たむらワイン店からのお知らせ

2018年

11月

17日

11月17日、18日  限定スペシャル有料試飲

ヌーボーに便乗して”最高のガメイ種を...”」

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日11/17()11/18()※数量限定無くなり次第終了です。

『良年のみ生産されるラピエールのフラッグシップ!究極のガメイ種!!(*^^)v』

 

 

2015年モルゴン・キュヴェMMXV

<マルセル・ラピエール>

 

{ボジョレー/赤/品種:ガメイ100%/

小売価格¥9,720税込}

<今回の仕入先(輸入元)は

(株)ジャパンインポートさん>

 

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

『2012年、白のジラルダンの

シリーズ当たってます!

ムルソーはいかに?(p_-)』

 

2012年ムルソー V.V.

<ヴァンサン・ジラルダン>

 

 

{ブルゴーニュ/白/品種:シャルドネ100%/

小売価格¥8,100税込}

<今回の仕入先(輸入元)()稲葉さん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

2018年

11月

16日

今週(11月16日~11月18日)のお買い得品

高級ラングドック♪♪♪

 

この地方の白ワインとしては、とっても高級な所に位置しますが、飲んでみると、その複雑さに驚きます。年によって、ブレンドの品種が変わってくるのですが、この年は特に濃さが表現される品種が多く使われているせいか、艶のある白ワインになっています。デイリーではありませんが、これからのパーティシーズンや、お正月のお節なんかにもあうワインです。

【地方:ラングドック/タイプ:白/品種:シャルドネ50%、ヴィオニエ20%、ソーヴィニヨン・グリ20%、プチマンサン10%】(輸入元:㈱フィネス) 

 

 

2017年 グランド・キュヴェ・ブラン 

~ドメーヌ・ド・ロルチュ

 

 

試飲特価¥4,411

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

11月

15日

ボジョレー・ヌーボー解禁♪♪♪

ボジョレーヌーボーが解禁になりました☆☆☆

予約分は完売したのですが、メーカーさんより分けていただけたので、ちょこっとですが、販売しています!!!

2018年 ボジョレー・

ヴィラージュ・ヌーボーV.V.

~クリストフ・コルディエ

¥4,320(税込)

2018年ボジョレー・

ヴィラージュ・VV 

プリムール~リジュレ

 

¥3,024(税込)

有料試飲に登場!!!

 今年の出来はいかに!!!と思っていても、1本飲むほどでは・・・なんて、方に。今年は「飲み比べ」が楽しめますよ。

 

2018年 ボジョレー・

ヴィラージュ・ヌーボー

~ドメーヌ・ローラン・ペラション・エ・フィス

通常価格¥2,894

  

(70ml)¥500(税込)

2018年 ボジョレー・

ヴィラージュ・ヌーボー

~ポテル・アヴィロン

通常価格¥4,104

  

(70ml)¥500(税込)

 

2018年 ボジョレー・

ヴィラージュ・ヌーボー・V.V.

~クリストフ・コルディエ

通常価格¥4,320

  

(70ml)¥500(税込)

 

おまけ有料試飲は、な・なんと!!!

 栃木県は石切り場の天然セラーで熟成したヌーボーをシークレットとして・・・さて、2年の熟成でワインはどう変化するのでしょうか???

 

2016年 ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー

~ジュリアン・ボルコヴィッキ

 

通常価格¥3,888(70ml)¥500(税込)

2018年

11月

10日

11月10日、11日  限定スペシャル有料試飲

「残り僅かなメオ様だけど、美味さを再確認...

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日11/10()11/11()※数量限定無くなり次第終了です。

『メオ唯一のドメーヌ物の白、

絶品の美味しさ!ハイクオリティーだね(*^^)v

 

2016

ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ

クロ・サン・フェリベール(モノポール)

<ドメーヌ・メオ・カミュゼ>

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥7,020税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

『スケールをはるかに上回る

ブルゴーニュクラス!

熟成させても

良いでしょう(^_-)-☆』

 

2016年ブルゴーニュ・ルージュ

<メオ・カミュゼ・

   フレール・エ・スール>

{ブルゴーニュ//

品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格¥5,616税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

2018年

11月

08日

今週(11月9日~11月11日)のお買い得品

濃密ラングドック♪♪♪

 

単一の区画のブドウで造られ、樹齢40年のシラー70%、樹齢80年のカリニャン15%、樹齢15〜30年のグルナッシュ15%のブレンドで造られます。樽熟成は約18ヶ月。
スパイスと果実の香りが融合。収斂性もあるのですが、果実のエキスが十分に引き出され、滑らかな口当たりとアルコールの熱量に魅了されます。6年熟成の均整のとれたしなやかさは、寒さを感じる季節にぴったりな赤ワインです。

【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:シラー、グルナッシュ、カリニャン】

(輸入元:㈱ラックコーポレーション) 

 

 

2012年 ミネルヴォワ・クロ・ランジェリー 

~ピッチニーニ

 

 

試飲特価¥2,565

みんな大好き

ムルソーの生産者!

 

グザヴィエ・モノ(頭文字にXって、どう発音するの~と悩ませるお名前…)は、1723年から続くムルソーの老舗ドメーヌ、ルネ・モニエの孫娘の婿にあたるグザヴィエが10代目を継承しました。彼はブドウ栽培とワイン醸造を学び、2004年にドメーヌ入り。モニエ家が代々受け継いできた17haのブドウ畑を耕作。18の異なるアペラシオンを醸造している。本拠地のムルソーのほか、ピュリニー・モンラッシェ、ボーヌ、ポマール、ヴォルネイ、モンテリー、サントネイやマランジュまで広がり、白6割、赤4割の比率です。

若いうちからとっつきやすい一方、熟成にも耐え得るワインをグザヴィエは目指しているので、凝縮した果実味とピュアなミネラル感を引き出し、モダンさとクラシックな趣きがうまく調和した造りと言えます。2016年はいままでの印象ではとても良い年になりそうなので、このワインも期待大といえますね。

【地方:ブルゴーニュ/タイプ:白/品種:シャルドネ】

(輸入元:㈱ラックコーポレーション) 

 

 

2016年 ブルゴーニュ・シャルドネ 

     レ・グランド・クチュール 

~グザヴィエ モノ

 

 

試飲特価¥3,898

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

11月

07日

毎年人気のおつまみ入荷しました!!!

リピーター続出♪♪♪

 

毎年、好評の「あん肝のみそ漬け」が、今年も入荷してまいりました。

 

あん肝のみそ漬け(45g)

¥999(税込)

 

 

福島は南相馬市の漬物屋さんが造っていて、漬いている味噌をおとして、一口サイズにカット。そのまま「ぱくりっ」もいいですし、パンやクラッカーなんかにのせてもいいですよぉ。そして、味噌は魚介系のものに隠し味としてアレンジも可能ですよ。おしゃれに食べるならパスタの隠し味、この季節ならお鍋やお味噌汁なんかにもいいかもしれません。

数量限定でのご案内です。気になる方はお早めに

2018年

11月

03日

11月3日、4日  限定スペシャル有料試飲

「ベイスターズ来年こそは優勝!....そしてお疲れ様でした。そんな訳で

私の好きなブルゴーニュの造り手のひとりドメーヌ・ユベール・ラミちゃんをご案内!

 

ボンジュール♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日11/3()11/4()※数量限定無くなり次第終了です。

『サン・トーバンの名手であるがシャサーニュやピュリニーも贅沢に所有しているぞ....(≧▽≦)

写真左:2015年シャサーニュ・モンラッシェ・ル・コンシ・デュ・シャン

<ドメーヌ・ユベール・ラミー>

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥10,800税込}

<今回の仕入先(輸入元)()ラフィネさん>

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

 

 

『白のイメージが強いラミー、赤の出来はいかに....???期待してみましょう(^-^;

写真右:2015年シャサーニュ・モンラッシェ・ラ・グジョンヌ

<ドメーヌ・ユベール・ラミー>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥8,640税込}

<今回の仕入先(輸入元)()ラフィネさん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

 

 

()ラフィネさんより一部抜粋

 Domaine Hubert Lamy (Saint-Aubin)/ドメーヌ・ユベール・ラミー  

サントーバン村を中心に18ha(80%、赤20%)を所有する有名生産者。父ユベールは勇退し、今は息子オリビエ・ラミーが当主を務め、ドメーヌを更なる高みへ誘っています。ビオやビオディナミは最近の農法だと言い、100年前の農法を行うようにチャレンジしています。それから収穫日に関しても過熟にならないよう細心の注意を払っている事は特筆出来ますが、醸造は至ってシンプルです。搾り過ぎに注意し、天然酵母を用い、新樽は控えめに、負担を軽減するために重力のみの移動で醸造します。

2018年

11月

01日

今週(11月2日~11月4日)のお買い得品

注目の生産者♪♪♪

 

ローヌのまだまだ若手な生産者ジュリアン。その80%が白なので、いかにして芳醇かつ最大限フレッシュな白ワインを造るかという課題に日々奮闘しているそうです。
これは、そんな彼のワインを知る最初の一歩にピッタリなワイン。純粋なマルサンヌ種を使用したフレッシュでピュアな、まさに今飲むべきチャーミングな 1 本です。"波の音"と言う意味にあう、綺麗さが表現されています。

【地方:ローヌ/タイプ:白/品種:マルサンヌ】(輸入元:㈱セパージュ) 

 

 

2016年 コート・デュ・ローヌ          マルサンヌ ル ブルイ デ ヴァグゥ 

~ジュリアン ピロン

 

 

試飲特価¥3,180

老舗生産者♪♪♪

 

たまたまですが、今回はローヌ繋がりとなったのですが、その規模は、まったく違っています。ペラン・ファミリーは南ローヌの主要アペラシオンに300ヘクタール以上の畑を所有し、その歴史は1909年にシャトー・ド・ボーカステルを購入したことから始まったのですから100年の歴史はすごいものです。このワインは、ステンレス・タンクと大樽(50%)で1ヶ月間マセラシオン、マロラクティック発酵後にブレンド。南ローヌのグルナッシュ主体の見本とも言える美しいワインです。印象的なアロマ、骨格のしっかりとしたボディ、長期熟成の可能性を秘めています。 【地方:ローヌ/タイプ:赤/品種:グルナッシュ75%、シラー20%、ムールヴェードル5%】(輸入元:㈱ジェロボーム) 

 

 

2016年 ヴァケラス・レ・クリスタン 

~ファミーユ・ペラン

 

 

試飲特価¥3,591

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

10月

27日

10月27日、28日  限定スペシャル有料試飲

「今回はマイナーだけど、キラリと光る♪そんなワイン達です!!(^O^)/」

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日10/27()~10/28()

※数量限定無くなり次第終了です。

①『輝きのある白ワインとは

   まさにこのこと(^^♪ 

 

2016年 サンヴェラン

 コンフィデンシャル

 

<ジュイヤール・

   ヴォルコヴィッキ>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥5,400税込}

<今回の仕入先(輸入元)は㈱シュヴァリエさん>

 

お試し◆glass(100ml)→1,000(税込)

②『シラーの高級感が漂いますよ(^_-)-

 

2004年 

コート・ロティ

 ラ・サラジンヌ

<ボンスリーヌ

 

{コート・デュ・ローヌ//

品種:シラー97%、ヴィオニエ3%/小売価格¥8,748税込}

<今回の仕入先(輸入元)はラックコーポレーションさん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

②のワイン。ラックコーポレーションさんより

 

 BONSERINE / ボンスリーヌ

 ギガル傘下ながらスタイルを異にするコート・ロティのドメーヌ

ボンスリーヌは2006年、北部ローヌのスペシャリストであるギガル家が取得したドメーヌ。
コート・ロティに所有するブドウ畑の面積10haは、当時、ギガルに次ぐ広さであった。
ボンスリーヌの名前はシラーの別名「スリーヌ(serine)」に由来する。

1984年に傘下に収めたヴィダル・フルーリィ同様、ギガルはボンスリーヌを独立したドメーヌとして存続させ、醸造責任者も引き続き、ステファン・カレルを登用。完全に吸収してしまったジャン・ルイ・グリッパやド・ヴァルーイとは戦略が異なっている。

ギガルとまったく同じ造りであれば、わざわざ独立したドメーヌにする必要はなく、発酵前の低温マセレーション(ラ・サラジーヌのみ)や、228リットルの小樽のほか650リットルのドゥミ・ミュイを熟成に用いるなど、醸造上、ギガルとの差異が見られる。樽香を抑え、果実のアロマをより強調したスタイルといえる。

コート・ロティは3種類あり、もっともスタンダードな「ラ・サラジーヌ」はコート・ブリュンヌを中心とした6つの区画を混醸。シラーに3%のヴィオニエが含まれる。新樽率80%で24ヶ月の樽熟成。
「ラ・ヴィアリエール」はドメーヌの裏手にある1haの単一区画。コート・ブリュンヌの結晶片岩土壌で、3%のヴィオニエが混ざる。新樽100%で24ヶ月の樽熟成。
「ラ・ガルド」は樹齢50年のシラーのみからなる長期熟成タイプのキュヴェ。新樽100%で36ヶ月の樽熟成だ。

 

2018年

10月

24日

今週(10月26日~10月28日)のお買い得品

熟成

カベルネ・フラン♪♪♪

 

ロワールワインでの赤の品種と言えば、ピノ・ノワールと、このワインにも使われているカベルネ・フランとるのですが、この品種、なかなかの曲者な奴なのです。フランス国内でみると、栽培されているのは、ロワールとボルドーの2か所で、ボルドーでは、ほぼほぼ補助品種として使われるのです。なので、若いうちだと、ちょっと癖が強い印象をうけることがおおいのですが、このワインは、2013年と丁度いい熟成期間を経て、フルーティーで飲みやす仕上がりになっています。 サクランボやラズベリーなどの赤フルーツの印象的な香り。口当たりは円やかです。スパイシーな料理ともあわせたいそんなワインです。

【地方:ロワール/タイプ:赤/品種:カベルネ・フラン】(輸入元:㈱セパージュ) 

 

 

2013年 シノン カナル・デ・グラン・ピエス ~ドメーヌ・ドゥ・レール

 

 

試飲特価¥2,667

RDF?????

 

2016年のこのワインを入荷してみて、思いました。「RDFとはなんだ?」じっくり考えてみると、R=レイモン、D=デュポン、F=ファン。さっきのシノンといい、このワインといい、

「○イゴか( `ー´)ノ!!!」とつっこみを入れてしまった次第です(^^)

 

ま、それはさておき、このキュヴェにはムルソーの1級畑ペリエールとジュヌヴリエールに接する、本来村名クラスの区画(ムルソー・ド・ダヌ)のブドウが使われている。1975年に休耕地だったこの畑を購入し、植樹する際に「根を十分に張らすためには表面の土の層が浅すぎる」と考えた祖父が、他の区画の土を20cmほど足すことをINAOに申請し、許可を得た。しかし、この一件は他のムルソーの生産者の間でスキャンダルとなり、彼らの抗議によってACブルゴーニュに格下げされたという逸話を持ちます。現在も格付けはACブルゴーニュのままだが、その時植えられたブドウの樹は地中深くまで根を張って、ド・ダヌとペリエールのテロワールの恩恵を大いに受けた実を結び、『最高のブルゴーニュ・ブラン』といわれます。お値段以上な味わいを是非。【地方:ブルゴーニュ/タイプ:白/品種:シャルドネ 】(輸入元:㈱フィラディス) 

 

2016年 ブルゴーニュ・シャルドネ

      ショーム・デ・ペリエール

 ~レイモン・デュポン・ファン

 

試飲特価¥4,924

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

10月

20日

10月20日、21日  限定スペシャル有料試飲

「奇遇にも今回はどちらもネゴシアン!!!

ですが、つねに人気のワイン達です(^O^)/」

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日10/20()~10/21()

※数量限定無くなり次第終了です。

①『犬の歯というユニークな畑の名前(^^♪ 

 

2012年 サン・トーバン 1級

レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シアン

<ヴァンサン・ジラルダン>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥7,344税込}

<今回の仕入先(輸入元)は㈱稲葉さん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

②『フーリエのこだわりのネゴシアン的存在(^_-)-

 

2016年 

ブルゴーニュ ピノ・ノワール

<ジャン=マリー・フーリエ

 

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥8,100税込}

<今回の仕入先(輸入元)は豊通食料㈱さん>

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

①のワイン。㈱稲葉さんより

 

 Vincent Girardin / ヴァンサン ジラルダン

 ブルゴーニュでの「ネゴシアンワインメーカー」の先駆者
現在、エリック ジェルマン(エノログ)とマルコ カスケーラ(輸出・販売担当)を中心に運営しています。エリックはヴァンサン ジラルダンの醸造責任者であり、ワイン造りの全てに関わっているキーパーソン。ムルソー生まれのムルソー育ちです。マルコはリヨン出身で、輸出とフランス国内の販売すべてを担当しています。
ワイン造りの哲学は、『畑はなるべく手を加え、醸造はできるだけ自然に。しかし、設備はモダンに。』です。栽培や醸造には、ムーンカレンダーを使っています。畑は昔同様の人の手間をかける一方、醸造ではしっかりとした温度管理のできる完璧な近代設備を持つことが、温暖化していく中で、今後とても重要であると考えています。
エリックはワイン造りの新しいヴィジョンや、アプローチをもたらしました。具体的には“伝統的なワイン造り”という事です。例えば、以前のヴァンサン ジラルダンのワインは非常にリッチで、樽香の強いワインでした。それに対してエリックがもたらした新しいスタイルは、ピュアで、エレガントで、より複雑味のあるワイン。ヴァンサン ジラルダン本人がワイン造りをしていた時代よりも、新樽の比率を極端に減らしています。そして同時に、熟成期間を長くしました。これまで短くて10〜12ヶ月だった熟成期間を、冬を2つ越すほど(約18ヶ月)に長くしました。同じ時期に2つのヴィンテージ分を樽で熟成する訳ですから、もちろん樽の数も今までの倍必要となり、実はこの作業はとてもお金が掛かります。そのため、最初の数年間はとても投資にお金が掛かりました。しかし、エリックがもたらした新しいヴィジョンを実現させるためには必要不可欠な決断だったのです。

 

2018年

10月

18日

今週(10月19日~10月21日)のお買い得品

生粋のジュブレ・

 シャンベルタン生産者!!!

 

当主のルネ・ルクレールはジュブレ・シャンベルタンの畑だけを持っている、まさにジュブレな生産者。最近は息子のフランソワが中心となって畑や醸造の仕事を進めているしょうです。このワインは、もちろんジュヴレ・シャンベルタン村の葡萄を使用。樹齢は35年で、上位のワインと同じ造り方をしています。なので、樽のニュアンスが強くなるのを避けるため、5〜6年樽を使用して、早い段階から楽しめるワインにしています。色、果実味、ボディ共にしっかりとしていて、華麗な味わいは、しっかりピノ好きにはたまらない逸品となっています。秋の夜長にしっとりピノでゆとりの休日を過ごしませんか???

【地方:ブルゴーニュ/タイプ:赤/品種:ピノ・ノワール】(輸入元:㈱稲葉) 

 

 

2014年 ブルゴーニュ・ルージュ

~ルネ・レクレール

 

 

試飲特価¥3,693

エチケットも革新的???

 

シャトー・ド・ジョーは、“大量の安ワイン”という先入感も残っていたルーション地方のワインのイメージを、そのテロワールのポテンシャルを引き出し見事に覆した革新的なドメーヌです。このエチケットもそんな彼のセンスを表現しているのかもしれません。デリケートでパリっとした辛口の味わいは豊かなミネラル感とのバランスが良いです。シラー、グルナッシュだとローヌ地方のような力強いロゼを想像するかもしれませんが、どちらかと言えばスタイリッシュなプロヴァンススタイルに近いですね。【地方:ルーション/タイプ:ロゼ/品種:シラー、グルナッシュ 】(輸入元:豊通食料㈱) 

 

2016年 コート・デュ・ルーション ロゼ

~シャトー・ド・ジョー

 

試飲特価¥2,052

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

10月

13日

10月13日、14日  限定スペシャル有料試飲

「お店もリニューアルしましたので、素敵なブルゴーニュ・・・

いつもやないか~ぃ(^O^)/」

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日10/13()~10/14()

※数量限定無くなり次第終了です。

①『ドーヴィサのスケールの凄さに圧倒されます(≧▽≦) 

 

2016年 シャブリ 

<ヴァンサン ドーヴィサ>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥7,020税込}

<今回の仕入先(輸入元)はラックコーポレーションさん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

②『目利きの天才・二コラ・ポテル氏の作品(^_-)-

 

2014年 ヴォーヌ・ロマネ V.V.

<ロッシュ・ド・ベレーヌ

 

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥10,800税込}

<今回の仕入先(輸入元)は豊通食料㈱さん>

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

①のワイン。ラックコーポレーションさんより一部抜粋

 

 Vincent DAUVISSAT / ヴァンサン ドーヴィサ

 伝統的な樽醸造を守り続ける長熟シャブリの造り手
シャブリには早飲みタイプの白ワインというイメージが定着している。じつのところ、シャブリにもムルソーやピュリニー・モンラッシェ以上に熟成可能なものが存在する。
それがヴァンサン・ドーヴィサとフランソワ・ラヴノーのワインだ。
両者の造りやワインのスタイルはよく似ているが、それはヴァンサンの父、ルネとフランソワが義理の兄弟だから当然ともいえる。

まずはヴァンサン・ドーヴィサから紹介しよう。
1970年代以降、シャブリではニュートラルで生産性のよいステンレスタンクを使った醸造が一般的になったが、ヴァンサンの父、ルネは伝統的な小樽の使用を頑なに守り続けた。
もっとも寒冷なシャブリのこと。冷えきったセラーでは発酵がなかなか始まらないこともあるので、アルコール発酵のきっかけはタンクで行っている。
樽自体、そのほとんどが何年も使用した古樽で、新樽は少ない。また通常のピエス(228リットル)だけでなく、シャブリで昔から使われていたフイエット(132リットル)も見られ、その古典ぶりが強調される。
ただし、当のヴァンサンに言わせれば、樽醸造はとりたててワインの品質を決める、決定的要因ではないらしい。大切なのは畑だと主張する。

ヴァンサンは1998年に3haの区画で実験的にビディナミ農法を始め、その結果が良好なことから2002年にはすべての畑をビオディナミに転換した。目に見えて土壌のバランスが改善され、病気が減り、腐敗果も少なくなったという。
現在、畑の面積は12.35ha。プティ・シャブリから特級レ・プルーズ、そしてレ・クロまで。
1級ラ・フォレは4.53haという、このドメーヌ最大の面積をもつクリマで、区画が分散しているためにそれぞれ性格のバラツキが大きい。すべてをアッサンブラージュすることで複雑味が生まれ、完成度の高いワインになるとヴァンサンはいう。

2018年

10月

12日

今週(10月12日~10月14日)のお買い得品

斬新なエチケット!!!

 

地中海に浮かぶ島、コルシカ島もワインを生産しています。赤とロゼはユーロリーフ認証を取得済みなのですが、この白はまだ申請中で、2020年を予定しているとのことです。ナチュラルで、ピュアさがシャルドネの多種多様さを感じさせます。国際的にも通用するクリーンな味わいに仕上がっています。ちなみに、この生産者はほかのワインもこの系列のエチケットになっています。インパクトは十分ですよ。

【地方:コルシカ/タイプ:白/品種:シャルドネ】(輸入元:㈱ヴァンクロス) 

 

 

2017年 ル・ガラン シャルドネ

~ドメーヌ・ラ・ルヴィエール

 

 

試飲特価¥2,052

この品種100%・・・

それってどうなの~???

 

皮が薄く実が大きい食用ブドウのような外観のアラモン。ボルドーなどで、補助品種として、または、お手軽なワインのブレンド用に造られることが多いこの品種。それが100%だなんて・・・。このドメーヌでは、訪れた方に白よりも先にこちらを出す程、「軽やかなスタイル」の赤ワインとのことなので、100%もある意味ありなんです。フランボワーズなどの酸味がいきいきと感じられ、ベリー系の果実味が心地よいひっかかりのない、心地よさは飲みすぎ注意なワインかもしれません。【地方:ルーション/タイプ:赤/品種:アラモン 】(輸入元:㈱日仏貿易) 

 

2016年 ラ・プレリー

~ドメーヌ・パンジュリエール

 

試飲特価¥2,462

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

10月

06日

10月6日、7日  限定スペシャル有料試飲

10月最初のスペシャルは、素敵なブルゴーニュでお出迎え(^O^)/」

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日10/6()~10/7()※数量限定無くなり次第終了です。

①『スケールは、はるかにブルゴーニュを超えている....プティムルソー?そんな名がよくにあうのではないだろうか(≧▽≦)

 

 

2015年 ブルゴーニュ クロ・デュ・シャトー 

<シャトー・ド・ムルソー>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥6,048税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィラディスさん>

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

②『凄くレアな逸品です。私の大好きなリシャール・マニエールのバックヴィンテージ、10年熟成の味わいは、いかに.....期待が膨らみますね~(^_-)-

 

2008年ニュイ・サン・ジョルジュ 1級レ・ダモド

<リシャール・マニエール

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥11,800税込}

<今回の仕入先(輸入元)は(有)ベリータさん>

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

①のワイン。()フィラディスさんより一部抜粋

 

 Chateau de Meursault/シャトー・ド・ムルソー

 新オーナーによる改革によって生まれ変わった伝統あるシャトー
所有畑のポテンシャルの高さを活かした最高レベルのワイン造りによって、2012年以降は「ブルゴーニュの隠れたダークホース」と評される。

ボーヌの街から南に8km下るとグランクリュ街道沿いに見えてくるのがシャトー・ド・ムルソーである。以前は「建物こそ立派だが味わいに関して特筆すべきことはない造り手」というイメージを持つ人もいたが、現在のシャトー・ド・ムルソーは以前とは全く別物であると断言できる。

変化のきっかけは、2012年にフランスの著名な資産家であり世界2位の流通企業カルフールの筆頭株主でもあるアレイ・ファミリー直系のオリヴィエ・アレイが新オーナーに就任したことである。彼はその潤沢な資金をもとに大きな改革を行った。(中略)こうした短期間での品質の向上は見逃されるはずもなく、「2012年以前のワインとは全く別物。目を見張るほどの素晴らしいワインが存在する(WA誌)」、「以前は衰弱していたが、2012年以降赤も白も印象的な品揃え(アラン・メドー)」、「ブルゴーニュの隠れたダークホース(ジャンシス・ロビンソン)」と各評価誌から称賛を受けている。

もう一つ忘れてはならないのがシャトー・ド・ムルソーの持つ畑のポテンシャルの高さである。その長い歴史の中では、領地の拡大に伴い優れた畑を手に入れてきた背景があり、現在は北のコルトンから南はピュリニー・モンラッシェまでの計60haを所有。そのうちプルミエクリュとグランクリュが23haと3分の1以上を占めている。ムルソーにおいては特筆すべき1級畑であるシャルムの最大の所有者(4.7ha)であり、その半数以上が特に優れているとされる上部にあるということも見逃せない。

「我々は目標とするレベルの半分のところまできた。ネゴシアンはもう相手ではない。我々のライバルはラフォンやルーロたちだ」と語るステファン・フォラン。彼らに肩を並べる日はそう遠くないとWA誌から評されるシャトー・ド・ムルソーの今後に、世界中の注目が集まっている。

2018年

10月

04日

今週(10月5日~10月7日)のお買い得品

2017年は

特別キュヴェ

 

通常はこのワインヴィオニエ、シャルドネ、ソーヴィニオンブラン各1/3といったブレンドのワインなのですが、輸入元いわく、2017年はひとつ上のキュヴェの中身で入荷してきたと・・・なので、この年はとってもお得感が満載になっています。

アカシアやパイナップルのアロマ。新鮮な白い果実、ライチのような口当たり。レモン風味の酸がワインを引き締めています。【地方:ラングドック/タイプ:白/品種:ソーヴィニヨン・ブラン】(輸入元:㈱シュヴァリエ) 

 

2017年 レ・ゾー・ド・フルーレンス

 

 

試飲特価¥2,052

それってどうなの~???

 

クロヴァロンでは、南仏のワインでありながら果実味、フィネス、冷涼感、エレガントさを備えた現代的なスタイルで造られています。欧米では、南部に強いローズマリー・ジョージMWなどを筆頭に、フランス、イギリス、アメリカで既に高い評価を受けています。日本でもワインジャーナリスト山本昭彦さんのワインレポートで、「ラングドックのお値打ちピノ・ノワール。驚きのピノ・ノワールに、久しぶりに出会った。」として取り上げられ、ワインラバーを中心に大きな反響を呼びました。

しかし、この2017年はドメーヌのピノ・ノワールの区画が霜害でワインが生産できなかったため、クロヴァンロンの隣で同じビオディナミを実践する造り手からブドウを調達して、ドメーヌで醸造したキュヴェがリリースになりました。と、いつもとは違うブドウを使っているので、この年は飲んでみなくちゃわかりませんな感じなんです。【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:ピノ・ノワール 】(輸入元:㈱VIVIT) 

 

2017年 ピノ・ノワール“ル・ヴァロン”

~ドメーヌ・ド・クロヴァロン

 

試飲特価¥2,718

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

9月

28日

9月29日、30日  限定スペシャル有料試飲

「今月も、もう終わりですね...この分だと一年もあっという間(>_<)

のこり三ヶ月もやっぱり飲むしかないね~(≧▽≦)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日9/29()9/30()※数量限定無くなり次第終了です。

①『私の未経験の造り手です。

なかなかの人気らしい?....

どんなだろう、

飲んでみないとね解らないよね(~_~;)

 

2015年シャブリ・プルミエ・クリュ

(1) レ・ヴォードヴェイ

 

<ジュリアン・ブロカール>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥6,264税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィラディスさん>

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

②『シャサーニュ美味さは白だけじゃないよ...

近年の赤はスゴーク上質のような?

試してみよう~(*^^)v

 

2014年シャサーニュ・モンラッシェ・

コンシ・デ・シャン・ルージュ

<ドメーヌ・オー・

    ピエ・デュ・モンショーヴ>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥8,100税込}

<今回の仕入先(輸入元)は㈱ヴァンクロスさん>

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

①のワイン。()フィラディスさんより一部抜粋

 

 Julien Brocard/ジュリアン・ブロカール

 ジュリアン・ブロカールはもともとパリでエンジニアとして働いていたが、1997年にシャブリに戻り父が興した大ドメーヌ、ジャン・マルク・ブロカールを引き継ぐ。2代目当主となった彼は、ワイナリーに隣接するドメーヌ・ド・ラ・ボワッソヌーズと呼ばれる11haの単一区画でビオディナミの手法を取り入れることを決意するが、その理由はビオディナミを実践するマルク・ギユモのマコン・クレッセを飲んでその味わいに大変感動したからである。父と意見の相違がありながらもビオディナミを実践する中でジュリアンは畑の土壌が活発化し、テロワールそのものを表現しやすくなっただけでなく、ブドウがより活力にあふれ味わいそのものが格段に向上したことを実感する。そして2012年、より自分の理想に近いシャブリを追求するために、自身の名を冠したジュリアン・ブロカールというドメーヌを設立した。

2018年

9月

27日

今週(9月28日~9月30日)のお買い得品

レアワインがこちらに登場!!!

 

A&P ド・ヴィレーヌは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの共同経営者であるオベール・ド・ヴィレーヌが、妻のパメラとともにコート・シャロネーズのブーズロンに展開するドメーヌです。Aはオベール、Pはパメラのイニシャルだったのですが、なんと、この2014年を最後にA&Pが消えて、ドメーヌ・ド・ヴィレーヌに変更になります。それは、彼ら夫婦がブルゴーニュが世界遺産に登録されるのに、忙しく、甥が実質取り仕切っているからだそうです。さて、このレ・クルーはさまざまな区画のブドウを使用。斜面が南向きで日当たりがよく完熟するが、比較的樹齢が高いことから、ミネラルのしっかりしたワインが生み出されます。現行は2016年なので、2年の熟成でワインがどう変化したのかが、楽しみな逸品です。【地方:ブルゴーニュ/タイプ:白/品種:シャルドネ】(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2014年 ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ レ・クルー・エメ

~ドメーヌ・アー エ ペー ド ヴィレーヌ

 

試飲特価¥4,104

2017年のブルゴーニュはいかに!!!

 

ジュブレ・シャンベルタンに特化した生産者が造る、ブルゴーニュ。早くも2017年がお目見えしました。もともと、リリースの早い方なのですが、先日ご案内したボジョレ・ヌーボーが2018年と考えるとなんだか不思議な気もします。まずは、どんな感じになっているのかを確認してみませんか???【地方:ブルゴーニュ/タイプ:赤/品種:ピノ・ノワール 】(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2017年 ブルゴーニュ・レ・ジュネヴリエール

~フレデリック エスモナン

 

試飲特価¥2,770

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

9月

25日

今年は11月15日解禁!!!

ボジョレー・ヌーボー ご予約承ります♪♪♪

BEAUJOLAIS NOUVEAU 

 

2018

2018年も天候が安定していたそうです。

これは、良いワインが出来る予感♪

 

どれも本数限定ですので、ご予約はお早目に!

3本以上

お買い上げで10%OFF

(ルロワのみ割引対象外)

 

ドメーヌ・ローラン・ペラション・エ・フィス

 ボジョレー・

 ヴィラージュ・

 ヌーボー 2,680

 1877年創業。ムーラン・ナヴァンやモルゴンなどに畑を持ちます。6代目 のローラン氏はシャトー・オーゾンヌで研鑽を積み、ワイナリーの理念と しては、「先祖代々が行ってきたワイン造りの追求」だそうです。樹齢5070年のブドウを使った、しっかりとした果実と奥深い旨味をもつヌー ボーになるようです。

 

リジュレ

ボジョレー・ ヴィラージュ・ VV プリムール 2,800

VVという、樹齢の古い樹のブドウだけで作られた、より深くお いしいワインが出来上がるワンランク上のプリムール。その他大 勢の早飲みがお決まりのヌーボーとの違いを明確にするため「プリムール」を冠しています!

 

バラック・ド・ラ・ペリエール

ボジョレー・ヌーボー ロゼ3,250

1574年からある歴史ある生産者。ロゼは一部の生産者しか造っていない とても珍しいヌーボーです。フルーティで爽快な味わいが特徴です。

 

ポテル・アヴィロン 

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー3,800

ブルゴーニュの醸造家「二コラ・ポテル」とボジョレーの「ステファ ン・アヴィロン」のコラボ。ブルイィの近くのブドウを使用。しっかり ヌーボーを造ります。

 

クリストフ・コルディエ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー V.V. 4,000

 

フランス国内でも販売されない、日本のみでの限定販売です。マコネ地 区トップメーカー。収量を1ha辺り20ヘクトリットル。圧倒的な濃縮度 を誇る、樹齢60年のブドウのみを使用しています。低収量に抑え、完熟 したブドウから凝縮感溢れるボジョレー・ヌーヴォーです。

 

ルロワ ボジョレー・ ヴィラージュ・ヌーボー 4,500

DRCとも肩をはる生産者「ルロワ」そんな彼女のこだわりが詰まった超希少プレミアムヌーボー。

 

ボジョレー・ヌーボー 2018 ご案内.pdf
PDFファイル 703.5 KB

2018年

9月

22日

9月22日、23日  限定スペシャル有料試飲

おぉぉぉ...世間は、またまた三連休!」 飲むしかないね~(o)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日9/22()9/23()※数量限定無くなり次第終了です。

①『ようやくボルドーの旨い季節...

私の好きな2003年ポムロールでスタート、官能的なメルロであってほしい(≧▽≦)

 

2003年シャトー・ボールガール

<ポムロール>

 

{ボルドー//品種:メルロ70%、カベルネ・ソーヴィニョン30%/

小売価格¥9,720税込}

<今回の仕入先(輸入元)()アストルさん>

 

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

②『最近のメオ、F&Sシリーズは

かなり美味しくなっているような...

うれしいかぎりでございます。(^<^)

 

2016年フィサン

<メオ・カミュゼF&S

 

{ブルゴーニュ//

品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格¥8,640税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)

㈱フィネスさん>

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

2018年

9月

20日

今週(9月21日~9月23日)のお買い得品

ピノロゼはとってもエレガント♪

 

2013年が初リリースのロゼ。なかなか珍しい逸品です。ヴォーヌ・ロマネの生産者で女性醸造家です。彼女の女性らしい繊細さはワインに表現され、エレガントで心地の良い酸味とのバランスが絶妙で、ロゼを好きな方はもちろん、普段はなかなかロゼを飲まないなんて方でも、楽しめる本格的なワインです。上のクラスもシュリュグがおススメですが、「今」楽しむならロゼで十分ですね。

 

【地方:ブルゴーニュ/タイプ:ロゼ/品種:ピノ・ノワール】(輸入元:㈱AMZ) 

 

2017年 ブルゴーニュ・パストゥグラン・ロゼ

~ドメーヌ・ロベール・シュリュグ

 

試飲特価¥3,334

イメージはヌフパプ???

 

『ルロワを連想させる手法で、ナチュラルかつ エキスたっぷりのローヌブレンドをものにしている。』とコメントされるのは、ブルゴーニュのビオディナミの最高峰「ルロワ」と栽培、醸造などの共通点が多いことから言われたそうです。ブルゴーニュファンとしては「むむむ」と気になってしょうがないワインなので、今回ご紹介となりました。品種はローヌブレンドと呼ばれる品種達で、それをこの価格で、より高いランクへと変貌させているのが、驚きです。

プラムやチェリー、スパイスなどの複雑な香り。口中には、しっかりと熟した 果物や灌木、香辛料などの風味が感じられる。タンニンは絹のように柔らかい。カトリーヌ・ ロックのワインの特徴である、ブルゴーニュ的なフレッシュ感とエレガントさが感じられる味わい と⻑い余韻。 Le Presbytèreル・プレビテールとはキリスト教の司祭の館のこと。ドメーヌの中に、かっての村 の司祭の館があり、現在、その石造りの丸天井の建物の中でマス・ダルゾンのワインを熟成 させていることから、キュヴェ名がル・プレビテールと命名されました。

【地方:ラングドック/フォジェール/タイプ:赤/品種:リュドナー・ペルト(グルナッシュの亜種で腐敗に強い)&グルナッシュ45%、サンソー45%、カリニャン10% 】(輸入元:㈱VIVIT) 

 

2016年 ル・プレビテール~マス・ダルゾン 

 

試飲特価¥3,046

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

9月

15日

9月15日、16日  限定スペシャル有料試飲

おぉぉぉ...世間は、三連休でしたね」 これはもう飲むしかないね~(o)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日9/15()9/16()※数量限定無くなり次第終了です。

①『若い頃、ワインブローカーの外人さんが言ってな...

ヴァンサン・ピナールのピノは、

ロワールのロマネコンティだ!...

本当かね(~_~;)???

 

2012年サンセール・ルージュ

<ヴァンサン・ピナール>

{ロワール//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥6,264税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)()稲葉さん>

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

  ②『サンセールは、大昔は

海底です。ミネラル分に富んだ土壌から...トップクオリティ、

ピュアなワインが生まれます(^^

 

2014

サンセール・キゥヴェ・ニュアンス

<ヴァンサン・ピナール>

{ロワール//品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%/小売価格¥5,940税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は㈱稲葉さん>

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

①②のワイン⇒()稲葉さんより一部抜粋

 VINCENT PINARD/ヴァンサン・ピナール

 ヴァンサン ピナールは、サンセールを産する14の村のうちのひとつ、ビュエ村に拠点を置く造り手で、現在はヴァンサンの息子のフローランとクレマンの兄弟が指揮を執っています。彼らのワイン造りの哲学は、テロワール、そして周囲の環境を尊重し、自然でオーガニックな方法を採ることです。畑の微生物や昆虫、野鳥の命を危険にさらしたくないと考えているからです。畑作業の多くは、手作業で行っています。品質を高めるため、剪定を短くし、グリーンハーベストを行い、収量を低く抑えるようにしています。

 

2018年

9月

13日

今週(9月14日~9月16日)のお買い得品

ボルドー祭り開催♪

 

グラーヴ地区ポルテにあるシャトー・カバニューは、グラーヴでも歴史の古い家族経営のシャトーです。 1800年代後半、ワインガイド「エディション・フェレ」において«Première Catégorie» や «Cru Exceptionnel »といったカテゴリーに分類されるなど高い評価を受けており、また、1939年にはアメリ カ・ニューヨーク州においてグラーヴを代表する白ワインとして公認されたという、古くからフランス国内外で人気のあったシャトーです。
 
セミヨンの丸みとソーヴィニョン・ブランの柑橘系の爽やかさ、新樽熟成による芳醇な風味が楽しめる リッチ感のあるボルドー白ワインのお手本のような味わい深いグラーヴの白ワインです。 今回は本数限定の特価にてご案内です。

 

【地方:ボルドー/グラーヴ/タイプ:白/品種:セミヨン80%、ソーヴィニヨン・ブラン20%】(輸入元:㈱アストル) 

 

2016年 シャトー・カバニュー・ブラン

 

通常価格¥3,02420%OFF¥2,419

熟成ボルドーは秋味

 

サンジュリアンの4級シャトー、CH ブラネールデュクリュの総支配人ジャン・ドミニク・ヴィドー氏が作ったプライヴェートワイン!。2009年は当時から注目のヴィンテージだったのですが、約10年の熟成を経て、官能的でリッチ、表現豊かな果実が感じれるボルドーの熟成した良い所が詰まったワインになっています。

【地方:ボルドー/メドック/タイプ:赤/品種:カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロ48%、プチヴェルド2%、カベルネ・フラン2%】(輸入元:豊通食料㈱) 

 

2009年 シャトー・カンピヨ

 

 

試飲特価¥3,078

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

9月

08日

9月8日、9日  限定スペシャル有料試飲

❝「素敵に美味でしょう~」これはもう...売り切れ御免になるかも???...

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

★開催日9/8()9/9()※数量限定無くなり次第終了です。

『最近の個人的に好きな

生産者のひとりです。

シャルムで1万はお安いのでは...是非お試しあれ!

 

 

2015

ムルソー1級シャルム

<ドメーヌ・ジャン・マリー・ブズロー>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥10,800税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

  『言うまでもなく

人気ブランドですね...

熟成が楽しみですけど...

贅沢に若いうちから

飲んでみましょう。』

 

2015年モレ・サン・ドニ

<ドメーヌ・デュジャック>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥10,800税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は㈱ラックコーポレーションさん>

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

 

①のワイン⇒()フィネスさんより一部抜粋

 DOMAINE JEAN-MARIE BOUZEREAU/ドメーヌ・ジャン・マリー・ブズロー

 

ブズロー家はムルソーで10世代以上の長きに渡って葡萄栽培を続けている生産者で現当主ジャン マリー氏はボーヌの醸造学校を卒業後、アメリカとオーストラリアのワイナリーで研修を行って経験と見識を積み、1994年にドメーヌに参入しました。彼には2人の祖父がいてそれぞれムルソーとヴォルネーの葡萄栽培家だったので、その畑を引き継いでヴォルネー、ポマール、ボーヌの赤ワインを、ムルソー、ピュリニーの白ワインを造っており、現在は9haの畑を所有しています。  畑は自然環境を尊重して出来るだけ農薬を使わないリュット レゾネ農法。シャルドネは手摘みで収穫後すぐに圧搾してから24時間掛けて低温で澱引き。その後、228ℓの樫樽に移して21℃で数週間アルコール醗酵をし、12ヵ月以上熟成させて軽くフィルターに掛けてから瓶詰します。

 

2018年

9月

06日

今週(9月7日~9月9日)のお買い得品

秋のローヌはシラーで決まり♪

 

9月に入って、日中は暑いかもしれませんが、朝晩の涼しさが、「秋」到来と思わせる日々になりました。となると、やっと、赤ワインの出番となるのでは???それも、これこれ!!!と思えるようなパワフル型を今回はご案内です。

フローラル、スパイスの香りが溢れ、とてもバランスが良く、シルクのように滑らかなタンニン。若い時でも楽しめるのですが、この夏をひとつ超えて、ちょっとだけ熟成したこちらは、エレガントさとパワフルさを両立させた赤ワインとなっています。脂ののった牛肉のステーキなんかとご一緒にいかがでしょうか?

【地方:ローヌ/タイプ:赤/品種:シラー】(輸入元:㈱ジェロボーム) 

 

2015年 クローズ・エルミタージュ

~ドメーヌ・レ・アレクサンドラン

 

試飲特価¥3,693

豊漁なさんまとご一緒に

 

ワイナリー名は、プロヴァンス語で修道女(ムルグ)と丸石(グレ)を意味し、現当主フランソワ・コラールは、醸造学を学んだのちシャトー・ラフィット・ロートシルトで修行を重ねたワイン造りの名手。ピュアで弾けるような果実味を出すために、醸造中はSO2を使用せず、瓶詰時のみごく少量添加します。ロゼでもしっかりめのドライな仕上がりなので、北海道のサンマのような脂ののった焼き魚との相性がいいんですよね。食事のお供にいかがですか?【地方:ローヌ/タイプ:ロゼ/品種:グルナッシュ主体・ムールヴェドル・シラー】(輸入元:㈱飯田) 

 

2016年 シャトー・ムルグ・デュ・グレ・フルール デグランティーヌ

 

 

試飲特価¥1,846

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

9月

01日

9月1日、2日  限定スペシャル有料試飲

9月最初ですから贅沢にスペシャルは3種類で... 「三羽の鳥ラベル達」です

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

★開催日9/1()9/2()※数量限定無くなり次第終了です。

『ジュラよりペリカン 

ブルゴーニュ、ヴォルネーワインの名手

マルキ・ダンジェルヴィルが手掛ける

アルヴォワ!

 

2015年アルボワ・サヴァニャン・ウイエ<ドメーヌ・デュ・ペリカン>

{ジュラ//品種:サヴァニャン100%/

小売価格¥5,940税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

 

『ブルゴーニュよりニワトリ 

ブルゴーニュの奇才!

フィリップ・シャルロパン氏を父に

持つヤン・シャルロパン氏、

人気沸騰中です!

2015年ペルナン・ヴェルジュレス

<ドメーヌ・シャルロパン・ティシエ>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥6,480税込}

<今回の仕入先(輸入元)は㈱ラフィネさん>

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

『ローヌよりヤマシギ このアペラシオン最上のワインと言える

モルドレのリラックは

10年の熟成で

どんな顔をみせるか???

 

2008

リラック・レーヌ・デ・ボワ

<ドメーヌ・モルドレ>

{ローヌ//品種:グルナッシュ、

シラー、ムールヴェードル/

小売価格¥7,776税込}<今回の仕入先(輸入元)は㈱フィラディスさん>

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

 

①のワイン⇒()フィネスさんより一部抜粋

DOMAINE DU PÉLICAN /ドメーヌ・デュ・ペリカン

このドメーヌはヴォルネー村でワイン造りをしているドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルの当主ギョーム ダンジェルヴィル氏と醸造責任者のフランソワ デュヴィヴィエ氏が、ブルゴーニュのような素晴らしいテロワールのワインを造りたいという探究心から2012年にジュラ地方アルボワの町に隣接するモンティニー レ アルスール村に設立しました。......

なぜ「Pélican(動物のペリカンのこと)」というドメーヌ名が付けられたかはアルボワの歴史を振り返る必要があります。  15世紀末、神聖ローマ皇帝だったハプスブルグ家出身のマクシミリアン1世は従者と共にアルボワに滞在したことがありました。当時は異国の動物を飼う事が貴族のステータスとなっていたため、マクシミリアン1世も異国の動物をアルボワに連れてきていました。その動物の中には南国の鳥であるペリカンも含まれていましたが、不幸なことに1羽のペリカンがアルボワ滞在中に死んでしまいました。

その死を大いに悲しんだマクシミリアン1世はこの「皇帝ペリカン」を忘れないためにアルボワの町のエンブレムをペリカンにするように定めたのです。

また、彼の妻であるマリーは最後のブルゴーニュ公シャルルの一人娘で、夫婦一緒にペリカンを連れて散歩をしていたため、ペリカンはアルボワとブルゴーニュを繋ぐ架け橋の役割も果たしていたと言われています。当時ブルゴーニュ公が所有していたヴォルネーの1級畑「Clos des Ducs(クロ デ デュック)」は現在ドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルが単独所有しています。

そのブルゴーニュ公の後を継いだドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルがアルボワでワインを造る、つまりブルゴーニュとアルボワが時を越えて再び繋がるということになるので、架け橋であった「Pélicanペリカン」をドメーヌ名に採用することになりました。

2018年

8月

30日

今週(8月31日~9月2日)のお買い得品

プチサンセールのようなエレガントさ

 

サンセールの土壌とテロワールの違いにこだわったワイン造りに取り組んだ新生ドメーヌ。そのドメーヌ名も、サンセールの土壌にちなんだ名前なのだから、ものすごいこだわり様です。このワインはそのサンセールのすぐ北に位置する、コトー・デュ・ジェノワ。なので、お値段が抑えめなんですが、中身はなかなかの本格派。ソーヴィニヨン・ブランのお手本となる素晴らしいアロマとミネラルのタッチを備えたワインとなっています。フレッシュハーブの生き生きとしたアロマに白い果実のフローラルな香り。柔らかな果実に細かな酸。余韻にはスモーキーさが漂う。(輸入元:㈱フィラディス) 

 

2016年 アルシミー

~ドメーヌ・ド・テール・ブランシュ

 

試飲特価¥2,667

濃いめなピノも

たまりません♪

 

今月の始めころに、この方のブルピノをご案内したのですが、それが、とても好評だったので、今回はいっこ上のランクをご案内。平均樹齢60年。プルミエクリュに囲まれた村名畑のクロ・デ・オートを中心に、古樹の3区画をブレンド。サントネイは、コート・ド・ボーヌの最南端に位置するので、南らしい、滑らかな果実に彩られた味わいは一層表情豊かで、地に足ついた旨みがフィニッシュまでずっと続きます。照り焼きのような、コクのある和食との相性がいいですかね。(輸入元:㈱フィラディス) 

 

2016年 サントネイ V.V. 

~リュシアン・ミュザール・エ・フィス

 

試飲特価¥4,001

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

8月

25日

8月25日、26日  限定スペシャル有料試飲

❝今週は メオvs.メオ...???⇒フランスメオvsU.S.Aメオ!!!❞

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲】

★開催日8/25()8/26()※数量限定無くなり次第終了です。

『メオ(ジャン・メオ)がオレゴン州で手掛けるワインです

 

左:①2014年ピノ・ノワール ウィラメットヴァレー

<二コラ・ジェイ>

{アメリカ/オレゴン/赤/品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥9,720税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

 

『メオのネゴシアン部門・・・完成されたブルゴーニュです

 

右:②2016年 マルサネ<メオ・カミュゼ F&S>

 

{ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥7,560税込}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

 

①のワイン⇒()フィネスさんより一部抜粋

 

ウィラメット ヴァレーのビショップ クリークの畑

 

 経済学を学ぶため、アメリカに留学中だったジャン ニコラ氏のクラスメイトにジェイ ボバーグ氏の妹が居たことが2人の出会いのきっかけでした。彼らはすぐに意気投合してお互いワインへ情熱を傾けることになり、ジャン ニコラ氏は故郷のヴォーヌ ロマネに戻ってドメーヌを継ぎました。その後も度々アメリカを訪れ、オレゴンのウィラメット ヴァレーの気候風土がブルゴーニュに共通するものを持っていると感じ、オレゴンワインの将来に興味を抱くようになりました。2012年、長年オレゴンワインの可能性を探っていたジェイ ボバーグ氏からウィラメット ヴァレーでのワイン造りの話を持ちかけられ、ジャン ニコラ氏はヴォーヌ ロマネで培った知識と経験をオレゴンのピノ ノワールに注ぐことを決意。そしてアメリカを始め様々な地域でワイン造りを経験し、ジャン ニコラ氏&ジェイ ボバーグ氏と同じ情熱と精神を持つトレーシー ケンダル女史がチームに加わり、「Nicolas-Jay」は完成しました。

 「Nicolas-Jay」のワインに使われるピノ ノワールはウィラメット ヴァレーの中心にあるビショップ クリークと呼ばれる畑に植えられています。ワイン造りはジャン ニコラ氏の指導の下、トレーシー ケンダル女史が中心となって伝統的なブルゴーニュの手法で行われています。手摘みでの収穫後は葡萄が潰れないように小さな容器に入れて醸造所まで運び、選別台で厳しく選別します。アルコール発酵は樫樽で21日間行い、ワインに固さを出さないように圧搾も軽めに抑えてシルクのように滑らかな舌触りになるよう努めています。その後、新樽32%のフレンチオークで15ヵ月間熟成させてワインに厚みや深みを与えています。

2018年

8月

23日

今週(8月24日~8月26日)のお買い得品

タヴェルの弟分的ロゼ

 

ギガル社の創業は戦後間もない1946年。その後わずか半世紀にして北部ローヌ有数の生産者へと急激に大成長を遂げました。今では、ローヌのヴァラエタル豊かなラインナップとして、超高級から、お手軽までを担っています。今回はもちろんそんなお手軽からのご案内ですが、ローヌではまだまだ珍しいロゼをご案内。ギガルはロゼだと、ローヌの高級ロゼとしてタヴェルがあるのですが、こちらは、もっとざっくりとした、ローヌなので、早飲みできるのがとってもいいんです。グルナッシュを主体にサンソーとシラーをブレンド。赤ワインでも濃くなる品種をバランスよく抽出しているので、フレッシュで生き生きとした、ラズベリーや赤スグリなど赤い果実のアロマ、フルーティでまろやかな味わいが堪能できます。大ドメーヌらしい安定の味わいをご賞味くだいさい。

(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2015年 コート・デュ・ローヌ ロゼ~E ギガル

 

試飲特価¥2,052

 

 

 

ひさびさの薄旨ぁ

 

シャントレーヴは日本人女性醸造家の栗山朋子さんと、そのパートナーであるギヨーム・ボットのふたりが、2010年ヴィンテージにスタートさせた、サヴィニー・レ・ボーヌを本拠地とするネゴシアンです。なかなかの人気で、当店でも入荷したのは数える程です。で、やっとある程度の本数が確保出来たので、この度のご案内となります。

初ヴィンテージの2010年ブルゴーニュ・ピノ・ノワールは、早くも英国の著名ワインジャーナリスト、ジャンシス・ロビンソン女史の目にとまり、彼女のウェブサイトで「今週のワイン」に取り上げたほどだそうです。日本人女性の細やかなセンスと銘醸蔵で研鑽を積んだパートナーのサポート、そして約束の土地であるブルゴーニュが紡ぎ出す、洗練されたワインたちとなっています。このワインは、ピュリニー・モンラッシェ村のブルゴーニュAC内で栽培されたピノ・ノワールを醸造。2016年は生産本数が激減したとのことで、どれも苦戦のようですが、お先に試飲しました所・・・ラズベリーや赤スグリなど新鮮な赤い果実のアロマがピュアに香り、きれいな酸味とシルキーなタンニン。淡さの中に旨味がギュッと詰まったエレガントなスタイルです。日本人女性の細やかなセンスが生きる上品な仕上がりのブルゴーニュですね。(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2016年 ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

~シャントレーヴ

 

試飲特価¥3,694

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

8月

17日

8月18日、19日  限定スペシャル有料試飲

❝まだ夏休みですか???...ラストは当店の王道ブルゴーニュで〆ましょう~

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲】

★開催日8/18()8/19()※数量限定無くなり次第終了です。

『ジュヴレやじゃないよジヴリーだよ!

マイナーと思われがちですが...かなり

いっちょ前な白ですな(≧▽≦)

 

2015年 ジブリー 1

     ラ・グラン・ベルジュ

<ドメーヌ・デュ・クロ・サロモン>

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/

小売価格¥5,940税込}

<今回の仕入先(輸入元)()ラフィネさん>

 

お試し◆glass(100ml)→1,000(税込)

『ブルゴーニュの奇才!

フィリップ・シャルロパン氏を父に持つヤン・シャルロパン氏、

人気沸騰中です!

 

2015年 マルサネ

     レ・ロンジュロワ

 

<ドメーヌ・シャルロパン・ティシエ>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥6,804税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は㈱ラフィネさん>

 

 

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

 

①のワイン⇒()ラフィネさんより一部抜粋

 

Domaine du Clos Salomon (Givry)/ドメーヌ・デュ・クロ・サロモン (ジヴリー村)

 

ロマネ・コンティと並びドメーヌ名に単独所有の畑名を例外的に名乗ることを許されている生産者です。最近の流行と思われたくないために、ビオロジックながらもビオとは掲げていません。単独所有畑『クロ・サロモン』は特殊なカルクソル土壌で、ワインはフレッシュな柑橘系の独特な酸味を纏っています。

2018年

8月

17日

今週(8月17日~8月19日)のお買い得品

夏はロワール

 

1893年に創設された歴史あるメゾン「マルク・ブレディフ」。ワインのカーヴとしは、16世紀から使われているという、「伝統」といった言葉がしっくりくるメゾンで、ロワールのシュナン・ブラン種の特長を最大限に引き出すワイン造りをしています。

と、先週ご案内したので、今回は、

シュナン・ブランのスパークリング、「ヴーヴレィ」をご紹介。旨味感の強いしゅわしゅわなんですが、上品さも兼ね備えているので、これだけで、楽しんでも良し、食事との相性、それも和食との相性がバッチリですし、なんと、泡が消えてしまっても、ちょっとビターな白ワインになってなかなか乙なんですよね。

(輸入元:ブリストル・ジャポン㈱) 

 

ヴーヴレイ・ブレディフ・ブリュット

  ~マルク・ブレディフ

 

試飲特価¥3,078

やっぱりピノ

 

夏休みもそろそろ終盤となりまして、来週から本格始動なんて方々もいらっしゃるようですね。そんな「社会復帰???」を前に元気なワインでエナジーチャージといきませんか?元気といっても、強いワインだと、暑い季節はなかなか気持ちが乗ってきませんが、ひんやりとした温度帯で楽しむピノは、赤ワ

インでも軽やかさと、香りの良さが楽しめ、かつ、この2016年のワインはフレッシュな分、元気いっぱいといった力を感じられます。

鉄板なおつまみになりますが、ローストビーフなんかと一緒に飲みたいワインですね。

(輸入元:フィネス㈱)

 

 

2016年 ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

~ジャン・マリー・ブズロー

 

試飲特価¥3,591

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

8月

10日

8月11日、12日  限定スペシャル有料試飲

❝世間は、夏休みですからねぇ...

たまには変わりとごろをチョイス!~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲】

★開催日8/11()8/12()※数量限定無くなり次第終了です。

『想像つかない...

マカブー100%ってどんな味???....しかも45%のブドウは樹齢は95年以上という古木!(o)/!

 

2016年 ピ・ヴェル

<ドメーヌ・ル・ロック・デ・ゾンジュ>

{ルーション//品種:マカブー100%/

小売価格¥8,100税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、セパージュ()さん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

 『コチラもルーションです。ローヌのサン・ジョセフのようなシラー???2012....熟成感でてるといいな(^-^;

 

2012年レ・ミランド<ドメーヌ・ダンジュ・バネッシ>

{ルーション//品種:シラー100%/小売価格¥6,048税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、セパージュ㈱さん>

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

 

 

①のワイン⇒セパージュ()さんより一部抜粋

20haのこのドメーヌは、2001年に23歳のMarjorie Galletによって創設されました。彼女はコート・デュ・ローヌの近くで育ったのですが北部ローヌでYves CuilleronPierre Gaillardの指導の下、Montpellierで学位を取りました。ドメーヌはAgly谷にあり浅いシストの土壌にあります。Forca Real Mountain30もの区画に囲まれたこの地は海風と湿気からブドウを守ってくれます。

45%のブドウは樹齢95年以上という古木でMarjorieはこのテロワールを表現するのは、こうした古木のオートノミーに任せておけばいいと信じています。.....

2018年

8月

09日

今週(8月10日~8月12日)のお買い得品

牡蠣限定では

ありませんから(笑)

 

1893年に創設された歴史あるメゾン「マルク・ブレディフ」。ワインのカーヴとしは、16世紀から使われているという、「伝統」といった言葉がしっくりくるメゾンで、ロワールのシュナン・ブラン種の特長を最大限に引き出すワイン造りをしています。

ですが、今回紹介するのは、それではなく、ムロン・ド・ブルゴーニュ(別名ミュスカデ)のワインをご紹介します。爽やかで溌剌とした洗練さが心地よく、もちろん、名前の通り、牡蠣と一緒に飲んでもらうためなのでしょうが、日本の魚介類のレベルの高さから考えると、甲殻類のお料理もおススメできるので、牡蠣だけではもったいないワインになっています(輸入元:ブリストル・ジャポン㈱) 

 

2015年 ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・ シュル・リー・ロワイヤル・オイスター

~マルク・ブレディフ

 

試飲特価¥2,565

このおっさん、

気になる~~~

 

シレーヌとはギリシャ神話の酒の神「バッカス」の養父の名前が由来なので、このおっさんはその養父なんでしょうね・・・。勝手な想像ですが、こんな人酒場にいそう(笑)と思ってしまいました。

と、エチケットから話をワインに戻しましょう。ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクションは当店ではお馴染みのローヌの巨匠が造るネゴシアン部門です。しなやかで滑らかな果実味とシラー独特のパンチのきいた風味がアクセントになった赤ワインで、先ほどが甲殻類なら、これは

まさに牛肉、それも上品なサシのはいったようなものとは、逆の「肉肉しい」部位を炭火でローストといったワイルドさがぴったりです!!!

(輸入元:フィネス㈱)

 

2016年 クローズ・エルミタージュ シレーヌ

~J.L シャーヴ・セレクション

 

試飲特価¥3,591

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

8月

04日

8月4日、5日  限定スペシャル有料試飲

❝猛暑(>_<)クールダウンにぴったりチョイスでございます(^_-)~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

8/4(土)~8/8/4(土)~8/5(日)※数量限定無くなり次第終了です。

 『ロワールの巨匠ラドゥセット男爵が

手掛けるシャンパーニュ。』

 

①NV

コンテス・ラフォン・ブリュット
<コンテス・ラフォン>
 

 {シャンパーニュ/白/品種:シャルドネ40%、ピノ・ノワール40%、ピノ・ムニエ20%/小売価格¥8,100税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、ブリストルジャポン(株)さん> 

 

お試し◆glass(80ml)→¥1,000(税込)

 『シャサーニュは白だけじゃないよ...

軽やかなでしなやかなさに

魅了の赤が旨い!』

 

 

2014年

シャサーニュ=モンラッシェ・

ルージュ

1級クロ・ド・ラ・マルトロワ
<ドメーヌ・

    ミッシェル・ニーロン> 

 {ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール/小売価格¥8,640税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱オルヴォーさん> 

 

お試し◆glass(80ml)¥1,000(税込)

★★★★Domaine Michel Niellon⇒(株)オルヴォーさんより一部抜粋★★★★
 

正規ルートでも見かけないニーロンのシャサーニュ赤となります。久しぶりの入荷となりました。
かつて半分以上に赤が植えられていたシャサーニュ=モンラッシェ村ですが“モンラッシェ”の名前に由来する需要の為か、多くのピノ・ノワールが(土壌が不適合にも関わらず)シャルドネに改植されてしまいました。
需要と供給のバランスなのでしょうが、ロディエもラヴァルもジャスパー・モリスも赤の方に軍配を挙げるマルトロワやモルジョの一部、クロ・サン・ジャンの1級畑。ニーロンのような偉大な造り手であっても、日本では日の目を見ずに知られることすらないのは残念です。試飲出来てはいませんが、2014年ヴィンテージの個性は名手によるシャサーニュ=モンラッシェ・ルージュの肩肘張らない柔らかさ赤系果実の開放感、不足の無いストラクチャーと飲み手に緊張感を与えない親しみやすさのあるワインに仕上がっています。
このヴィンテージは個人的に試飲出来ておりませんが、いつも両者を比較すると果実味が充実していながら重苦しさがなく伸びやかなクロ・ド・ラ・マルトロワ、タンニンがよりシルキーで冷涼感のある硬質な構造のクロ・サン・ジャンというイメージです。

 

2018年

8月

02日

今週(8月3日~8月5日)のお買い得品

黒ブドウ主体のしゅわしゅわ

 

ピノ・ノワール80%、シャルドネ10%、ピノ・ムニエ10%と黒ブドウ主体のブレンド。年間生産本数8000本。瓶内熟成8か月。フランス国内消費が80%と輸出はわずかなので、なかなかよそでは出回らないスパークリングです。爽やかな果実味とフレッシュな酸味が広がり、きめ細やかな気泡が心地よく広がります。(輸入元:㈱ベリータ) 

 

クレマン・ド・ブルゴーニュ

~ドメーヌ・パンシオ

 

試飲特価¥3,078

品種違いを新入荷

 

ちょと前に、このマス・ラ・シュヴァリエールのシャルドネをご案内したのですが、今回は「ヴィオニエ」を新たに入荷しました。熟したアプリコットと白い花のような華やかさを感じる香り。甘やかな香りからは想像しにくいですが、ドライで、フレッシュさと芳醇さが両立した味わい。キリッと冷やしてが美味しい白ワインです。

(輸入元:ジェロボーム㈱)

 

2016年 ラ・シュヴァリエール・ヴィオニエ

~マス・ラ・シュヴァリエール

 

試飲特価¥1,949

手軽ピノの新入荷♪

 

ブルゴーニュでは、有名生産者や有名なアペラシオンが驚くほどの価格高騰で、今新たなアペラシオンが注目されています。と言っても、「え?それどこ?」と言う程ではなく、「あった、あったそんな所」といったニュアンスですけど。でも、そんな注目の場所として今回ご紹介するのが「サントネ」の生産者です。このワインは、サントネ、マランジェ、シャサーニュのコミューンにある複数の区画のブドウをブレンド。どれも、赤ワインの産地としてはマイナーですが、なんと、ブドウの樹の平均樹齢は45年なのですが、最も古いブドウは1950年代に植樹されたという、60年を超えるものもあるのですからいいワインの兆しがありありです。チェリーやプラムの心地よい香りをにほのかにオークのニュアンス。しなやかなアタックに続き、充実した甘味をともない果実が広がる。伸びやかな味わいをしっかりとしたタンニンが支えている。ブルゴーニュもまだまだ探せばいいワインが眠っている。そんな気にさせられるワインです。(輸入元:フィラディス㈱) 

 

2016年 ブルゴーニュ・ルージュ

   ~リュシアン・ミュザール・エ・フィス

 

試飲特価¥2,975

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

7月

29日

7月29日  限定スペシャル有料試飲

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

今回は台風だったので7/29()限定です!!

※数量限定無くなり次第終了です。

 『2010年の白はいかに!!!

 

2010年 ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ ブラン 

<ニコラ・ルジェ> 

 {ブルゴーニュ/白/品種:ピノ・ブラン/小売価格¥6,480税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、(株)AMZさん> 

 

お試し◆glass(90ml)→¥800(税込)

 『先週に引き続き2016年の

メオが登場!』

 

2016年 ブルゴーニュ・ルージュ 

<メオ・カミュゼ・F&S> 

 {ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール/小売価格¥5,616税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、(株)フィネスさん> 

 

お試し◆glass(90ml)

¥800(税込)

★★★MÉO-CAMUZET 2016年ワイン(株)フィネスさんより抜粋★★★


 2016年4月に起きた前代未聞の霜害は、過去を振り 返ってみても同程度の被害があったのは1945年まで 遡らなければならないほど深刻な状況だった。さらに 5月になると雨の日が多く、湿度が上がってベト病が 発生し始めて、生産者はどうすれば良いか途方に暮 れた。7月に入ると雨はほとんど止んで夏場は良く晴 れてくれたので一時は我々に安息が訪れたが、今度 はまったく雨が降らずに乾燥して気温もぐんぐん上昇 し始めたので、葡萄の日焼け対策や水分不足の心 配が出てきてしまった。幸いにも徐々に天候は穏や かになっていったので、最終的に理想的な天候で収 穫することが出来た。葡萄は霜や病害を感じさせな いほど健康的で成熟も素晴らしかった.....

2018年

7月

26日

今週(7月27日~7月29日)のお買い得品

ひさびさのマコン

 

ブルゴーニュでも南に位置する。マコネ村。そこでも、トップを争う生産者が今回の「コルディエ」です。「オー・ボワ・ダリエ」という区画のぶどうから造られ、大樽で11ヶ月間熟成。ぴちぴちとしたフレッシュさと、南国の太陽を感じさせるようなフルーティーさが表現されています。1940年にギュスターヴ・コルディエによって設立。2005年にブルゴーニュワイン専門誌「ブルゴーニュ・オージュルデュイ誌」で、ブルゴーニュNO1生産者に輝いたこともあります。マコンの細やかなテロワールを表現するワインを造り出しています。

暑すぎた日々の疲れを回復するのに、優しさのあるこのワインいかがでしょうか?(輸入元:㈱ベリータ) 

 

2016年 マコン・オー・ボワ・ダリエ

~ドメーヌ・コルディエ・ペール・エ・フィス

 

試飲特価¥3,283

たまにはラングドック♪

 

と、言ってもブルゴーニュ生産者が造るので、なんとなく、いいとことりな感じもします。エチケットにある50/50はアンヌ・グロとジャン・ポール・トロの二人の思いが同じ分だけ詰まった意味するものになっています。ラングドックでに、アンヌの本拠地いえ、ブルゴーニュの聖地(???)ヴォーヌ・ロマネと同じ標高220mのミネルヴォワはカゼルにある樹齢25年のグルナッシュ、樹齢35年のカリニャンと若樹のシラーを使用。ブドウは区画ごとに醸造し、ステンレスタンクで熟成後ブレンド。2013年とちょっと熟成を経て、丸みを帯びたこのワインはたまにはしっかりワインも飲みたい!!!なんて思う夏の合間に重宝するワインですよ。(輸入元:㈱飯田) 

 

2013年 ラ・サンコントサンコント

   ~アンヌ・グロ・エ・ジャンポール・トロ

 

試飲特価¥3,180

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

7月

21日

7月21日、7月22日  限定スペシャル有料試飲

❝暑い、暑い、暑い...旨いワインでクールダウン~

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

7/21()7/22()※数量限定無くなり次第終了です。

 『おぉぉ、早くも2016年! 出来立てほやほやな感じかな...???』

 

①2016年ブルゴーニュ・

オート・コート・ド・ニュイ

クロ・サン・フェリベール

(モノポール)

 

<ドメーヌ・メオ・カミュゼ> 

 {ブルゴーニュ//品種:シャルドネ/小売価格¥6,804税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、(株)フィネスさん> 

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

『暑いときでも赤を...そんな時には

やっぱりピノですね、

淡い造りのシャンボール・ミュジニーは

いかが???

 

②2014年シャンボール・ミュジニーV.V.
<ドミニク・ローラン>

 

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール/

小売価格¥10,260税込}

 

 <今回の仕入先(輸入元)は、

㈱ジャパンインポートシステムさん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

★★★MÉO-CAMUZET 2016年ワイン(株)フィネスさんより抜粋★★★


 2016年4月に起きた前代未聞の霜害は、過去を振り 返ってみても同程度の被害があったのは1945年まで 遡らなければならないほど深刻な状況だった。さらに 5月になると雨の日が多く、湿度が上がってベト病が 発生し始めて、生産者はどうすれば良いか途方に暮 れた。7月に入ると雨はほとんど止んで夏場は良く晴 れてくれたので一時は我々に安息が訪れたが、今度 はまったく雨が降らずに乾燥して気温もぐんぐん上昇 し始めたので、葡萄の日焼け対策や水分不足の心 配が出てきてしまった。幸いにも徐々に天候は穏や かになっていったので、最終的に理想的な天候で収 穫することが出来た。葡萄は霜や病害を感じさせな いほど健康的で成熟も素晴らしかった.....

2018年

7月

19日

今週(7月20日~7月22日)のお買い得品

ひさびさのサン・ブリ

 

サン・ブリとは、シャブリ地区で造られる、「ソーヴィニヨン・ブラン」なんです。ロワールやボルドーのソーヴィニヨン・ブランとはまた違った、ピュアさがあります。特に、この生産者は、この、サンブリの畑を、高齢でリタイアするという人物から高樹齢のブドウの樹が植わる好条件の畑を譲り受ける機会に恵まれたと言います。樹齢の高いブドウの樹は大変希少ですから、ラッキーですよね。そのお陰で、2005年に自らのドメーヌを興す事を決心しました。自社畑ではテロワールを尊重したビオロジック(有機)栽培を行っています。
このワインは、ステンレスタンクにて天然酵母のみを使って発酵を行い、ブドウ由来の柑橘系の香りや爽やかなハーブのニュアンスを巧みに引き出しています。上品で爽やかな味わいが愉しめる白ワインです。
(輸入元:豊通食料㈱) 

 

2017年 サン・ブリ~クロティルド・ダヴェンヌ

 

試飲特価¥3,078

またまた、夏ぴの♪

 

 ブズロー家はムルソーで10世代以上の長きに渡って葡萄栽培を続けている生産者で現当主ジャン・マリー氏はボーヌの醸造学校を卒業後、アメリカとオーストラリアのワイナリーで研修を行って経験と見識を積み、1994年にドメーヌに参入し

ました。彼には2人の祖父がいてそれぞれムルソーとヴォルネーの葡萄栽培家だったので、その畑を引き継いでヴォルネー、ポマール、ボーヌの赤ワインを、ムルソー、ピュリニーの白ワインを造っており、現在は9haの畑を所有しています。 畑は自然環境を尊重して出来るだけ農薬を使わないリュット レゾネ農法。本来、白ワインの生産者なので、このピノは淡くフルーティでミネラル豊か。タンニンも繊細で若いうちから飲みやすい味わいに仕上がっています。2016年は春の霜の被害で生産量が少なくどのワインも高騰していますが、このワインはまだなんとかなる価格で治まっています。(輸入元:フィネス㈱) 

 

2016年 ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

   ~ジャン・マリー・ブズロー

 

試飲特価¥3,591

 おまけで試飲に追加!

 

ニュースを見ても、外を歩いても、暑い、暑い、暑いの言葉に、疲れちゃいますね・・・

なんで、ワインももっと気軽に、涼しく、爽快に、楽しく飲もうといった感じで、ちょっぴりお手軽で、おススメなスパークリングをおまけ試飲としましてご用意しました。

ブリュットとは言え、イチゴやチェリーのふくよかで柔らかな果実の味わいが、アフターにもしっかりと残り、とっても爽やかでチャーミング。このしゅわしゅわなら、氷をいれて、ロック風に飲んでもいつもとは違った楽しみかたになっていいんですよね~~~。

(輸入元:豊通食料㈱) 

 

 ロワイヤル・ペルレ・

リュット ロゼ ~アンリー・メール

 

試飲特価¥1,846

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

7月

14日

7月14日、7月15日  限定スペシャル有料試飲

❝連日の猛暑つながり....

2003年のブルゴーニュも猛暑だったんだよね~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

7/14()7/15()※数量限定無くなり次第終了です。

 

『有料試飲、昨年につづき2回目の登場!、進化は見られるか???』

 

①2003年シャブリ1級

ヴァイヨン
<ジャン・デフェ>
 

 

 

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ/小売価格¥8,640税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、(株)フィラディスさん> 

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

『今は亡き四代目当主

パトリック氏の作品。

苦戦の年’03の成長はいかに...』

 

②2003年

サヴィニー・レ・ボーヌ1級

マルコネ

 

<シモン・ビーズ>

 

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール/小売価格¥10,260税込}

 

 

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱ラフィネさん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

2018年

7月

12日

今週(7月13日~7月15日)のお買い得品

夏ピノ

 

ヨンヌ県の南部、シャブリ に非常に近いトネロワ地区のエピヌイユ村で1982年からワイン造りをしている生産者。畑はピノ ノワールを中心に約11haを所有しており、葡萄栽培は化学肥料や農薬を使用しないEcocert(フランスオーガニック認証機関)が承認するビオロジック農法。

ブルゴーニュの赤ワインの北限に近いような産地なので、土壌由来のさわやかさがワインにも表れています。イチゴようなアロマ、果実をかじったようなフルーティさと酸味、ミネラル感と繊細なタンニンで柔らかさの中にほのかな旨味が感じられる、夏に本領発揮する赤ワインですね。

(輸入元:㈱フィネス) 

 

2016年 ブルゴーニュ・エピヌイユ 

       コート・ド・グリゼイ

  ~アラン・マティアス

 

試飲特価¥4,617

シャンパーニュ???

ブルゴーニュ???

 

 近年、ブルゴーニュワイン事務局の地図にも登場した 北限の忘れられていたクレマンの聖地シャティヨネ地区。 ブルゴーニュ地方のワイン産地には、シャブリ地区やコート・ド・ニュイ地区と は別に、唯⼀シャンパーニュ地方に隣接する地区があります。シャティヨネ地区とよばれる産地で、シャンパーニュ地方のオーブに 隣接していますが、⾏政上、ジュヴレイ・シャンベルタンやヴォーヌ・ロマネなどと同じコート・ドール県にあるため、ブルゴーニュ地方に属しています。このシャティヨネ地区は、シャブリ地区よりも小さい産地で、葡萄畑は 5 つの村に 点在しているのみです。

古い書物によれば、シャティヨネ地区では既に 2000 年以上前にブドウ畑が存在していたと書かれています。シャティヨネ のワインは、カロリング朝時代(7 世紀〜)から 19 世紀の間に隆盛を極 め、高い名声を博していましたが、20世の2度の世界⼤戦と不景気、そし てフィロキセラ禍によってブドウ畑は荒廃してしまいました。しかし、1980 年 以降、地元の造り⼿達の努⼒によって今新たな⾶躍の時を迎えています。 かつて『クレマン王国』と呼ばれ、『クレマン街道』も存在するスパークリングワイン産地 のスパークリングワイン、飲まないわけにはいきません!!!

ピノ・ノワール 2/3、シャルドネ 1/3 。((輸入元:㈱VIVIT) 

 

クレマン・ド・ブルゴーニュ 

  ブリュット・トラディション

   ~ドメーヌ・オーレリアン

 

試飲特価¥2,872

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

7月

06日

7月7日、7月8日  限定スペシャル有料試飲

❝七夕ですから、素敵なブルゴーニュで♪♪♪~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

7/7()7/8()※数量限定無くなり次第終了です。

 

『このモノポールは、

ベビー・コルトン・シャルルマーニュと呼ばれている...

 

2015

ペルナン・ベルジュレス1

クロ・ベルテ(モノポール)

<ドメーヌ・デュブルイユ・フォンテーヌ> 

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ/

小売価格¥9,720税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、豊通食料()さん>

 

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

 

『贅沢バックヴィンテージ

2010年、熟成はいかに...

 

2010

ジュヴレ・シャンベルタン

<ジャンテ・パンショ>

 

{ブルゴーニュ//

品種:ピノ・ノワール/小売価格¥12,960税込}

 

 

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱ジャパンインポートシステムさん>

 

お試し◆glass(65ml)→1,000(税込)

 ★①はこんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、豊通食料()さんより一部抜粋

 

 ~DOMAINE DUBREUIL FONTAINE PERE:ドメーヌ・デュブルイユ・フォンテーヌ~

往年のブルゴーニュ・ファンに愛され続ける職人気質のいぶし銀のドメーヌ。コルトンの丘の麓に位置し、公式にAOCの特別表記が認められており所有者が5名しかいないブルゴーニュ・ラ・シャペル・ノートルダムや白が2001年に一級へ昇格した単独所有のクロ・ベルテ(ドメーヌでは親しみを込めてベビー・コルトン・シャルルマーニュと呼ばれている)などペルナン・ヴェルジュレス村を中心に優れた自社畑を20ha所有し、今年で130周年を迎えるこの村有数のドメーヌ。

2018年

7月

05日

今週(7月6日~7月8日)のお買い得品

ボルドー定番な

白ワイン♪

 

アントル・ドゥ・メール地区中央部ゴルナックのコミューンに位置するシャトー・ マルティノン。 数代にわたって同族経営が続き、1980年から現在のジェローム・トロイエ氏 が「伝統と品質」を尊重し引き継いでいます。2016年のマルティノ ン・ブランの生産量は100,000本です。 湿気を防ぐため完全に除葉。マセラシオン・ペリキュレールとシュール・リーを 行い、18度で発酵。アントル・ドゥ・メールらしい生き生きとした柑橘系の爽やかさと丸みのある柔らかな口当たりが心地よい、大西洋やアルカッション湾に近い魚介に恵まれたボルドー地方で好んで飲まれる定番白ワインのスタイルです。夏のちょっと脂の控えめな魚をアクアパッツァなんかにして、このワインを冷え冷えで飲む。暑さになれるまでの滋養強壮にそんなワインライフいかがでしょうか?

セミヨン60% ソーヴィニョン・ブラン25%  ソーヴィニョン・グリ13% ミュスカデル2%(輸入元:㈱アストル) 

 

2016年 シャトー・マルティノン・ブラン

 

試飲特価¥2,052

マイナーアペラシオンは掘り出し物???

 

 ロワール川から少し離れた、場所に位置するルイィ。サンセールから西に行ったところで、ロワール地方サントル地区の一部になります。ルイィには赤、白、ロゼがあり、赤用のピノ・ノワールと白用のソーヴィニヨンのほか、ピノ・グリの栽培がロゼ用に認められています。今回はロワールでも珍しい、赤ワインで、かつヴィンテージが2012年と現行がリリースされていれば2016年とかになる所なので、意外と古い???ワインです。ピノ・ノワール100%で、ピュアな果実香が持ち味。ラズベリー、赤スグリ、チェリーのアロマがストレートに感じられ、バランスの良い酸味と芳醇な果実味が口の中に広がり、アフターに心地よいミネラル感が残ります。ルイィは、マルドンの栽培、醸造責任者の名で造られており、この赤に至っては、この年を最後に輸入してないような・・・だからこその、超掘り出し物なワインいかがですか? (輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2012年 ルイィ 

  ドメーヌ・リュック・タボルデ

    ~マルドン

 

試飲特価¥2,770

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

6月

30日

6月30日、7月1日  限定スペシャル有料試飲

6月最初の赤はローヌでしたので最後も赤はローヌです???~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

6/30()7/1()※数量限定無くなり次第終了です。

  『南側ローヌの王道は、

やはりヌフかな...

 

 2014

シャトーヌフ・デュ・パプ・

レ・シナール・ルージュ

<ファミーユ・ペラン>

 

{ローヌ//品種:グルナッシュ、シラー、ムールヴェードル

/小売価格¥7,344税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、ジェロボーム()さん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

 

『近年のビーズの白は

かなりウマイ、市場から

無くなる理由がわかるネ...

 

2015

サヴィニー・レ・ボーヌ・ブラン

<シモン・ビーズ・エ・フィス>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ

/小売価格¥6,480税込}

 

 

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱ラフィネさん>

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

『梅雨あけしたので、しゅわしゅわをおまけに♪

 クレマン・ド・ジュラ ゼロ・ドサージュ

<シャン・ディヴァン>

 {ジュラ/白泡/品種:シャルドネ/小売価格¥3,780税込}

 <今回の仕入先(輸入元)は、豊通食料㈱さん>

お試し◆glass(80ml)→¥500(税込)

 ★①はこんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、ジェロボーム()さんより一部抜粋

 

 ~Famille Perrin ファミーユ・ペラン~ 

 

ペラン・ファミリーがシャトー・ド・ボーカステルを購入したのは1909年の事です。

2代目のピエール・ペランがブドウ畑を広げ、3代目のジャック・ペランが全ての基礎を築き上げました。彼は1950年代当時、まだ誰も実践していなかった有機農法を取り入れ、またムールヴェードルの可能性に着目し、栽培北限地であるシャトーヌフ・ド・パプでの栽培に力を入れました。彼の哲学は2人の息子、ジャン・ピエールとフランソワ、そして5代目となる孫達によって着実に受け継がれています。

 

現在シャトーヌフ・デュ・パプのアペラシオンに70ヘクタール、コート・デュ・ローヌのアペラシオンに40ヘクタールの畑を所有し、13品種全てを栽培・ブレンドするという伝統を守り続けています。そのブレンド技術は父から子へと継承され、ペラン・ファミリーの長い歴史を支えています。

100%大樽で1年間熟成。ボーカステルの若樹とボーカステルの西側のオランジュに植えた畑のブドウを使用。

2018年

6月

27日

今週(6月29日~7月1日)のお買い得品

シャブリの生産者

だからこその

パフォーマンス!!!

シャブリの歴史あるドメーヌ、「ラ・ロッシュ」が20年前からラングドックで造るワインです。ドメーヌの歴史はペロリとロカ・ブランカという2つの素晴 らしい区画を見つけたところから始まりました。ペロリは1980年代後半に植樹された粘土石灰土壌で標高400メートルの畑で、シャルドネに特化しています。冷涼な場所で、卓越した白ワイ ンを造る事が出来ます。そんな良い畑と、シャブリの造り手が出会えば、美味しくないわけがない!!!と言わんばかりに、ピュアさが心地よい白ワインです。(輸入元:ジェロボーム㈱) 

 

2016年 ラ・シュヴァリエール                シャルドネ~マス・ラ・シュヴァリエール

 

試飲特価¥1,949

ラングドックで

大人ピノは珍しい?

 先ほど、二つの素晴らしい区画と言いましたが、そのもうひとつ、ロカ・ブランカは小さな区画がいくつもモザイク状になっており、黒ブドウに理想的な区画となっています。こちらのピノも、ラングドックという、地中海の太陽の恵みをたっぷりと浴びたふくよかさと、ここは、シャブリの生産者らしいと表現すればいいのでしょうか?酸とタンニンがバランスよく感じられるので、大人なピノになっています。暑い時の冷やしワインとして、いかがでしょうか?(輸入元:ジェロボーム㈱) 

 

2016年 ラ・シュヴァリエール                ピノ・ノワール~マス・ラ・シュヴァリエール

 

試飲特価¥2,360

ちなみに・・・

 ドメーヌ・ラ・ロッシュの最高級ワインがこちら!!! 

 2014年 シャブリ 特級 

レ・ブランショ・ラ・ レゼルヴ・ド・ロベディエンス

 店頭価格¥18,360

レ・ブランショの最高の区画を厳選したキュヴェ区画ごとに醸造し初夏にブレンド。20年は熟成するといわれる高級シャブリです。もちろん、販売してますよ~~~(無料試飲ではありません・・・)

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

6月

23日

6月23日、24日  限定スペシャル有料試飲

❝超レアから鉄板まで、ブルゴーニュは多彩です

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

6/23()6/24()※数量限定無くなり次第終了です。

 

『シャブリの巨匠登場♪』

 

2016年

シャブリ

<ヴァンサン・ドーヴィサ>

 

 {シャブリ/白/

品種:シャルドネ100%/

小売価格¥7,020税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱ラック・コーポレーションさん>

 

お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

『ブルゴーニュの

スターヴィラージュ

と言えば・・・

 

2014年 ヴォーヌ・ロマネ

<ダニエル・リオン>

 

{ブルゴーニュ/赤/

品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格¥10,800税込}

 

 

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱豊通食料さん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

 ★①はこんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、㈱ラック・コーポレーションさより

 

 ~  Vincent DAUVISSAT ヴァンサン ドーヴィサ  ~  

 

伝統的な樽醸造を守り続ける長熟シャブリの造り手


シャブリには早飲みタイプの白ワインというイメージが定着している。じつのところ、シャブリにもムルソーやピュリニー・モンラッシェ以上に熟成可能なものが存在する。
それがヴァンサン・ドーヴィサとフランソワ・ラヴノーのワインだ。
両者の造りやワインのスタイルはよく似ているが、それはヴァンサンの父、ルネとフランソワが義理の兄弟だから当然ともいえる。

まずはヴァンサン・ドーヴィサから紹介しよう。
1970年代以降、シャブリではニュートラルで生産性のよいステンレスタンクを使った醸造が一般的になったが、ヴァンサンの父、ルネは伝統的な小樽の使用を頑なに守り続けた。
もっとも寒冷なシャブリのこと。冷えきったセラーでは発酵がなかなか始まらないこともあるので、アルコール発酵のきっかけはタンクで行っている。
樽自体、そのほとんどが何年も使用した古樽で、新樽は少ない。また通常のピエス(228リットル)だけでなく、シャブリで昔から使われていたフイエット(132リットル)も見られ、その古典ぶりが強調される。
ただし、当のヴァンサンに言わせれば、樽醸造はとりたててワインの品質を決める、決定的要因ではないらしい。大切なのは畑だと主張する。

ヴァンサンは1998年に3haの区画で実験的にビディナミ農法を始め、その結果が良好なことから2002年にはすべての畑をビオディナミに転換した。目に見えて土壌のバランスが改善され、病気が減り、腐敗果も少なくなったという。
現在、畑の面積は12.35ha。プティ・シャブリから特級レ・プルーズ、そしてレ・クロまで。
1級ラ・フォレは4.53haという、このドメーヌ最大の面積をもつクリマで、区画が分散しているためにそれぞれ性格のバラツキが大きい。すべてをアッサンブラージュすることで複雑味が生まれ、完成度の高いワインになるとヴァンサンはいう。

 

2018年

6月

21日

今週(6月22日~6月24日)のお買い得品

コスパGoodなシュワシュワ♪

 

 ブルエット社はボルドー・コート・ド・ブールの北部に生産拠点を持つスパークリングワインメーカーです。元々、シャンパーニュ出身のブルエット家が移住先のボルドーで創設した、小規模生産者で、クレマンとメトード・トラディショナルを生産していましたが、現在は仏大手 スパークリングメーカーの傘下で最新設備を導入し、高品質なスパークリングワインを造ってます。

 

『ブルエット・プレステージ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット』はそんなボルドーのメーカーですが、使っている品種がなんと、南仏産シャルドネを100%!!!のブラン・ド・ブランで(ローヌ北部のシャティヨン・アン・ディオワ産自社畑のブドウを一部使用)本格的なシャンパーニュ製法で造られ、持続性のある溌剌とした泡立ちとスッキリとした味わいの コスト・パフォーマンスに優れたスパークリング・ワインです。カテゴリーは、ヴァン・ムスーになりますが、ガス圧などは、クレマン並みに強いので、キリッとしたのど越しが楽しめます。なにとは、言いませんが、スポーツ観戦にもピッタリですよ。(輸入元:㈱アストル) 

 

ブルエット・プレステージ・

 ブラン・ド・ブラン・ブリュット

 

試飲特価¥2,154

夏のバカンスを想像させるかな???

 

ヴァロンブローザの畑では、ローマ時代に遡るほど古くからブドウ栽培が行われてきました。そのテロワールは素晴らしく、このワイナリーを訪れたドゥ・ラドゥセット男爵は、偉大なワインを生み出す潜在力を直感的に感じ、2008年からオーナーとなりワイン造りを始めました。
やや個性的な、クリーンで熟れた感も感じる香り。ややスパイシーで程よい飲み応えです。真面目さが出た、良質のブドウを使っている事が伺えます。フランスのバカンス地「ニース」との距離も近いので、そのお供として飲まれることも多いので(あろうこの)ワインで早めのバカンス計画練ってみませんか?
(輸入元:ブリストル・ジャポン㈱)

  

2013年 

キュヴェ・プリュネル・ルージュ

~ヴァロンブローザ

 

試飲特価¥2,052

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

6月

16日

6月16日、17日  限定スペシャル有料試飲

❝今週もブルゴーニュな気分......お早めにヨロシク♪~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

6/16()6/17()※数量限定無くなり次第終了です。

 

『人気急上昇なドメーヌ♪』

 

2015年

ピュリニー・モンラッシェ

<ドメーヌ・バシュレ・モノ>

 

 {ブルゴーニュ/白/

品種:シャルドネ100%/

小売価格¥9,720税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、()オルヴォーさん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

『ブルゴーニュと

あなどるなかれ・・・』

 

2014

 ブルゴーニュ・ルージュ

<アンヌ・グロ>

 

{ブルゴーニュ/赤/

品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格¥8,640税込}

 

 

<今回の仕入先(輸入元)は、ジャパンインポートシステムさん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

『今週のシークレットです。年代、ブドウ品種、生産地を当てたら、なんと¥0です

 

③????年 ?????<???>

 

{????/赤/品種:???/小売価格¥????税込}

 <今回の仕入先(輸入元)は、????>

 

お試し◆glass(90ml)→¥700(税込)

 

 ★①はこんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、㈱オルヴォーさより

 

 ~  Bachelet-Monnot  ドメーヌ・バシュレ=モノ  ~  

 

f you have not discovered them yet, now’s the time.” Neal Martin, The Wine Advocate
“もし、あなたが未だバシュレ=モノを知らなかったならば、今が知るべきその時なのです”

“私は何を言うことが出来るでしょう?他に何を言う必要があるでしょう?彼らはあなたが見つけることが出来る最高ランクのワインに比肩する途轍もないブルゴーニュの白ワインを造っているのです。
張り詰めたようなテンションの高さ、緊張感は、1990年代のアンヌ=クロード・ルフレーヴのワインを思い起こさせます。
加えて言うならば、スタイルの多様性、すなわち、それぞれのテロワールに忠実な表現、個性、長所を描き出していること。
もし、あなたが未だバシュレ=モノを知らなかったならば、今が知るべきその時なのです。“
(Neal Martin  The Wine Advocate, December 2015)

 

バシュレ=モノは、コート・ド・ボーヌの南、マランジュのデジーズ村にあります。
このドメーヌは、2005年1月、当時20代の若さであったマルクとアレクサンドル兄弟の2人が祖父や父のワイン造りを引き継ぐという形で設立されました。
マルクとアレクサンドルは醸造の学校を卒業した後、フランスや海外でもワイン造りの経験を積んできました。
実績のない若いバシュレ兄弟ですが、友人であるヴァンサン・ダンセールやオリヴィエ・ラミーといった新世代のライジングスター達から大きな刺激と導きを得たことは想像に難くありません。
Bourgogne Aujourd’hui誌やRuvue de Vins de Franceといった現地メディアはもちろん、International Wine Cellar誌といった国際的なワインのメディアで輝かしい称賛を受けたバシュレ兄弟。
かつて“未来を継ぐ新しい造り手”と呼ばれた兄弟は今もなお、高い品質を追求しています。
バシュレ兄弟が本拠を構えるマランジュから、サントネ、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェ、そしてグラン・クリュとなるバタール・モンラッシェを含む畑は、現在では23ヘクタールの畑を手掛けています。
彼らは畑のもつ力を最大限に生かすことが、より良いワインを造る近道だと確信しています。
日々、土壌に非常に注意深い作業を施し、ぶどうの木を健全に保つよう、見守っています。除草剤は一切使わず、ブドウの根が奥深くまで伸びるように丁寧に手入れをしています。
収穫は全て手摘みで行い、その後、空気圧式圧搾機で時間をかけてゆっくり果汁を搾ります。その後、アペラシオンによって新樽の比率を変えながら、12~18ヶ月熟成します。
この熟成を経て、ワインはフレッシュ感と複雑性を備えた洗練されたワインとなります。
現在ではブルゴーニュ伝統の228リットル樽からドゥミ=ミュイと呼ばれる350~500リットルの樽の割合を増やし、より緻密で純粋な果実味とテロワールの表現を志しています。

2018年

6月

14日

今週(6月15日~6月17日)のお買い得品

300年の歴史ある醸造所!

 

スクリューキャップで軽快に楽しめるこのロゼ。いちごや、フランボワーズ、白桃のフレッシュな果物の香りが心地よく香り、

口の中に、スキットした爽快さと、ほんのり見え隠れするスパイシーががアスターを引き締めています。フレッシュで辛口タイプなので、梅雨の始まりのじめじめに慣れていない身体をシャキッとさせてくれるそんなロゼです。

右の写真に掲げられた、"三匹トカゲ"の紋章は、フランス国王が直々にオリヴィエ・コストの先祖に授与された由緒正しきものだそうです。1701年に設立された家族経営のワイン農園、『モンローズ』とは、『桃色の丘』の意味で、醸造所を頂く山、そして、春になると畑の周りに咲き誇る桃色のアーモンドの花を象徴する名前なのです。オリビエの目標は、信頼できるエレガントなワインを作り出すことであると、彼の誠実さがワインに映し出されたような、素直なワインです。(輸入元:㈱セパージュ) 

 

2017年 ドメーヌ・モンローズ ロゼ

 

試飲特価¥2,462

もう落ち着いたかな??? 

 

ラングドックはルーションのドメーヌ・ゴビーのオーナー、ジェラール・ゴビー氏がワインインポーターのリチャード・ウッドワードの共同企業として2001年に設立。現在はビオディナミの造りに加え、ルーションでも高度に位置する、海抜350mから600mのアグリーバレーがもたらすフレッシュさと酸味、そして、南仏らしいボリューム感がバランスよく表現されています。洗練さとエレガントさ、力強さに溢れています。スミレ、赤いフルーツ、スパイスのエレガントな香り。口当たりは、フレッシュ、ジューシーなベリーフルーツ、スパイスのようで、しっかりとしたタンニンも感じます。1杯飲んだらもう1杯と病み付きになる1本。2014年を中心に他のヴィンテージもブレンドしています。シラー70%、カリニャン25%、グルナッシュ5%のブレンド。前回はビオのニュアンスが強く感じられましたが、あれから3か月、落ち着かせたワインの進化がみられるはずです。(輸入元:㈱セパージュ)

  

NV トリゴンヌ~ル・スーラ

 

試飲特価¥3,078

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

6月

09日

6月9日、10日  限定スペシャル有料試飲

❝ムルソーに、ジュブレなんて、ブルゴーニュ好きにはたまらない逸品

......お早めにヨロシク♪~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

6/9()6/10()※数量限定無くなり次第終了です。

 

『注目ドメーヌが登場♪♪』

 

2015年

ムルソー・レ・グリュヤッシュ

<ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ>

 

 

{ブルゴーニュ/白/品種:シャルドネ100%/小売価格¥10,800税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、ジェロボーム()さん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

『ネゴシアンメオでもレアなワイン』

 

2014

 ジュブレ・シャンベルタン

<メオ・カミュゼ F&S>

 

{ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格¥10,800税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、ラックコーポレーションさん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

『シークレットでもう一種』

 

③???? ???????<?????>

 

{ブルゴーニュ/?/品種:???/小売価格¥????}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、???さん>

 

お試し◆glass(90ml)→¥1,000(税込)

 

来店してからのお楽しみとなりま~す!!!

 ★②はこんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、ラックコーポレーション

さんより一部抜粋

 

 ~MEO-CAMUZET Frere et Soeur メオ カミュゼ フレール エ スール~ 

 

アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ

 

1980年代半ば、折半耕作の契約が切れると同時に、小作人たちも引退の時を迎えてメオ家の元にブドウ畑を返還。1985年から本格的にドメーヌ元詰めが始まった。
やがてパリにいたままでのドメーヌ経営が難しくなり、ブルゴーニュに赴くことになったのがジャンの息子、ジャン・ニコラ・メオである。
1964年生まれ。商業学校でマーケティングを学び、銀行で研修を受けた、生粋のパリジャン。1989年、24歳にしてドメーヌを託された。
表向き引退を宣言したアンリ・ジャイエも、ドメーヌのコンサルタントとして若きジャン・ニコラの指導にあたったという。

リシュブール、クロ・ド・ヴージョ、エシェゾー、3つのコルトン(従来からあるクロ・ロニェに、2010年ヴィンテージからペリエールとヴィーニュ・オー・サンが加わった)といった特級畑。戦争直後にアンリ・ジャイエが開墾したヴォーヌ・ロマネ1級クロ・パラントゥー。宝石のようなクリマの数々を、このドメーヌは有している。

 

ジャン・ニコラは「メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール」の名前でネゴシアンビジネスも行っている。
マルサネ、フィサン、ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニー、ニュイ・サン・ジョルジュなど、ドメーヌもののヴォーヌ・ロマネを補う形でコート・ド・ニュイのアペラシオンを余すことなく網羅。
これらの中には短期賃貸契約によりメオ・カミュゼのスタッフが畑の管理から収穫まで、ドメーヌの畑と同様に仕事をしているクリマも少なくない。
また、ブドウやマストを買い付ける場合でも、夏季剪定や収穫時の選果を行い、品質の安定を図っている。
ドメーヌもののワインがその希少価値から入手困難であり、価格の壁も高いことから、比較的手頃な値段でメオ・カミュゼの哲学が楽しめるネゴスものの存在は、ワイン愛好家はもちろん、レストランにとってもありがたい存在といえるだろう。

 

2018年

6月

07日

今週(6月8日~6月10日)のお買い得品

今週は「ブルゴーニュ祭り」でござます!!!

夏はシャブリでしょう♪ 

 

ジャン・クロードは自身の目指すワインのスタイルを「フィネス、フローラルさ、ミネラル感」といっており、事実、どのキュヴェもシャブリのエッセンスが詰まった、フローラルな香りとミネラルを感じさせる、繊細なスタイル。とはいえ、酸が全面にく

るような感じよりかは、柔らかな樽の使い方が絶妙にマッチした味わいになっているので、シャブリって苦手・・・なんて方にも初級編として楽しんでいただけると思います。マリアージュは「しなやかで、高級感があり、フローラル」なタイプの白ワインなので、「鯛の昆布締め細造り」のような刺し身や寿司、または貝類などにピタリとはまります。ミネラルを感じるシャブリは繊細な生のさかなとの相性もよく、噛みしめるほどに旨味が膨らんでいく昆布締めにすることで、このシャブリのような、樽とステンレスのいい所を最大限に引き出していると言えるでしょうね。

(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2014年 シャブリ~ジャン・クロード・ベッサン

 

試飲特価¥3,385

 

リッチさは2015年

ならでは!!! 

 

ドメーヌ・マニエールは、1795年からヴォーヌ・ロマネの村の中心に構える歴史ある造り手。現当主のリシャール・マニエールで5代目となります。先代の頃はマニエール・ノワロ名義でワインを手掛けており、ロバート・パーカーからは、「熟成力のある凝縮したリッチなブルゴーニュを手掛ける」というコ

メントともに4ツ星評価を得ている。因みにノワロはリシャールの母方の家系で、この一族はヴォーヌ・ロマネ最大の土地の所有者のひとりでした。10haの所有畑は本拠地ヴォーヌ・ロマネを中心に、南はニュイ・サン・ジョルジュから北はフィサンまで広がり、古樹の畑を多く所有する。そのラインナップは素晴らしく、グランクリュのエシェゾーをはじめ、ヴォーヌ・ロマネ屈指のプルミエクリュであるレ・スショや、ニュイ・サン・ジョルジュを代表するプルミエクリュ、オー・ブドやレ・ダモードを先祖代々受け継いできました。特に、先々代が手に入れたエシェゾーは、このアペラシオン最上の区画とされるレ・プーライエールのほぼ中央と、絶好のロケーションを誇る。ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの所有区画に両サイドを挟まれているため、同社からドメーヌ対し5年おきに畑の交換が持ちかけられるそうだが、ロマネ・コンティ社が交換を打診する区画は、面積は大きいもののレ・プーライエールの北端にあり、畑としては劣るため、その要望に応じるつもりはないといいます。

このブルゴーニュ・ルージュは、樹齢約45年。ヴォーヌ・ロマネとニュイ・サン・ジョルジュの村にある4つの区画をブレンド。チェリーやカラント、ラズベリーなど粒の小さな果実のアロマ。滑らかな果実にくっきりとした酸を備えた実直な味わい。甘酸っぱい赤系果実が余韻に尾を引く。2015年は年が偉大なので、力強さが全面にでているぶん、リッチなピノ・ノワールという印象が伺えます。料理とのマリアージュは「しなやかで、ビロードのように滑らか、香り高い」タイプなので、「豚肉の玉ねぎ塩こうじ焼き」などのうまみのあるお肉にあいますよ。輸入元:㈱フィラディス)

  

2015年 ブルゴーニュ・ルージュ

~リシャール・マニエール 

 

試飲特価¥4,924

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

6月

02日

6月2日、3日  限定スペシャル有料試飲

6月最初のスペシャルは、たまにはローヌのスターと

メジャーシャンパーニュで.......お早めにヨロシク♪~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

6/2()6/3()※数量限定無くなり次第終了です。

 

『ブルゴーニュ愛好家なら経験は必需です...

 

2011年ジゴンダス

<ドメーヌ・デュ・クロ・デ・トゥレル>

(ファミーユ・ペラン)

 

{ローヌ//

品種:グルナッシュ・ノワール80%、シラー20/小売価格¥10,260税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、ジェロボーム()さん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

『ヴィンテージシャンパーニュは

良い年の証』

 

2008年 ランソン 

ゴールドラベル ブリュット・ヴィンテージ

 

{シャンパーニュ/白泡/

品種:シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ/

小売価格¥9,720税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱ジャパンインポートシステムさん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

 ★①はこんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、ジェロボーム()さんより一部抜粋

 

 ~Famille Perrin ファミーユ・ペラン~ 

 

ペラン・ファミリーがシャトー・ド・ボーカステルを購入したのは1909年の事です。

2代目のピエール・ペランがブドウ畑を広げ、3代目のジャック・ペランが全ての基礎を築き上げました。彼は1950年代当時、まだ誰も実践していなかった有機農法を取り入れ、またムールヴェードルの可能性に着目し、栽培北限地であるシャトーヌフ・ド・パプでの栽培に力を入れました。彼の哲学は2人の息子、ジャン・ピエールとフランソワ、そして5代目となる孫達によって着実に受け継がれています。

 

現在シャトーヌフ・デュ・パプのアペラシオンに70ヘクタール、コート・デュ・ローヌのアペラシオンに40ヘクタールの畑を所有し、13品種全てを栽培・ブレンドするという伝統を守り続けています。そのブレンド技術は父から子へと継承され、ペラン・ファミリーの長い歴史を支えています。

 

100%樽で15か月間熟成。ジゴンダスの麓にある畑から採れるブドウを使用。

素晴らしい凝縮感と様々な種類のベリーそして、長く、力強く、質感のある見事なフィニッシュが印象的です。数年の熟成が必要で1520年の長期熟成の可能性があります。 

2018年

6月

01日

今週(6月1日~6月3日)のお買い得品

トンボのマークはボトルにも!!! 

 

このミュスカデは、単一の畑のものから造られ、ブドウの樹の平均樹齢は80年と、ヴィエイユ・ヴィーニュなんです。そして、最大の特徴は、特注のガラスコーティングされた、タンクを用いるところ。ステンレスの冷たいニュアンスでもなく、樽由来

 

のまろやかさでもない、クリアさがこのワインにはあるのです。香りは白い花とパッションフルーツ、味わいはフレッシュでありながらやさしいコクが感じられます。

(輸入元:(有)ベリータ)

 

 

2015年 

ミュスカデ・セーブル・エ・メール・シュル・リー

~ドメーヌ・ポワロン・ダバン

 

試飲特価¥2,052

 

ワインの素直さとはこんな感じ??? 

 

1995年に設立されたフィリップ・ジャノは、所在地こそ近隣のサン・セルナン・デュ・プランとなりますが、サントネを中心にワインを手掛けるドメーヌです。醸造は、抽出はあくまでソフトに行い、単純な濃さではなく、素直な果実の風味を追及。そのスタイルはこのブルゴーニュクラスにも十分に表現されています。造りこんだうまみではなく、ブドウのポテンシャルをきちんと伝えてくれる、そんなワインです。2016年の評価はそれぞれあるようですが、このワインに関して言えることは、いい年ということです輸入元:㈱フィラディス)

  

2016年 ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

~フィリップ・ジャノ 

 

試飲特価¥2,257

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

5月

26日

5月26日、27日  限定スペシャル有料試飲

❝あのシャトー・ラトゥールのオーナーが手がける、ヴォーヌ・ロマネが登場!とっても入手困難な希少アイテムです。お早めにヨロシク♪~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

5/26()5/27()※数量限定無くなり次第終了です。

 

『ブルゴーニュ愛好家なら

経験は必需です...

 

2011年ヴォーヌ・ロマネ

<ドゥージェニー>

 

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール

/小売価格¥15,768税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、()フィラディスさん>

 

お試し◆glass(55ml)→1,000(税込)

2015年のダレンは群を抜く、

素晴らしい出来...

2015年シャサーニュ・モンラッシェ

1級レ・ショーメ

<フランソワ・ダレン>

 

{ブルゴーニユ//品種:シャルドネ/

小売価格¥9,234税込}

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱フィラディスさん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

 ★②はこんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先()フィラディスさんより一部抜粋

 

 ~Francois dAllaines:フランソワ・ダレン~ 

 

当主のフランソワ・ダレンは、高級樽の木材で有名なアリエで産まれ。ワイン醸造学の学者である祖父の影響で、幼い頃から美食の世界に興味を持つ。コート・ダジュールのホテルで働いていたが、25歳でワイン醸造を学び始め、その後ボーヌのメゾンで技術責任者を務めた。

 

29歳でブルゴーニュに特化したワイン販売会社を立ち上げるが、「心から売りたいワインには出会えなかった」という彼は、消費者に喜びを与えるコストパフォーマンスに優れたワインを生産すべく、マイナーなコート・シャロネーズ地区に重点を置くネゴシアンを始めるために、1996年に現在の本拠地であるドミニー(ムルソー近郊)に土地を購入。その土地と古い建物以外には何もなかった彼が、一から醸造設備を整え、ようやく自らのワイン造りが出来るようになったのは、長い歳月を経た2001年である。

 

その間、地道にヴィニュロンとの厚い信頼関係を築き上げ、状態の良い区画のブドウの買い付けが可能となった。自らの感性と信念に忠実に厳選した結果、自然と化学薬品を使わない畑に行き着いたと語る。

 

フランス国内では3つ星“L'AMBROISIE”をはじめ、“Nicolas Le Bec”など数々の星付きレストランのソムリエから引き合いが強く、各方面からの熱い注目を浴びている。

2018年

5月

24日

今週(5月25日~5月27日)のお買い得品

ブルジョワ級の

質の良さ 

 

「ブルジョワ級」クラスに位置付けられるこのシャトー。その歴史は十字軍遠征以降の中世ヨーロッパで活躍したテンプル騎士団に由来し、1300年代初頭に建てられたシャトーの名前「Temple」もテンプル騎士団(Templier)に因んでいます。1933年、その魅力に惹かれた現当主ドゥニ ベルジェイ氏の祖父がシャトーを購入し、今日まで3世代に渡って経営を続けています。理想的な畑仕事と丁寧な醸造で造られるワインは素晴らしい評価を受けており、古のテンプル騎士団はこの土地の良質なテロワールに注目し、素晴らしいワインが出来るであろうことを見抜いていたのかも知れません。18haある葡萄畑にはカベルネ ソーヴィニヨン、メルロー、プティ ヴェルドが植えられており、葡萄の樹齢は約40年、栽培はリュット レゾネ農法(減農薬農法)を行っています。品種ごとにステンレスタンクでアルコール醗酵、樫樽に入れる際にアサンブラージュをして12ヵ月熟成させ、瓶詰前に18~20ヵ月間休ませます。熟成した甘味と、果実味が調和。滑らかに舌の上をすべるとてもエレガントなワインです(輸入元:㈱フィネス)

  

2012年 シャトー・ル・タンプル

 

試飲特価¥2,872

 

老舗シャトーでも、お買い得!! 

 

フランス最古のソーヴ・マジュール修道院が所有していたという、このシャトー・サント・マリー。古くは、1874年には最も有名なボルドーワイン事典“フェレ(Feret)”に掲載されていたということも。(少なくとも144年は現存するってことですよね・・・)アントル・ドゥー・メールの中心地にあり、畑は日照に恵まれたジロンド県で最も標高が高い二つの丘に広がっています。その素晴らしい立地条件に加え、セミヨンとメルローは樹齢が100年を越えており、常に品質の高いブドウを生み出します。1956年以降、ドゥプッシュ家がワイナリーを運営。2015年よりシャトー・アンジェリュスのオーナー、ユベール・ド・ブアールがコンサルタントとなり、更なる品質の向上が見受けられます。フルーティで溌剌として非常にバランスが取れ、フレッシュで心地よい口当たりが楽しめます。輸入元:㈱ジェロボーム)

  

2015年 シャトー・サント・マリー                    ヴィエイユ・ヴィーニュ

 

 

試飲特価¥2,257

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

2018年

5月

19日

5月19日、20日  限定スペシャル有料試飲

❝やっぱりブルゴーニユ、素敵なワインを飲みましょう...の巻~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

5/19()5/20()※数量限定無くなり次第終了です。

 

『弊店、初入荷!

純粋にうまいムルソーだね。...

 

2015年ムルソー

 

<ドメーヌ・ビドゥゼ・プリユール>

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ/

小売価格¥8,424税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、プレジャーワインさん>

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

 

『期待の2012年、

しかもヴィエイユ・ヴィーニュです。...

 

2012

ジュヴレ・シャンベルタンV.V.

 

<ヴァンサン・ジラルダン>

{ブルゴーニユ//品種:ピノ・ノワール/小売価格¥9,504税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、㈱稲葉さん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

 

★①はこんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、プレジャーワインさんより一部抜粋

 

 ~DOMAINE BITOUZET-PRIEUR:ドメーヌ・ビトゥゼ・プリユール~