『フーリエのこだわりのネゴシアン的存在(^_-)-

 

2016年 

ブルゴーニュ ピノ・ノワール

<ジャン=マリー・フーリエ

 

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥8,100税込}

<今回の仕入先(輸入元)は豊通食料㈱さん>

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

①のワイン。㈱稲葉さんより

 

 Vincent Girardin / ヴァンサン ジラルダン

 ブルゴーニュでの「ネゴシアンワインメーカー」の先駆者
現在、エリック ジェルマン(エノログ)とマルコ カスケーラ(輸出・販売担当)を中心に運営しています。エリックはヴァンサン ジラルダンの醸造責任者であり、ワイン造りの全てに関わっているキーパーソン。ムルソー生まれのムルソー育ちです。マルコはリヨン出身で、輸出とフランス国内の販売すべてを担当しています。
ワイン造りの哲学は、『畑はなるべく手を加え、醸造はできるだけ自然に。しかし、設備はモダンに。』です。栽培や醸造には、ムーンカレンダーを使っています。畑は昔同様の人の手間をかける一方、醸造ではしっかりとした温度管理のできる完璧な近代設備を持つことが、温暖化していく中で、今後とても重要であると考えています。
エリックはワイン造りの新しいヴィジョンや、アプローチをもたらしました。具体的には“伝統的なワイン造り”という事です。例えば、以前のヴァンサン ジラルダンのワインは非常にリッチで、樽香の強いワインでした。それに対してエリックがもたらした新しいスタイルは、ピュアで、エレガントで、より複雑味のあるワイン。ヴァンサン ジラルダン本人がワイン造りをしていた時代よりも、新樽の比率を極端に減らしています。そして同時に、熟成期間を長くしました。これまで短くて10〜12ヶ月だった熟成期間を、冬を2つ越すほど(約18ヶ月)に長くしました。同じ時期に2つのヴィンテージ分を樽で熟成する訳ですから、もちろん樽の数も今までの倍必要となり、実はこの作業はとてもお金が掛かります。そのため、最初の数年間はとても投資にお金が掛かりました。しかし、エリックがもたらした新しいヴィジョンを実現させるためには必要不可欠な決断だったのです。

 

2018年

10月

18日

今週(10月19日~10月21日)のお買い得品

生粋のジュブレ・

 シャンベルタン生産者!!!

 

当主のルネ・ルクレールはジュブレ・シャンベルタンの畑だけを持っている、まさにジュブレな生産者。最近は息子のフランソワが中心となって畑や醸造の仕事を進めているしょうです。このワインは、もちろんジュヴレ・シャンベルタン村の葡萄を使用。樹齢は35年で、上位のワインと同じ造り方をしています。なので、樽のニュアンスが強くなるのを避けるため、5〜6年樽を使用して、早い段階から楽しめるワインにしています。色、果実味、ボディ共にしっかりとしていて、華麗な味わいは、しっかりピノ好きにはたまらない逸品となっています。秋の夜長にしっとりピノでゆとりの休日を過ごしませんか???

【地方:ブルゴーニュ/タイプ:赤/品種:ピノ・ノワール】(輸入元:㈱稲葉) 

 

 

2014年 ブルゴーニュ・ルージュ

~ルネ・レクレール

 

 

試飲特価¥3,693

エチケットも革新的???

 

シャトー・ド・ジョーは、“大量の安ワイン”という先入感も残っていたルーション地方のワインのイメージを、そのテロワールのポテンシャルを引き出し見事に覆した革新的なドメーヌです。このエチケットもそんな彼のセンスを表現しているのかもしれません。デリケートでパリっとした辛口の味わいは豊かなミネラル感とのバランスが良いです。シラー、グルナッシュだとローヌ地方のような力強いロゼを想像するかもしれませんが、どちらかと言えばスタイリッシュなプロヴァンススタイルに近いですね。【地方:ルーション/タイプ:ロゼ/品種:シラー、グルナッシュ 】(輸入元:豊通食料㈱) 

 

2016年 コート・デュ・ルーション ロゼ

~シャトー・ド・ジョー

 

試飲特価¥2,052

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

10月

13日

10月13日、14日  限定スペシャル有料試飲

「お店もリニューアルしましたので、素敵なブルゴーニュ・・・

いつもやないか~ぃ(^O^)/」

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日10/13()~10/14()

※数量限定無くなり次第終了です。

①『ドーヴィサのスケールの凄さに圧倒されます(≧▽≦) 

 

2016年 シャブリ 

<ヴァンサン ドーヴィサ>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥7,020税込}

<今回の仕入先(輸入元)はラックコーポレーションさん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

②『目利きの天才・二コラ・ポテル氏の作品(^_-)-

 

2014年 ヴォーヌ・ロマネ V.V.

<ロッシュ・ド・ベレーヌ

 

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥10,800税込}

<今回の仕入先(輸入元)は豊通食料㈱さん>

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

①のワイン。ラックコーポレーションさんより一部抜粋

 

 Vincent DAUVISSAT / ヴァンサン ドーヴィサ

 伝統的な樽醸造を守り続ける長熟シャブリの造り手
シャブリには早飲みタイプの白ワインというイメージが定着している。じつのところ、シャブリにもムルソーやピュリニー・モンラッシェ以上に熟成可能なものが存在する。
それがヴァンサン・ドーヴィサとフランソワ・ラヴノーのワインだ。
両者の造りやワインのスタイルはよく似ているが、それはヴァンサンの父、ルネとフランソワが義理の兄弟だから当然ともいえる。

まずはヴァンサン・ドーヴィサから紹介しよう。
1970年代以降、シャブリではニュートラルで生産性のよいステンレスタンクを使った醸造が一般的になったが、ヴァンサンの父、ルネは伝統的な小樽の使用を頑なに守り続けた。
もっとも寒冷なシャブリのこと。冷えきったセラーでは発酵がなかなか始まらないこともあるので、アルコール発酵のきっかけはタンクで行っている。
樽自体、そのほとんどが何年も使用した古樽で、新樽は少ない。また通常のピエス(228リットル)だけでなく、シャブリで昔から使われていたフイエット(132リットル)も見られ、その古典ぶりが強調される。
ただし、当のヴァンサンに言わせれば、樽醸造はとりたててワインの品質を決める、決定的要因ではないらしい。大切なのは畑だと主張する。

ヴァンサンは1998年に3haの区画で実験的にビディナミ農法を始め、その結果が良好なことから2002年にはすべての畑をビオディナミに転換した。目に見えて土壌のバランスが改善され、病気が減り、腐敗果も少なくなったという。
現在、畑の面積は12.35ha。プティ・シャブリから特級レ・プルーズ、そしてレ・クロまで。
1級ラ・フォレは4.53haという、このドメーヌ最大の面積をもつクリマで、区画が分散しているためにそれぞれ性格のバラツキが大きい。すべてをアッサンブラージュすることで複雑味が生まれ、完成度の高いワインになるとヴァンサンはいう。

2018年

10月

12日

今週(10月12日~10月14日)のお買い得品

斬新なエチケット!!!

 

地中海に浮かぶ島、コルシカ島もワインを生産しています。赤とロゼはユーロリーフ認証を取得済みなのですが、この白はまだ申請中で、2020年を予定しているとのことです。ナチュラルで、ピュアさがシャルドネの多種多様さを感じさせます。国際的にも通用するクリーンな味わいに仕上がっています。ちなみに、この生産者はほかのワインもこの系列のエチケットになっています。インパクトは十分ですよ。

【地方:コルシカ/タイプ:白/品種:シャルドネ】(輸入元:㈱ヴァンクロス) 

 

 

2017年 ル・ガラン シャルドネ

~ドメーヌ・ラ・ルヴィエール

 

 

試飲特価¥2,052

この品種100%・・・

それってどうなの~???

 

皮が薄く実が大きい食用ブドウのような外観のアラモン。ボルドーなどで、補助品種として、または、お手軽なワインのブレンド用に造られることが多いこの品種。それが100%だなんて・・・。このドメーヌでは、訪れた方に白よりも先にこちらを出す程、「軽やかなスタイル」の赤ワインとのことなので、100%もある意味ありなんです。フランボワーズなどの酸味がいきいきと感じられ、ベリー系の果実味が心地よいひっかかりのない、心地よさは飲みすぎ注意なワインかもしれません。【地方:ルーション/タイプ:赤/品種:アラモン 】(輸入元:㈱日仏貿易) 

 

2016年 ラ・プレリー

~ドメーヌ・パンジュリエール

 

試飲特価¥2,462

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

10月

06日

10月6日、7日  限定スペシャル有料試飲

10月最初のスペシャルは、素敵なブルゴーニュでお出迎え(^O^)/」

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日10/6()~10/7()※数量限定無くなり次第終了です。

①『スケールは、はるかにブルゴーニュを超えている....プティムルソー?そんな名がよくにあうのではないだろうか(≧▽≦)

 

 

2015年 ブルゴーニュ クロ・デュ・シャトー 

<シャトー・ド・ムルソー>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥6,048税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィラディスさん>

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

②『凄くレアな逸品です。私の大好きなリシャール・マニエールのバックヴィンテージ、10年熟成の味わいは、いかに.....期待が膨らみますね~(^_-)-

 

2008年ニュイ・サン・ジョルジュ 1級レ・ダモド

<リシャール・マニエール

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥11,800税込}

<今回の仕入先(輸入元)は(有)ベリータさん>

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

①のワイン。()フィラディスさんより一部抜粋

 

 Chateau de Meursault/シャトー・ド・ムルソー

 新オーナーによる改革によって生まれ変わった伝統あるシャトー
所有畑のポテンシャルの高さを活かした最高レベルのワイン造りによって、2012年以降は「ブルゴーニュの隠れたダークホース」と評される。

ボーヌの街から南に8km下るとグランクリュ街道沿いに見えてくるのがシャトー・ド・ムルソーである。以前は「建物こそ立派だが味わいに関して特筆すべきことはない造り手」というイメージを持つ人もいたが、現在のシャトー・ド・ムルソーは以前とは全く別物であると断言できる。

変化のきっかけは、2012年にフランスの著名な資産家であり世界2位の流通企業カルフールの筆頭株主でもあるアレイ・ファミリー直系のオリヴィエ・アレイが新オーナーに就任したことである。彼はその潤沢な資金をもとに大きな改革を行った。(中略)こうした短期間での品質の向上は見逃されるはずもなく、「2012年以前のワインとは全く別物。目を見張るほどの素晴らしいワインが存在する(WA誌)」、「以前は衰弱していたが、2012年以降赤も白も印象的な品揃え(アラン・メドー)」、「ブルゴーニュの隠れたダークホース(ジャンシス・ロビンソン)」と各評価誌から称賛を受けている。

もう一つ忘れてはならないのがシャトー・ド・ムルソーの持つ畑のポテンシャルの高さである。その長い歴史の中では、領地の拡大に伴い優れた畑を手に入れてきた背景があり、現在は北のコルトンから南はピュリニー・モンラッシェまでの計60haを所有。そのうちプルミエクリュとグランクリュが23haと3分の1以上を占めている。ムルソーにおいては特筆すべき1級畑であるシャルムの最大の所有者(4.7ha)であり、その半数以上が特に優れているとされる上部にあるということも見逃せない。

「我々は目標とするレベルの半分のところまできた。ネゴシアンはもう相手ではない。我々のライバルはラフォンやルーロたちだ」と語るステファン・フォラン。彼らに肩を並べる日はそう遠くないとWA誌から評されるシャトー・ド・ムルソーの今後に、世界中の注目が集まっている。

2018年

10月

04日

今週(10月5日~10月7日)のお買い得品

2017年は

特別キュヴェ

 

通常はこのワインヴィオニエ、シャルドネ、ソーヴィニオンブラン各1/3といったブレンドのワインなのですが、輸入元いわく、2017年はひとつ上のキュヴェの中身で入荷してきたと・・・なので、この年はとってもお得感が満載になっています。

アカシアやパイナップルのアロマ。新鮮な白い果実、ライチのような口当たり。レモン風味の酸がワインを引き締めています。【地方:ラングドック/タイプ:白/品種:ソーヴィニヨン・ブラン】(輸入元:㈱シュヴァリエ) 

 

2017年 レ・ゾー・ド・フルーレンス

 

 

試飲特価¥2,052

それってどうなの~???

 

クロヴァロンでは、南仏のワインでありながら果実味、フィネス、冷涼感、エレガントさを備えた現代的なスタイルで造られています。欧米では、南部に強いローズマリー・ジョージMWなどを筆頭に、フランス、イギリス、アメリカで既に高い評価を受けています。日本でもワインジャーナリスト山本昭彦さんのワインレポートで、「ラングドックのお値打ちピノ・ノワール。驚きのピノ・ノワールに、久しぶりに出会った。」として取り上げられ、ワインラバーを中心に大きな反響を呼びました。

しかし、この2017年はドメーヌのピノ・ノワールの区画が霜害でワインが生産できなかったため、クロヴァンロンの隣で同じビオディナミを実践する造り手からブドウを調達して、ドメーヌで醸造したキュヴェがリリースになりました。と、いつもとは違うブドウを使っているので、この年は飲んでみなくちゃわかりませんな感じなんです。【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:ピノ・ノワール 】(輸入元:㈱VIVIT) 

 

2017年 ピノ・ノワール“ル・ヴァロン”

~ドメーヌ・ド・クロヴァロン

 

試飲特価¥2,718

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

9月

28日

9月29日、30日  限定スペシャル有料試飲

「今月も、もう終わりですね...この分だと一年もあっという間(>_<)

のこり三ヶ月もやっぱり飲むしかないね~(≧▽≦)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日9/29()9/30()※数量限定無くなり次第終了です。

①『私の未経験の造り手です。

なかなかの人気らしい?....

どんなだろう、

飲んでみないとね解らないよね(~_~;)

 

2015年シャブリ・プルミエ・クリュ

(1) レ・ヴォードヴェイ

 

<ジュリアン・ブロカール>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥6,264税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィラディスさん>

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

②『シャサーニュ美味さは白だけじゃないよ...

近年の赤はスゴーク上質のような?

試してみよう~(*^^)v

 

2014年シャサーニュ・モンラッシェ・

コンシ・デ・シャン・ルージュ

<ドメーヌ・オー・

    ピエ・デュ・モンショーヴ>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥8,100税込}

<今回の仕入先(輸入元)は㈱ヴァンクロスさん>

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

①のワイン。()フィラディスさんより一部抜粋

 

 Julien Brocard/ジュリアン・ブロカール

 ジュリアン・ブロカールはもともとパリでエンジニアとして働いていたが、1997年にシャブリに戻り父が興した大ドメーヌ、ジャン・マルク・ブロカールを引き継ぐ。2代目当主となった彼は、ワイナリーに隣接するドメーヌ・ド・ラ・ボワッソヌーズと呼ばれる11haの単一区画でビオディナミの手法を取り入れることを決意するが、その理由はビオディナミを実践するマルク・ギユモのマコン・クレッセを飲んでその味わいに大変感動したからである。父と意見の相違がありながらもビオディナミを実践する中でジュリアンは畑の土壌が活発化し、テロワールそのものを表現しやすくなっただけでなく、ブドウがより活力にあふれ味わいそのものが格段に向上したことを実感する。そして2012年、より自分の理想に近いシャブリを追求するために、自身の名を冠したジュリアン・ブロカールというドメーヌを設立した。

2018年

9月

27日

今週(9月28日~9月30日)のお買い得品

レアワインがこちらに登場!!!

 

A&P ド・ヴィレーヌは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの共同経営者であるオベール・ド・ヴィレーヌが、妻のパメラとともにコート・シャロネーズのブーズロンに展開するドメーヌです。Aはオベール、Pはパメラのイニシャルだったのですが、なんと、この2014年を最後にA&Pが消えて、ドメーヌ・ド・ヴィレーヌに変更になります。それは、彼ら夫婦がブルゴーニュが世界遺産に登録されるのに、忙しく、甥が実質取り仕切っているからだそうです。さて、このレ・クルーはさまざまな区画のブドウを使用。斜面が南向きで日当たりがよく完熟するが、比較的樹齢が高いことから、ミネラルのしっかりしたワインが生み出されます。現行は2016年なので、2年の熟成でワインがどう変化したのかが、楽しみな逸品です。【地方:ブルゴーニュ/タイプ:白/品種:シャルドネ】(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2014年 ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ レ・クルー・エメ

~ドメーヌ・アー エ ペー ド ヴィレーヌ

 

試飲特価¥4,104

2017年のブルゴーニュはいかに!!!

 

ジュブレ・シャンベルタンに特化した生産者が造る、ブルゴーニュ。早くも2017年がお目見えしました。もともと、リリースの早い方なのですが、先日ご案内したボジョレ・ヌーボーが2018年と考えるとなんだか不思議な気もします。まずは、どんな感じになっているのかを確認してみませんか???【地方:ブルゴーニュ/タイプ:赤/品種:ピノ・ノワール 】(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2017年 ブルゴーニュ・レ・ジュネヴリエール

~フレデリック エスモナン

 

試飲特価¥2,770

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

9月

25日

今年は11月15日解禁!!!

ボジョレー・ヌーボー ご予約承ります♪♪♪

BEAUJOLAIS NOUVEAU 

 

2018

2018年も天候が安定していたそうです。

これは、良いワインが出来る予感♪

 

どれも本数限定ですので、ご予約はお早目に!

3本以上

お買い上げで10%OFF

(ルロワのみ割引対象外)

 

ドメーヌ・ローラン・ペラション・エ・フィス

 ボジョレー・

 ヴィラージュ・

 ヌーボー 2,680

 1877年創業。ムーラン・ナヴァンやモルゴンなどに畑を持ちます。6代目 のローラン氏はシャトー・オーゾンヌで研鑽を積み、ワイナリーの理念と しては、「先祖代々が行ってきたワイン造りの追求」だそうです。樹齢5070年のブドウを使った、しっかりとした果実と奥深い旨味をもつヌー ボーになるようです。

 

リジュレ

ボジョレー・ ヴィラージュ・ VV プリムール 2,800

VVという、樹齢の古い樹のブドウだけで作られた、より深くお いしいワインが出来上がるワンランク上のプリムール。その他大 勢の早飲みがお決まりのヌーボーとの違いを明確にするため「プリムール」を冠しています!

 

バラック・ド・ラ・ペリエール

ボジョレー・ヌーボー ロゼ3,250

1574年からある歴史ある生産者。ロゼは一部の生産者しか造っていない とても珍しいヌーボーです。フルーティで爽快な味わいが特徴です。

 

ポテル・アヴィロン 

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー3,800

ブルゴーニュの醸造家「二コラ・ポテル」とボジョレーの「ステファ ン・アヴィロン」のコラボ。ブルイィの近くのブドウを使用。しっかり ヌーボーを造ります。

 

クリストフ・コルディエ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー V.V. 4,000

 

フランス国内でも販売されない、日本のみでの限定販売です。マコネ地 区トップメーカー。収量を1ha辺り20ヘクトリットル。圧倒的な濃縮度 を誇る、樹齢60年のブドウのみを使用しています。低収量に抑え、完熟 したブドウから凝縮感溢れるボジョレー・ヌーヴォーです。

 

ルロワ ボジョレー・ ヴィラージュ・ヌーボー 4,500

DRCとも肩をはる生産者「ルロワ」そんな彼女のこだわりが詰まった超希少プレミアムヌーボー。

 

ボジョレー・ヌーボー 2018 ご案内.pdf
PDFファイル 703.5 KB

2018年

9月

22日

9月22日、23日  限定スペシャル有料試飲

おぉぉぉ...世間は、またまた三連休!」 飲むしかないね~(o)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日9/22()9/23()※数量限定無くなり次第終了です。

①『ようやくボルドーの旨い季節...

私の好きな2003年ポムロールでスタート、官能的なメルロであってほしい(≧▽≦)

 

2003年シャトー・ボールガール

<ポムロール>

 

{ボルドー//品種:メルロ70%、カベルネ・ソーヴィニョン30%/

小売価格¥9,720税込}

<今回の仕入先(輸入元)()アストルさん>

 

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

②『最近のメオ、F&Sシリーズは

かなり美味しくなっているような...

うれしいかぎりでございます。(^<^)

 

2016年フィサン

<メオ・カミュゼF&S

 

{ブルゴーニュ//

品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格¥8,640税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)

㈱フィネスさん>

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

2018年

9月

20日

今週(9月21日~9月23日)のお買い得品

ピノロゼはとってもエレガント♪

 

2013年が初リリースのロゼ。なかなか珍しい逸品です。ヴォーヌ・ロマネの生産者で女性醸造家です。彼女の女性らしい繊細さはワインに表現され、エレガントで心地の良い酸味とのバランスが絶妙で、ロゼを好きな方はもちろん、普段はなかなかロゼを飲まないなんて方でも、楽しめる本格的なワインです。上のクラスもシュリュグがおススメですが、「今」楽しむならロゼで十分ですね。

 

【地方:ブルゴーニュ/タイプ:ロゼ/品種:ピノ・ノワール】(輸入元:㈱AMZ) 

 

2017年 ブルゴーニュ・パストゥグラン・ロゼ

~ドメーヌ・ロベール・シュリュグ

 

試飲特価¥3,334

イメージはヌフパプ???

 

『ルロワを連想させる手法で、ナチュラルかつ エキスたっぷりのローヌブレンドをものにしている。』とコメントされるのは、ブルゴーニュのビオディナミの最高峰「ルロワ」と栽培、醸造などの共通点が多いことから言われたそうです。ブルゴーニュファンとしては「むむむ」と気になってしょうがないワインなので、今回ご紹介となりました。品種はローヌブレンドと呼ばれる品種達で、それをこの価格で、より高いランクへと変貌させているのが、驚きです。

プラムやチェリー、スパイスなどの複雑な香り。口中には、しっかりと熟した 果物や灌木、香辛料などの風味が感じられる。タンニンは絹のように柔らかい。カトリーヌ・ ロックのワインの特徴である、ブルゴーニュ的なフレッシュ感とエレガントさが感じられる味わい と⻑い余韻。 Le Presbytèreル・プレビテールとはキリスト教の司祭の館のこと。ドメーヌの中に、かっての村 の司祭の館があり、現在、その石造りの丸天井の建物の中でマス・ダルゾンのワインを熟成 させていることから、キュヴェ名がル・プレビテールと命名されました。

【地方:ラングドック/フォジェール/タイプ:赤/品種:リュドナー・ペルト(グルナッシュの亜種で腐敗に強い)&グルナッシュ45%、サンソー45%、カリニャン10% 】(輸入元:㈱VIVIT) 

 

2016年 ル・プレビテール~マス・ダルゾン 

 

試飲特価¥3,046

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

9月

15日

9月15日、16日  限定スペシャル有料試飲

おぉぉぉ...世間は、三連休でしたね」 これはもう飲むしかないね~(o)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日9/15()9/16()※数量限定無くなり次第終了です。

①『若い頃、ワインブローカーの外人さんが言ってな...

ヴァンサン・ピナールのピノは、

ロワールのロマネコンティだ!...

本当かね(~_~;)???

 

2012年サンセール・ルージュ

<ヴァンサン・ピナール>

{ロワール//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥6,264税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)()稲葉さん>

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

  ②『サンセールは、大昔は

海底です。ミネラル分に富んだ土壌から...トップクオリティ、

ピュアなワインが生まれます(^^

 

2014

サンセール・キゥヴェ・ニュアンス

<ヴァンサン・ピナール>

{ロワール//品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%/小売価格¥5,940税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は㈱稲葉さん>

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

①②のワイン⇒()稲葉さんより一部抜粋

 VINCENT PINARD/ヴァンサン・ピナール

 ヴァンサン ピナールは、サンセールを産する14の村のうちのひとつ、ビュエ村に拠点を置く造り手で、現在はヴァンサンの息子のフローランとクレマンの兄弟が指揮を執っています。彼らのワイン造りの哲学は、テロワール、そして周囲の環境を尊重し、自然でオーガニックな方法を採ることです。畑の微生物や昆虫、野鳥の命を危険にさらしたくないと考えているからです。畑作業の多くは、手作業で行っています。品質を高めるため、剪定を短くし、グリーンハーベストを行い、収量を低く抑えるようにしています。

 

2018年

9月

13日

今週(9月14日~9月16日)のお買い得品

ボルドー祭り開催♪

 

グラーヴ地区ポルテにあるシャトー・カバニューは、グラーヴでも歴史の古い家族経営のシャトーです。 1800年代後半、ワインガイド「エディション・フェレ」において«Première Catégorie» や «Cru Exceptionnel »といったカテゴリーに分類されるなど高い評価を受けており、また、1939年にはアメリ カ・ニューヨーク州においてグラーヴを代表する白ワインとして公認されたという、古くからフランス国内外で人気のあったシャトーです。
 
セミヨンの丸みとソーヴィニョン・ブランの柑橘系の爽やかさ、新樽熟成による芳醇な風味が楽しめる リッチ感のあるボルドー白ワインのお手本のような味わい深いグラーヴの白ワインです。 今回は本数限定の特価にてご案内です。

 

【地方:ボルドー/グラーヴ/タイプ:白/品種:セミヨン80%、ソーヴィニヨン・ブラン20%】(輸入元:㈱アストル) 

 

2016年 シャトー・カバニュー・ブラン

 

通常価格¥3,02420%OFF¥2,419

熟成ボルドーは秋味

 

サンジュリアンの4級シャトー、CH ブラネールデュクリュの総支配人ジャン・ドミニク・ヴィドー氏が作ったプライヴェートワイン!。2009年は当時から注目のヴィンテージだったのですが、約10年の熟成を経て、官能的でリッチ、表現豊かな果実が感じれるボルドーの熟成した良い所が詰まったワインになっています。

【地方:ボルドー/メドック/タイプ:赤/品種:カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロ48%、プチヴェルド2%、カベルネ・フラン2%】(輸入元:豊通食料㈱) 

 

2009年 シャトー・カンピヨ

 

 

試飲特価¥3,078

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

9月

08日

9月8日、9日  限定スペシャル有料試飲

❝「素敵に美味でしょう~」これはもう...売り切れ御免になるかも???...

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

★開催日9/8()9/9()※数量限定無くなり次第終了です。

『最近の個人的に好きな

生産者のひとりです。

シャルムで1万はお安いのでは...是非お試しあれ!

 

 

2015

ムルソー1級シャルム

<ドメーヌ・ジャン・マリー・ブズロー>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥10,800税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

  『言うまでもなく

人気ブランドですね...

熟成が楽しみですけど...

贅沢に若いうちから

飲んでみましょう。』

 

2015年モレ・サン・ドニ

<ドメーヌ・デュジャック>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥10,800税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は㈱ラックコーポレーションさん>

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

 

①のワイン⇒()フィネスさんより一部抜粋

 DOMAINE JEAN-MARIE BOUZEREAU/ドメーヌ・ジャン・マリー・ブズロー

 

ブズロー家はムルソーで10世代以上の長きに渡って葡萄栽培を続けている生産者で現当主ジャン マリー氏はボーヌの醸造学校を卒業後、アメリカとオーストラリアのワイナリーで研修を行って経験と見識を積み、1994年にドメーヌに参入しました。彼には2人の祖父がいてそれぞれムルソーとヴォルネーの葡萄栽培家だったので、その畑を引き継いでヴォルネー、ポマール、ボーヌの赤ワインを、ムルソー、ピュリニーの白ワインを造っており、現在は9haの畑を所有しています。  畑は自然環境を尊重して出来るだけ農薬を使わないリュット レゾネ農法。シャルドネは手摘みで収穫後すぐに圧搾してから24時間掛けて低温で澱引き。その後、228ℓの樫樽に移して21℃で数週間アルコール醗酵をし、12ヵ月以上熟成させて軽くフィルターに掛けてから瓶詰します。

 

2018年

9月

06日

今週(9月7日~9月9日)のお買い得品

秋のローヌはシラーで決まり♪

 

9月に入って、日中は暑いかもしれませんが、朝晩の涼しさが、「秋」到来と思わせる日々になりました。となると、やっと、赤ワインの出番となるのでは???それも、これこれ!!!と思えるようなパワフル型を今回はご案内です。

フローラル、スパイスの香りが溢れ、とてもバランスが良く、シルクのように滑らかなタンニン。若い時でも楽しめるのですが、この夏をひとつ超えて、ちょっとだけ熟成したこちらは、エレガントさとパワフルさを両立させた赤ワインとなっています。脂ののった牛肉のステーキなんかとご一緒にいかがでしょうか?

【地方:ローヌ/タイプ:赤/品種:シラー】(輸入元:㈱ジェロボーム) 

 

2015年 クローズ・エルミタージュ

~ドメーヌ・レ・アレクサンドラン

 

試飲特価¥3,693

豊漁なさんまとご一緒に

 

ワイナリー名は、プロヴァンス語で修道女(ムルグ)と丸石(グレ)を意味し、現当主フランソワ・コラールは、醸造学を学んだのちシャトー・ラフィット・ロートシルトで修行を重ねたワイン造りの名手。ピュアで弾けるような果実味を出すために、醸造中はSO2を使用せず、瓶詰時のみごく少量添加します。ロゼでもしっかりめのドライな仕上がりなので、北海道のサンマのような脂ののった焼き魚との相性がいいんですよね。食事のお供にいかがですか?【地方:ローヌ/タイプ:ロゼ/品種:グルナッシュ主体・ムールヴェドル・シラー】(輸入元:㈱飯田) 

 

2016年 シャトー・ムルグ・デュ・グレ・フルール デグランティーヌ

 

 

試飲特価¥1,846

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

9月

01日

9月1日、2日  限定スペシャル有料試飲

9月最初ですから贅沢にスペシャルは3種類で... 「三羽の鳥ラベル達」です

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

★開催日9/1()9/2()※数量限定無くなり次第終了です。

『ジュラよりペリカン 

ブルゴーニュ、ヴォルネーワインの名手

マルキ・ダンジェルヴィルが手掛ける

アルヴォワ!

 

2015年アルボワ・サヴァニャン・ウイエ<ドメーヌ・デュ・ペリカン>

{ジュラ//品種:サヴァニャン100%/

小売価格¥5,940税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

 

『ブルゴーニュよりニワトリ 

ブルゴーニュの奇才!

フィリップ・シャルロパン氏を父に

持つヤン・シャルロパン氏、

人気沸騰中です!

2015年ペルナン・ヴェルジュレス

<ドメーヌ・シャルロパン・ティシエ>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥6,480税込}

<今回の仕入先(輸入元)は㈱ラフィネさん>

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

『ローヌよりヤマシギ このアペラシオン最上のワインと言える

モルドレのリラックは

10年の熟成で

どんな顔をみせるか???

 

2008

リラック・レーヌ・デ・ボワ

<ドメーヌ・モルドレ>

{ローヌ//品種:グルナッシュ、

シラー、ムールヴェードル/

小売価格¥7,776税込}<今回の仕入先(輸入元)は㈱フィラディスさん>

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

 

①のワイン⇒()フィネスさんより一部抜粋

DOMAINE DU PÉLICAN /ドメーヌ・デュ・ペリカン

このドメーヌはヴォルネー村でワイン造りをしているドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルの当主ギョーム ダンジェルヴィル氏と醸造責任者のフランソワ デュヴィヴィエ氏が、ブルゴーニュのような素晴らしいテロワールのワインを造りたいという探究心から2012年にジュラ地方アルボワの町に隣接するモンティニー レ アルスール村に設立しました。......

なぜ「Pélican(動物のペリカンのこと)」というドメーヌ名が付けられたかはアルボワの歴史を振り返る必要があります。  15世紀末、神聖ローマ皇帝だったハプスブルグ家出身のマクシミリアン1世は従者と共にアルボワに滞在したことがありました。当時は異国の動物を飼う事が貴族のステータスとなっていたため、マクシミリアン1世も異国の動物をアルボワに連れてきていました。その動物の中には南国の鳥であるペリカンも含まれていましたが、不幸なことに1羽のペリカンがアルボワ滞在中に死んでしまいました。

その死を大いに悲しんだマクシミリアン1世はこの「皇帝ペリカン」を忘れないためにアルボワの町のエンブレムをペリカンにするように定めたのです。

また、彼の妻であるマリーは最後のブルゴーニュ公シャルルの一人娘で、夫婦一緒にペリカンを連れて散歩をしていたため、ペリカンはアルボワとブルゴーニュを繋ぐ架け橋の役割も果たしていたと言われています。当時ブルゴーニュ公が所有していたヴォルネーの1級畑「Clos des Ducs(クロ デ デュック)」は現在ドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルが単独所有しています。

そのブルゴーニュ公の後を継いだドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルがアルボワでワインを造る、つまりブルゴーニュとアルボワが時を越えて再び繋がるということになるので、架け橋であった「Pélicanペリカン」をドメーヌ名に採用することになりました。

2018年

8月

30日

今週(8月31日~9月2日)のお買い得品

プチサンセールのようなエレガントさ

 

サンセールの土壌とテロワールの違いにこだわったワイン造りに取り組んだ新生ドメーヌ。そのドメーヌ名も、サンセールの土壌にちなんだ名前なのだから、ものすごいこだわり様です。このワインはそのサンセールのすぐ北に位置する、コトー・デュ・ジェノワ。なので、お値段が抑えめなんですが、中身はなかなかの本格派。ソーヴィニヨン・ブランのお手本となる素晴らしいアロマとミネラルのタッチを備えたワインとなっています。フレッシュハーブの生き生きとしたアロマに白い果実のフローラルな香り。柔らかな果実に細かな酸。余韻にはスモーキーさが漂う。(輸入元:㈱フィラディス) 

 

2016年 アルシミー

~ドメーヌ・ド・テール・ブランシュ

 

試飲特価¥2,667

濃いめなピノも

たまりません♪

 

今月の始めころに、この方のブルピノをご案内したのですが、それが、とても好評だったので、今回はいっこ上のランクをご案内。平均樹齢60年。プルミエクリュに囲まれた村名畑のクロ・デ・オートを中心に、古樹の3区画をブレンド。サントネイは、コート・ド・ボーヌの最南端に位置するので、南らしい、滑らかな果実に彩られた味わいは一層表情豊かで、地に足ついた旨みがフィニッシュまでずっと続きます。照り焼きのような、コクのある和食との相性がいいですかね。(輸入元:㈱フィラディス) 

 

2016年 サントネイ V.V. 

~リュシアン・ミュザール・エ・フィス

 

試飲特価¥4,001

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

8月

25日

8月25日、26日  限定スペシャル有料試飲

❝今週は メオvs.メオ...???⇒フランスメオvsU.S.Aメオ!!!❞

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲】

★開催日8/25()8/26()※数量限定無くなり次第終了です。

『メオ(ジャン・メオ)がオレゴン州で手掛けるワインです

 

左:①2014年ピノ・ノワール ウィラメットヴァレー

<二コラ・ジェイ>

{アメリカ/オレゴン/赤/品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥9,720税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

 

『メオのネゴシアン部門・・・完成されたブルゴーニュです

 

右:②2016年 マルサネ<メオ・カミュゼ F&S>

 

{ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥7,560税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

 

①のワイン⇒()フィネスさんより一部抜粋

 

ウィラメット ヴァレーのビショップ クリークの畑

 

 経済学を学ぶため、アメリカに留学中だったジャン ニコラ氏のクラスメイトにジェイ ボバーグ氏の妹が居たことが2人の出会いのきっかけでした。彼らはすぐに意気投合してお互いワインへ情熱を傾けることになり、ジャン ニコラ氏は故郷のヴォーヌ ロマネに戻ってドメーヌを継ぎました。その後も度々アメリカを訪れ、オレゴンのウィラメット ヴァレーの気候風土がブルゴーニュに共通するものを持っていると感じ、オレゴンワインの将来に興味を抱くようになりました。2012年、長年オレゴンワインの可能性を探っていたジェイ ボバーグ氏からウィラメット ヴァレーでのワイン造りの話を持ちかけられ、ジャン ニコラ氏はヴォーヌ ロマネで培った知識と経験をオレゴンのピノ ノワールに注ぐことを決意。そしてアメリカを始め様々な地域でワイン造りを経験し、ジャン ニコラ氏&ジェイ ボバーグ氏と同じ情熱と精神を持つトレーシー ケンダル女史がチームに加わり、「Nicolas-Jay」は完成しました。

 「Nicolas-Jay」のワインに使われるピノ ノワールはウィラメット ヴァレーの中心にあるビショップ クリークと呼ばれる畑に植えられています。ワイン造りはジャン ニコラ氏の指導の下、トレーシー ケンダル女史が中心となって伝統的なブルゴーニュの手法で行われています。手摘みでの収穫後は葡萄が潰れないように小さな容器に入れて醸造所まで運び、選別台で厳しく選別します。アルコール発酵は樫樽で21日間行い、ワインに固さを出さないように圧搾も軽めに抑えてシルクのように滑らかな舌触りになるよう努めています。その後、新樽32%のフレンチオークで15ヵ月間熟成させてワインに厚みや深みを与えています。

2018年

8月

23日

今週(8月24日~8月26日)のお買い得品

タヴェルの弟分的ロゼ

 

ギガル社の創業は戦後間もない1946年。その後わずか半世紀にして北部ローヌ有数の生産者へと急激に大成長を遂げました。今では、ローヌのヴァラエタル豊かなラインナップとして、超高級から、お手軽までを担っています。今回はもちろんそんなお手軽からのご案内ですが、ローヌではまだまだ珍しいロゼをご案内。ギガルはロゼだと、ローヌの高級ロゼとしてタヴェルがあるのですが、こちらは、もっとざっくりとした、ローヌなので、早飲みできるのがとってもいいんです。グルナッシュを主体にサンソーとシラーをブレンド。赤ワインでも濃くなる品種をバランスよく抽出しているので、フレッシュで生き生きとした、ラズベリーや赤スグリなど赤い果実のアロマ、フルーティでまろやかな味わいが堪能できます。大ドメーヌらしい安定の味わいをご賞味くだいさい。

(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2015年 コート・デュ・ローヌ ロゼ~E ギガル

 

試飲特価¥2,052

 

 

 

ひさびさの薄旨ぁ

 

シャントレーヴは日本人女性醸造家の栗山朋子さんと、そのパートナーであるギヨーム・ボットのふたりが、2010年ヴィンテージにスタートさせた、サヴィニー・レ・ボーヌを本拠地とするネゴシアンです。なかなかの人気で、当店でも入荷したのは数える程です。で、やっとある程度の本数が確保出来たので、この度のご案内となります。

初ヴィンテージの2010年ブルゴーニュ・ピノ・ノワールは、早くも英国の著名ワインジャーナリスト、ジャンシス・ロビンソン女史の目にとまり、彼女のウェブサイトで「今週のワイン」に取り上げたほどだそうです。日本人女性の細やかなセンスと銘醸蔵で研鑽を積んだパートナーのサポート、そして約束の土地であるブルゴーニュが紡ぎ出す、洗練されたワインたちとなっています。このワインは、ピュリニー・モンラッシェ村のブルゴーニュAC内で栽培されたピノ・ノワールを醸造。2016年は生産本数が激減したとのことで、どれも苦戦のようですが、お先に試飲しました所・・・ラズベリーや赤スグリなど新鮮な赤い果実のアロマがピュアに香り、きれいな酸味とシルキーなタンニン。淡さの中に旨味がギュッと詰まったエレガントなスタイルです。日本人女性の細やかなセンスが生きる上品な仕上がりのブルゴーニュですね。(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2016年 ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

~シャントレーヴ

 

試飲特価¥3,694

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

8月

17日

8月18日、19日  限定スペシャル有料試飲

❝まだ夏休みですか???...ラストは当店の王道ブルゴーニュで〆ましょう~

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲】

★開催日8/18()8/19()※数量限定無くなり次第終了です。

『ジュヴレやじゃないよジヴリーだよ!

マイナーと思われがちですが...かなり

いっちょ前な白ですな(≧▽≦)

 

2015年 ジブリー 1

     ラ・グラン・ベルジュ

<ドメーヌ・デュ・クロ・サロモン>

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/

小売価格¥5,940税込}

<今回の仕入先(輸入元)()ラフィネさん>

 

お試し◆glass(100ml)→1,000(税込)

『ブルゴーニュの奇才!

フィリップ・シャルロパン氏を父に持つヤン・シャルロパン氏、

人気沸騰中です!

 

2015年 マルサネ

     レ・ロンジュロワ

 

<ドメーヌ・シャルロパン・ティシエ>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥6,804税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は㈱ラフィネさん>

 

 

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

 

①のワイン⇒()ラフィネさんより一部抜粋

 

Domaine du Clos Salomon (Givry)/ドメーヌ・デュ・クロ・サロモン (ジヴリー村)

 

ロマネ・コンティと並びドメーヌ名に単独所有の畑名を例外的に名乗ることを許されている生産者です。最近の流行と思われたくないために、ビオロジックながらもビオとは掲げていません。単独所有畑『クロ・サロモン』は特殊なカルクソル土壌で、ワインはフレッシュな柑橘系の独特な酸味を纏っています。

2018年

8月

17日

今週(8月17日~8月19日)のお買い得品

夏はロワール

 

1893年に創設された歴史あるメゾン「マルク・ブレディフ」。ワインのカーヴとしは、16世紀から使われているという、「伝統」といった言葉がしっくりくるメゾンで、ロワールのシュナン・ブラン種の特長を最大限に引き出すワイン造りをしています。

と、先週ご案内したので、今回は、

シュナン・ブランのスパークリング、「ヴーヴレィ」をご紹介。旨味感の強いしゅわしゅわなんですが、上品さも兼ね備えているので、これだけで、楽しんでも良し、食事との相性、それも和食との相性がバッチリですし、なんと、泡が消えてしまっても、ちょっとビターな白ワインになってなかなか乙なんですよね。

(輸入元:ブリストル・ジャポン㈱) 

 

ヴーヴレイ・ブレディフ・ブリュット

  ~マルク・ブレディフ

 

試飲特価¥3,078

やっぱりピノ

 

夏休みもそろそろ終盤となりまして、来週から本格始動なんて方々もいらっしゃるようですね。そんな「社会復帰???」を前に元気なワインでエナジーチャージといきませんか?元気といっても、強いワインだと、暑い季節はなかなか気持ちが乗ってきませんが、ひんやりとした温度帯で楽しむピノは、赤ワ

インでも軽やかさと、香りの良さが楽しめ、かつ、この2016年のワインはフレッシュな分、元気いっぱいといった力を感じられます。

鉄板なおつまみになりますが、ローストビーフなんかと一緒に飲みたいワインですね。

(輸入元:フィネス㈱)

 

 

2016年 ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

~ジャン・マリー・ブズロー

 

試飲特価¥3,591

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

8月

10日

8月11日、12日  限定スペシャル有料試飲

❝世間は、夏休みですからねぇ...

たまには変わりとごろをチョイス!~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲】

★開催日8/11()8/12()※数量限定無くなり次第終了です。

『想像つかない...

マカブー100%ってどんな味???....しかも45%のブドウは樹齢は95年以上という古木!(o)/!

 

2016年 ピ・ヴェル

<ドメーヌ・ル・ロック・デ・ゾンジュ>

{ルーション//品種:マカブー100%/

小売価格¥8,100税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、セパージュ()さん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

 『コチラもルーションです。ローヌのサン・ジョセフのようなシラー???2012....熟成感でてるといいな(^-^;

 

2012年レ・ミランド<ドメーヌ・ダンジュ・バネッシ>

{ルーション//品種:シラー100%/小売価格¥6,048税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、セパージュ㈱さん>

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

 

 

①のワイン⇒セパージュ()さんより一部抜粋

20haのこのドメーヌは、2001年に23歳のMarjorie Galletによって創設されました。彼女はコート・デュ・ローヌの近くで育ったのですが北部ローヌでYves CuilleronPierre Gaillardの指導の下、Montpellierで学位を取りました。ドメーヌはAgly谷にあり浅いシストの土壌にあります。Forca Real Mountain30もの区画に囲まれたこの地は海風と湿気からブドウを守ってくれます。

45%のブドウは樹齢95年以上という古木でMarjorieはこのテロワールを表現するのは、こうした古木のオートノミーに任せておけばいいと信じています。.....

2018年

8月

09日

今週(8月10日~8月12日)のお買い得品

牡蠣限定では

ありませんから(笑)

 

1893年に創設された歴史あるメゾン「マルク・ブレディフ」。ワインのカーヴとしは、16世紀から使われているという、「伝統」といった言葉がしっくりくるメゾンで、ロワールのシュナン・ブラン種の特長を最大限に引き出すワイン造りをしています。

ですが、今回紹介するのは、それではなく、ムロン・ド・ブルゴーニュ(別名ミュスカデ)のワインをご紹介します。爽やかで溌剌とした洗練さが心地よく、もちろん、名前の通り、牡蠣と一緒に飲んでもらうためなのでしょうが、日本の魚介類のレベルの高さから考えると、甲殻類のお料理もおススメできるので、牡蠣だけではもったいないワインになっています(輸入元:ブリストル・ジャポン㈱) 

 

2015年 ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・ シュル・リー・ロワイヤル・オイスター

~マルク・ブレディフ

 

試飲特価¥2,565

このおっさん、

気になる~~~

 

シレーヌとはギリシャ神話の酒の神「バッカス」の養父の名前が由来なので、このおっさんはその養父なんでしょうね・・・。勝手な想像ですが、こんな人酒場にいそう(笑)と思ってしまいました。

と、エチケットから話をワインに戻しましょう。ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクションは当店ではお馴染みのローヌの巨匠が造るネゴシアン部門です。しなやかで滑らかな果実味とシラー独特のパンチのきいた風味がアクセントになった赤ワインで、先ほどが甲殻類なら、これは

まさに牛肉、それも上品なサシのはいったようなものとは、逆の「肉肉しい」部位を炭火でローストといったワイルドさがぴったりです!!!

(輸入元:フィネス㈱)

 

2016年 クローズ・エルミタージュ シレーヌ

~J.L シャーヴ・セレクション

 

試飲特価¥3,591

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

8月

04日

8月4日、5日  限定スペシャル有料試飲

❝猛暑(>_<)クールダウンにぴったりチョイスでございます(^_-)~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

8/4(土)~8/8/4(土)~8/5(日)※数量限定無くなり次第終了です。

 『ロワールの巨匠ラドゥセット男爵が

手掛けるシャンパーニュ。』

 

①NV

コンテス・ラフォン・ブリュット
<コンテス・ラフォン>
 

 {シャンパーニュ/白/品種:シャルドネ40%、ピノ・ノワール40%、ピノ・ムニエ20%/小売価格¥8,100税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、ブリストルジャポン(株)さん> 

 

お試し◆glass(80ml)→¥1,000(税込)

 『シャサーニュは白だけじゃないよ...

軽やかなでしなやかなさに

魅了の赤が旨い!』

 

 

2014年

シャサーニュ=モンラッシェ・

ルージュ

1級クロ・ド・ラ・マルトロワ
<ドメーヌ・

    ミッシェル・ニーロン> 

 {ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール/小売価格¥8,640税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱オルヴォーさん> 

 

お試し◆glass(80ml)¥1,000(税込)

★★★★Domaine Michel Niellon⇒(株)オルヴォーさんより一部抜粋★★★★
 

正規ルートでも見かけないニーロンのシャサーニュ赤となります。久しぶりの入荷となりました。
かつて半分以上に赤が植えられていたシャサーニュ=モンラッシェ村ですが“モンラッシェ”の名前に由来する需要の為か、多くのピノ・ノワールが(土壌が不適合にも関わらず)シャルドネに改植されてしまいました。
需要と供給のバランスなのでしょうが、ロディエもラヴァルもジャスパー・モリスも赤の方に軍配を挙げるマルトロワやモルジョの一部、クロ・サン・ジャンの1級畑。ニーロンのような偉大な造り手であっても、日本では日の目を見ずに知られることすらないのは残念です。試飲出来てはいませんが、2014年ヴィンテージの個性は名手によるシャサーニュ=モンラッシェ・ルージュの肩肘張らない柔らかさ赤系果実の開放感、不足の無いストラクチャーと飲み手に緊張感を与えない親しみやすさのあるワインに仕上がっています。
このヴィンテージは個人的に試飲出来ておりませんが、いつも両者を比較すると果実味が充実していながら重苦しさがなく伸びやかなクロ・ド・ラ・マルトロワ、タンニンがよりシルキーで冷涼感のある硬質な構造のクロ・サン・ジャンというイメージです。

 

2018年

8月

02日

今週(8月3日~8月5日)のお買い得品

黒ブドウ主体のしゅわしゅわ

 

ピノ・ノワール80%、シャルドネ10%、ピノ・ムニエ10%と黒ブドウ主体のブレンド。年間生産本数8000本。瓶内熟成8か月。フランス国内消費が80%と輸出はわずかなので、なかなかよそでは出回らないスパークリングです。爽やかな果実味とフレッシュな酸味が広がり、きめ細やかな気泡が心地よく広がります。(輸入元:㈱ベリータ) 

 

クレマン・ド・ブルゴーニュ

~ドメーヌ・パンシオ

 

試飲特価¥3,078

品種違いを新入荷

 

ちょと前に、このマス・ラ・シュヴァリエールのシャルドネをご案内したのですが、今回は「ヴィオニエ」を新たに入荷しました。熟したアプリコットと白い花のような華やかさを感じる香り。甘やかな香りからは想像しにくいですが、ドライで、フレッシュさと芳醇さが両立した味わい。キリッと冷やしてが美味しい白ワインです。

(輸入元:ジェロボーム㈱)

 

2016年 ラ・シュヴァリエール・ヴィオニエ

~マス・ラ・シュヴァリエール

 

試飲特価¥1,949