❝ブルゴーニュ愛好家なら絶対に見逃さないレア品、本数限定で入荷いたしました。❞2018-09-13号

『言うまでもなくこのドメーヌは、DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)のオーナーが手掛けています。』
『熟成が楽しみなワインでもあります。今うちにマイセラーに...そしてオリンピックに開けよう~(*^-)vィェィ♪』

<今回の仕入先(輸入元)は、正規代理店の()ラックコーポレーションさん>

【希少4本です】

2014年ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ・ラ・フォーチューン

<ドメーヌA.&P.deヴィレーヌ>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥4,500外税}

 

 

【希少4本です】

2015年ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ・ラ・フォーチューン

<ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ>※2015年よりドメーヌ名が変更されました。

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥4,500外税}

【希少1本です】

2014年 ブルゴーニュ

・コート・シャロネーズ

・レ・クルー・エメ

<ドメーヌA.&P.deヴィレーヌ>

{ブルゴーニュ//

品種:シャルドネ100%/

小売価格¥4,000外税}

【希少1本】でしたが...メーカーさんより...なんと6本追加でいただきました。

 

【希少1本です】

2015

リュリー1級 グレジニー
<ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/

小売価格¥9,000外税}

 

こんな生産者です。(^_^)/ラックコーポレーションさんより一部抜粋

 

 ~Domaine de VILLAINE:ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ~ 

ドメーヌ・ド・ヴィレーヌは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの共同経営者であるオベール・ド・ヴィレーヌが、妻のパメラとともにコート・シャロネーズのブーズロンに展開するドメーヌ。

.....醸造法はじつに伝統的。アリゴテは大樽で発酵、熟成。その他のシャルドネから造られる白ワインも大樽と小樽を併用して醸造し、新樽は一切使わない。赤ワインは木桶で発酵ののち小樽で熟成させるが、やはり新樽率はゼロである。

.....現在、ブルゴーニュの世界遺産登録に忙しいド・ヴィレーヌ夫妻に代わり、ドメーヌの切り盛りをしているのは甥のピエール・ド・ブノワ。 すでにこのドメーヌの後継者として活躍している。

2015年ヴィンテージからDomaine de VILLAINEとしてリリース。

 

 

 

 

 

❝前回即完売の素晴らしきアリゴテ再入荷しました!お見逃しなく❞ 2018-09-05号

仕入メーカーさんよりこっそり希少最後の1ケースいただきました(^-^;

『前回売り切れで求め頂けなかったお客様、入荷本数12本限定です!

またとない最後のチャンス!お買い求めお早めに(>_<)

❝ピュリニーのビックスター、

フランソワ・カリヨンの作品⇒

領域を超えたアリゴテです。❞

 

......しかも今回は、かなりお得な価格です。(※仕入メーカーさんより破格な価格でいただきました。※市場価格より¥1,000位お安くなっております。)

 

2015年ブルゴーニュ・アリゴテ<フランソワ・カリヨン>

{ブルゴーニュ//品種:アリゴテ/小売価格¥2,800外税}

<今回の仕入先(輸入元)は、()フィラディスさん>

 

こんな生産者です。(^_^)/さんより一部抜粋

 

 ~Francois Carillon:フランソワ・カリヨン~ 

 ピュリニー最高峰のカリヨン家を継承し、現代ブルゴーニュを牽引する貫録のトップ・ドメーヌ

彼の風貌は、まさに昔ながらの職人を彷彿とさせる。物静かな性格ではあるが、とても実直で内に秘めたヴィニュロンとしての強い信念が伝わってくる人柄。

ヴィニュロンとしてのキャリアは、1988年に父のドメーヌであるルイ・カリヨンにてスタート。フランソワは、当時から畑仕事・収穫・醸造などの現場経験を積み重ね、カリヨン家の伝統を祖父や父から受け継いできた。フランソワのワイン造りは現在でも、「畑がワインのクオリティを造る」というカリヨン家のフィロフィーを非常に大事にしている。......

夏休みお金使ったな.....(>_<) そんな時にピッタリ、お財布に優しワイン達でございます。2018/08/28

完熟度合い抜群です!
①2017年 コスティエール・ド・ニーム・プレステージ

<C.P.d.ガリシアン>
(産地:フランス/ローヌ/赤)品種:シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル
♪南仏の太陽を浴びたブドウは驚くほど完熟度を増している。チェリーや完熟苺ジャムの様!

 

通常価格¥1,500の10%OFF⇒¥1,350(外税)

 

しっかりとした濃さをもつ白!

②2017年 コスティエール・ド・ニーム・プレステージ<C.P.d.ガリシシアン>
産地:フランス/ローヌ/白)

品種:グルナッシュ・ブラン、クラレット、マルサンヌ
♪南国トロピカルフルーツが口の中で爆発、なかなかのコストパフォーマンス!

通常価格¥1,500の10%OFF⇒¥1,350(外税)

キンキンに冷やして楽しみたい旨ロゼ!

 

③2017年 コスティエール・ド・ニーム・ロゼ・キュヴェ・トラディション<マス・デ・ブレサド>

 

産地:フランス/ローヌ/ロゼ)

品種:グルナッシュ、シラー、サンソー
♪イチゴや黒スグリの風味があり、フレッシュで程よい酸味、バランスがとてもGood!

 

通常価格\1,700の

10%OFF⇒¥1,530

 

 

 

 

 

『前回お求め頂けなかった方(>_<)...極小ですが...3本入荷いたしました(*^^)v』2018/08/07号

 ❝ブルゴーニュ愛好家なら絶対欲しいアイテムですよね...しかも良年ビックヴィンテージの2015年です。❞

 

❝僅か3!早い者勝ち(>_<)!! 今回、夏休み前のスペシャルプライスでご提供いたします。❞

 

2015年モレ・サン・ドニ

<ドメーヌ・デュジャック>

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール/

小売価格¥10,000外税}

 

10%OFF⇒¥9,000(外税)

 <今回の仕入先(輸入元)()ラックコーポレーションさん>

 

こんな生産者です。(^_^)/()ラックコーポレーションさんさんより一部抜粋」★

 

 ~DOMAINE DUJAC:ドメーヌ・デュジャック~ 

 

今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。

 

創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2ヴィンテージをブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学んだ。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めている。

 

そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けたのだ。

 

現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいる。ジャックの妻もジェレミーの妻もアメリカ人で、ジェレミー夫人ダイアナは醸造学を修めたエノローグである。...... 

❝入荷しました!<2018/08/05>❞ 猛暑(>_<)暑い、暑い、暑い毎日にはよく冷えたアリゴテが最高です。

『入荷本数12本限定、

またとないチャンス、

お買い求めお早めに(>_<)

 

❝ピュリニーのビックスター、フランソワ・カリヨンの作品⇒領域を超えたアリゴテです。❞

 

......しかも今回は、かなりお得な価格です。(※仕入メーカーさんより破格な価格でいただきました。※市場価格より¥1,000位お安くなっております。)

 

2015年ブルゴーニュ・アリゴテ

<フランソワ・カリヨン>

{ブルゴーニュ//品種:アリゴテ/

小売価格¥2,800外税}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、()フィラディスさん>

 

こんな生産者です。(^_^)/さんより一部抜粋

 

 ~Francois Carillon:フランソワ・カリヨン~ 

ピュリニー最高峰のカリヨン家を継承し、現代ブルゴーニュを牽引する貫録のトップ・ドメーヌ彼の風貌は、まさに昔ながらの職人を彷彿とさせる。物静かな性格ではあるが、とても実直で内に秘めたヴィニュロンとしての強い信念が伝わってくる人柄。

ヴィニュロンとしてのキャリアは、1988年に父のドメーヌであるルイ・カリヨンにてスタート。フランソワは、当時から畑仕事・収穫・醸造などの現場経験を積み重ね、カリヨン家の伝統を祖父や父から受け継いできた。フランソワのワイン造りは現在でも、「畑がワインのクオリティを造る」というカリヨン家のフィロフィーを非常に大事にしている。......

 

『とってもレアな逸品...お見逃しなく、私のお気に入りです(*^^)vマジで旨いッす!!!』2018/8/1号

❝ただ者ではないコート・ド・ローヌ、この旨さは他にはないでしょう~※急いでネ(>_<)残り1本(※今回は12本仕入られたのですが(^-^;....)です。❞

2014年コート・デュ・ローヌ<シャトー・デ・トゥール>

{ローヌ//品種:グルナッシュ65%、サンソー20%、シラー15%/

小売価格¥5,500外税}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

❝トゥールの最上級、ヴァケラスも1本のみ、早い者勝ち(>_<)

2011年ヴァケラス<シャトー・デ・トゥール>

{ローヌ//品種:グルナッシュ90%、シラー10%/小売価格¥9,000外税}

<今回の仕入先(輸入元)()フィネスさん>

 

こんな生産者です。(^_^)/()フィネスさんより抜粋」★

 ~CHATEAU DES TOURS:シャトー・デ・トゥール~ 

エマニュエル レイノ氏は父ベルナール レイノ氏と叔父のジャック レイノ氏からワイン造りを学びました。1997年、叔父から引継いだのが シャトー ライヤ AOC シャトーヌフ デュ パプ)とシャトー ド フォンサレット AOC コート デュ ローヌ)、そして父から引継いだのがこのシャトー デ トゥールAOC ヴァケラス)です。 シャトー デ トゥールはシャトーヌフ デュ パプの東にあるサリアン村に位置し、こちらはシャトー ライヤの醸造所とは対照的に照明が明るく、近代的な設備が完備されています。約40haの葡萄畑では赤ワイン用にグルナッシュ種、サンソー種、シラー種、メルロー種、クノワーズ種、白ワイン用にグルナッシュ ブラン種、カリニャン種が栽培されています。

 

『新入荷!スペシャルなブルゴーニュ!!』2018/5/25号

❝最近のお気に入りのドメーヌです♪

シャサーニュ・モンラッシェの新星、

ハイツ・ロシャルデ~❞

 Getしたいアイテム

No.1ですね(≧◇≦)...

 

2015年シャサーニュ・モンラッシェ1級ラ・マルトロワ

<ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ>

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ/

小売価格¥12,500外税}

 

 

<今回の仕入先(輸入元)は、ジェロボーム()さん>

 こちらを見たでSALE10%OFF→11,250(外税)

 

 1,500本しか

生産されてません(>_<)...

 

 2015年ムルソー・レ・グリュヤッシュ<ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ/

小売価格¥10,000外税}

 

 

<今回の仕入先(輸入元)は、ジェロボーム()さん>

 

こちらを見たでSALE10%OFF→9,000(外税)

 

 『コント・ラフォンのモノポール、

クロ・ド・ラ・バールに連なる

クリマです(*^^)v...

 2015年ムルソー・アン・ラ・バール

<ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ/

小売価格¥10,000外税}

 

 

<今回の仕入先(輸入元)は、ジェロボーム()さん>

 

こちらを見たでSALE10%OFF→9,000(外税)

こんな生産者です。(^_^)/WINE REPORTさんより一部抜粋

 ~Domaine Heitz Lochardet :ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ~ 

優れたネゴシアンは、いいヴイニュロン(ブドウ栽培家)からブドウや果汁を買い付ける。ピュリニー・モンラッシェのポール・ペルノも、シャサーニュ・モンラッシェのハイツ・ロシャルデもジョセフ・ドルーアンに売ってきた。ペルノは義理堅いから今も一部を売っている。ブルゴーニュの農民は義理と人情の世界である。

 ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデは、アルマン・ハイツが2012年にワインを造り始めてから注目を集めている。

 

1857年にさかのぼる歴史を持つ一族だ。大地主だったが、

フィロキセラ後に売却しジョルジュ・ロシャルデがコート・ド・ボーヌ最高の畑のみを手元にのこした。畑は3人の孫が分割した。その1人ブリジット・ロシャルデがクリスチャン・ハイツと結婚し、ハイツ・ロシャルデの名でブドウを栽培。ドルーアンに全量売っていたが、自家元詰め転じた。ルフレーブの前の醸造家ルードヴィック・ピエロの指導でビオディナミに取り組んでいる。

 

 

 

 

【Get!しましょう年末年始の希少なワイン】2017/12/07号(No.3)

《 ボルドー編 》

めったの登場しませんが、当店ではボルドーワインもあるのです。

充実とまでは、いきませんが、飲み頃、レアなものなどをご用意。

どれも、少量でのご案内になります。

ピショウン・ロングヴィル・

バロンのカベルネ主体のセカンド

①2012年

レ・グリフォン・ド・

   ピション・バロン

 {ボルドー/ポイヤック/赤

/品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロ40%}¥7,700(税別)

エレガントと力強さのバランス

5級シャトー

②2007年

シャトー・ランシュ・ムサス

 {ボルドー/ポイヤック/赤/

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロ25%}¥7,100(税別)

 

クロ・デュ・マルキの初リリースセカンド ③2015年ラ・プティト・マルキーズ

 {ボルドー/サンジュリアン/赤/品種:カベルネ・ソーヴィニヨン52%、メルロ48%}¥6,400(税別)

4級格付けの存在感

④2007年

シャトー・ラフォン・ロシェ

 {ボルドー/サンテステフ/赤/

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン61%、メルロ31%、他}¥7,900(税別)

旨みが濃縮された、スミス・オー・ラフィットのセカンド⑤2010年

ル・プティ・オー・

ラフィット・ルージュ

 {ボルドー/ペサック・レオニャン/赤/品種:カベルネ・ソーヴィニヨン55%、メルロ45%}¥7,700(税別)

3級格付けのボリュームと繊細さ ⑥2011年シャトー・マルキ・ダレム

 {ボルドー/マルゴー/赤/品種:カベルネ・ソーヴィニヨン58%、メルロ30%}¥7,300(税別)

3大ムーリスのひとつ

⑦2007年

シャトー・プジョー

 {ボルドー/ムーリス/赤/

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロ30%、プティヴェルド5%}¥7,900(税別)

 

丸みの出た熟成感

⑧1999年

シャトー・モーカイユ 

{ボルドー/ムーリス/赤/品種:カベルネ・ソーヴィニヨン52%、メルロ41%、プティヴェルド7%}¥6,400(税別)

おまけ シャトー・コルバンのセカンド ⑨2007年ヴァン・ド・コルバン

 {ボルドー/サンテミリオン・グランクリュ/赤/品種:メルロ80%、カベルネ・フラン20%}¥3,500(税別)

スペシャルワイン♪♪♪

世界的ワインコンサルタント、ミシェル・ローラン所有のシャトー

⑩2007年

シャトー・ル・ボン・パストゥール

 {ボルドー/ポムロール/赤/

品種:メルロ80%、カベルネ・フラン20%}¥10,000(税別)

 

 

 

 

【Get!しましょう年末年始の希少なワイン】2017/11/29号(No.2)

「知らずに飲めば、ムルソーと錯覚を起こすことは間違いない!」

 

 

ボンジュ~ル、( ̄∠  ̄ )ノたむらワイン店です。

 

 

❝何かと忙しく物入りな年末年始、

今のうちからか備えておきましょう!素敵なワイン❞


レアなワインは、割り当て入荷で本数も限定となっております(>_<)。年末年始のパーティーシーンや大切な方への贈り物をより一層素敵なものにするには早めに入手しておきましょうね!(^_-)-☆」

【早い者勝ち!】

 

【限定品

 

12本入荷】 

 

 

 

 

「本来ならば村名ムルソーとなってもおかしくない、村の中心と

クロ・デ・ペリエールの上の区画とをアッサンブラージュしたブルゴーニュ・ブラン。」 

 

2015年

 

ブルゴーニュ・クロ・デュ・ミュルジェ

 

<ドメーヌ・アルベール・グリヴォ>

 

¥5,000(税別)
{ブルゴーニュ/白/品種:シャルドネ100%}今回の仕入先輸入元は、㈱ラックコーポレーションさんです。

 

「ドメーヌ・アルベール・グリヴォとは㈱ラックコーポレーションさんより....

(一部抜粋)....

 もしもムルソーに特級畑が認められるとすれば、真っ先に名前が挙がるクリマがクロ・デ・ペリエール。

ペリエールの優位性はよく知られたところだが、斜面上部のペリエール・デュシュと下部のペリエール・ドゥスゥでは後者のほうが格上。さらにそのど真ん中に位置するクロ・デ・ペリエールこそ特級にふさわしい。

石垣に囲まれた0.95haの小さな区画。この畑から鋼のように強靭なミネラルと、濃密な凝縮感をもつ白ワインが生み出されるのだ。

クロ・デ・ペリエールはドメーヌ・アルベール・グリヴォーのモノポール畑。

今日、ドメーヌを運営するのはアルベールグリヴォーの孫にあたる、ミシェル・バルデ夫妻である。

クロ・デ・ペリエールのほか、通常のペリエール、村名ムルソー、ブルゴーニュ・ブラン、ポマール1級クロ・ブランの5アペラシオンに、合計6haのブドウ畑を所有。

白でも長期熟成の可能なワインがこのドメーヌの方針で、とくにクロ・デ・ペリエールにいたっては10年でも20年でも問題なく寝かしておくことができます。

 

 

 

 

【Get!しましょう年末年始の希少なワイン】2017/10/26号(No.1)

【Get!しましょう年末年始の希少なワイン】10/26号(No.1)

 

ボンジュ~ル、( ̄∠  ̄ )ノたむらワイン店です。

 

❝何かと忙しく物入りな年末年始、

今のうちからか備えておきましょう!素敵なワイン❞


レアなワインは、割り当て入荷で本数も限定となっております(>_<)。年末年始のパーティーシーンや大切な方への贈り物をより一層素敵なものにするには早めに入手しておきましょうね!(^_-)-☆」

【限定品

 

6本入荷

 

 

度な技術に頼らず、

自然に任せていた

20世紀初頭のヴィニュロンの

流儀の再現。」

 

 

 

2015年ブルゴーニュ・ブラン


<ドメーヌ・フーリエ>¥6,500(税別)
{ブルゴーニュ/白/品種:シャルドネ100%}今回の仕入先輸入元は、豊通食料㈱さんです。

 

「ドメーヌ・フーリエとは豊通食料㈱より....ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニー、ヴージョに9.5haを所有し、その内1級とグラン・クリュが70%程度を占めます。現在の当主は1971年生まれのジャン=マリー・フーリエ氏。ボーヌのワイン農業学校を卒業後、ブルゴーニュ大学の醸造講座に通いました。1988年には半年間アンリ・ジャイエで研修、その後父親の元で修行を積み、1993年オレゴンに渡りジョセフ・ドルーアンでアメリカのピノ・ノワール造りを学びました。1994年の帰国後23歳の若さで父の跡を継ぎ、自ら「テロワリスト」と名乗り、醸造にテクニックを求めず、自然を支配することを好みません。高度な技術に頼らず、自然に任せていた20世紀初頭のヴィニュロンの流儀の再現を目指しています。   

 

 

 

 

 

 

2017/5/5

 

たむらワイン店、

  新着ワイン!(2017/5/2限定入荷品です。)

①2014年ブルゴーニュ・ルージュ<ドメーヌ・リシャール・マニエール>

 {ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール}¥4,400(税別)

②2014年フィサン・ヴィエイユ・ヴィーニュ

<ドメーヌ・リシャール・マニエール>

 {ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール}¥7,500(税別)

③2014年ヴォーヌ・ロマネ<ドメーヌ・リシャール・マニエール>

 {ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール}¥10,000(税別)

④2014年エシェゾー(グラン・クリュ)<ドメーヌ・リシャール・マニエール>

 

 {ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール}¥22,000(税別)

 <輸入元㈱フィラディス>

 

★★★こんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、㈱フィラディスさんより抜粋」

 

~ドメーヌ・リシャール・マニエール~ 

 

ここがスゴイ!⇒DRC社が切望するエシェゾーの区画

『プーライエール』の中央部分の畑を所有。

 

ドメーヌ・リシャール・マニエールは、1795年からヴォーヌ・ロマネの村の中心に構える歴史ある造り手だ。現当主のリシャール・マニエールで5代目となる。先代の頃はマニエール・ノワロ名義でワインを手掛けており、ロバート・パーカーからは、「熟成力のある凝縮したリッチなブルゴーニュを手掛ける」というコメントともに4ツ星評価を得ている。因みにノワロはリシャールの母方の家系で、この一族はヴォーヌ・ロマネ最大の土地の所有者のひとりだった。

10haの所有畑は本拠地ヴォーヌ・ロマネを中心に、南はニュイ・サン・ジョルジュから北はフィサンまで広がり、古樹の畑を多く所有する。そのラインナップは素晴らしく、グランクリュのエシェゾーをはじめ、ヴォーヌ・ロマネ屈指のプルミエクリュであるレ・スショや、ニュイ・サン・ジョルジュを代表するプルミエクリュ、オー・ブドやレ・ダモードを先祖代々受け継いできた。特に、先々代が手に入れたエシェゾーは、このアペラシオン最上の区画とされるレ・プーライエールのほぼ中央と、絶好のロケーションを誇る。ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの所有区画に両サイドを挟まれているため、同社からドメーヌ対し5年おきに畑の交換が持ちかけられるそうだが、ロマネ・コンティ社が交換を打診する区画は、面積は大きいもののレ・プーライエールの北端にあり、畑としては劣るため、その要望に応じるつもりはないという。

 

2013年も当店ではとても人気&リピート率の高いワイン達でした。2014年は本数限定での入荷になってしまいましたので、気になる方はお早めに~~~(^_^)

2017/01/18

偉大なピュリニーは、ルイ氏からフランソワ氏そしてポール氏。

知らなかったです???いつの間に???

 

 

月間新着ワイン<新入荷・再入荷>!

♪先ずは、入り口スタンダードおぉ...これは以外にお得(^O^)

①2014 ブルゴーニュ・シャルドネ 

ポール・カリヨン

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格(¥3,600/外税)}

<輸入元㈱ラック・コーポレーション>

 

♪看板のピュリニー、この先もっと価格は高くなるんでしょうね(~_~;)」

②2014年 ピュリニー・モンラッシェ

ポール・カリヨン

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格(¥8,000/外税)}

<輸入元㈱ラック・コーポレーション>

 

★★★こんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、㈱ラック・コーポレーションさんより」

Paul CARILLON ポール カリヨン】
メーヌ・ポール・カリヨンとは、実質的にピュリニー・モンラッシェのドメーヌ・フランソワ・カリヨンである。遺産相続の関係でドメーヌ名を息子のポールに変更しただけで、所有畑もワイン造りも従来となんら変わりはない。

フランソワ・カリヨンのルーツは1520年にまで遡り、フランソワが15代目、ポールが16代目となる。先代のルイ・カリヨンはルフレーヴやエティエンヌ・ソゼと並ぶ、ピュリニー・モンラッシェの銘醸家。

フランソワは1988年にドメーヌ入りし、おもに醸造を担当する兄のジャックに対してブドウ栽培に従事し、父のドメーヌを盛り立てた。父のルイが引退した2010年に独立し、ドメーヌ・フランソワ・カリヨンが誕生。

そして、2014年ヴィンテージ以降はドメーヌ・ポール・カリヨンとしてワインがリリースされるというわけだ。所有している畑も、ピュリニー・モンラッシェ1級のフォラティエール、コンベット、ペリエール、シャン・ガン、特級のシュヴァリエ・モンラッシェと素晴らしいクリマばかり。すでにルイ・カリヨン時代から環境に負荷をかけないブドウ栽培に傾倒していたフランソワは、自身のドメーヌでビオロジックを実践。除草剤の使用を止め、トラクターの入れない場所では馬を使って耕作している。

白ワインの醸造は、手摘みされたブドウを小樽で醸造。アルコール発酵、マロラクティック発酵の期間も含め、ワインが樽に入っている期間は丸1年。クリマによって新樽比率を調整する。その後、タンクに移して6ヶ月寝かせた後、瓶詰めとなる。

充実した果実味とともにテンションの感じられる、気品があり、洗練された造り。ポールもまた、偉大な父が確立したスタイルを継承し続けるだろう。

 

 

2016/6/30

 

『フランスワイン専門店 たむらワイン店
新着ワイン、ご案内いたしますのコーナーです。』

【お得な価格で、数量限定で発売開始!201671()より】

<ニコラ・ルジェ>

ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ~2010

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ブラン100%}

入荷本数◆10

通常店頭価格◆¥6,480(税込)

SALE→20%OFF◆¥5,184(税込)

 

『♡♥♡このワインは、とっても魅力的ですネッ!
ブルゴーニュの良好な年2010年、生産本数750900本の希少な逸品
ピノ・ブラン種100%使用が面白い~

ブルゴーニュの神、アンリー・ジャイエの教えを受け継ぐ者のひとりエマニュエル・ルジェの長男、ニコラ・ルジェが手掛ける人気銘柄。2010年に購入したコンクール村の区画「オー・ゼルビュ」より。0.13ha。ピノ・ブラン100%。平均樹齢約30年。3分の1を新樽で、3分の2をステンレスタンクで発酵・12ヶ月間熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。
年間生産本数750900本の限定作品。

2015/7/29

激レア ローヌワイン入荷!!!

左から

1999年 ヴォークリューズ VDP メルロ・シラー 8,600

1999年 コート・デュ・ローヌ ブラン ¥13,800

1999年 ヴァケラス ¥16,500

1999年 コート・デュ・ローヌ ルージュ ¥13,800

1999年 ヴォークリューズ VDP メルロ 8,600

1999年 ヴォークリューズ VDP ブラン 8,600


当店の割り当てはなんと、1本ずつ。そんな激レアなワインですが、なんで、こんなにレアかと言いますと、造っている方、ヴィンテージが凄いんです!!! まずは、造り手・・・ドメーヌ・デ・トーゥールと、シャトー・デ・トゥールと二つありますが、人は同じ「エマニュエル・レイノー」そう、シャトー・ヌフ・ド・パプ最高の造り手「シャトー・ライヤ」の当主です。ライヤのワインだと、当店にもありますがなんと、¥38,500と超高級なことでも知られています。そんなワインをも造る人の簡単に言えば畑違い・・・

そして、現行ヴィンテージが2011年を出荷しているのですが、そこから遡ること12年。それも蔵出しの状態で日本に入荷されたのです。もちろん輸入元は正規代理店といってもいい「フィネス」さん。

VDPと言えども、熟成を続ける高いポテンシャルを秘めており、10年以上も熟成を果たすワインが今、まさに飲み頃で登場したのです。クラスを超えた味わい、ポテンシャルと言えますが、それこそがラヤスと同等の仕事を行っているというレイノー氏の言葉を裏付ける確証となるワインです。とっておきの一本にいかがでしょうか。ローヌワインの価値が激変するワインです。

2015/06/04

テロワールの恩恵、『最高のブルゴーニュ・ブラン』
本数限定で入荷いたしました。
⇒2013年ブルゴーニュ・シャルドネ・ショーム・デ・ペリエール
/ドメーヌ・レイモン・デュポン・ファン
¥5,500(税込)⇒フェイスブック見た!で10%OFFの¥4,950

弊店不動の人気『かきの水煮缶¥800と一緒にどうぞ』(^_-)-☆

✩✩✩こんなワイン(ワインインポーターさんのコメントより)

ブルゴーニュ・ショーム・デ・ペリエール。このキュヴェにはムルソーの1級畑ペリエールとジュヌヴリエールに接する、本来村名クラスの区画(ムルソー・ド・ダヌ)のブドウが使われている。1975年に休耕地だったこの畑を購入し、植樹する際に「根を十分に張らすためには表面の土の層が浅すぎる」と考えた祖父のジャンは、他の区画の土を20cmほど足すことをINAOに申請し、許可を得た。しかし、この一件は他のムルソーの生産者の間でスキャンダルとなり、彼らの抗議によってACブルゴーニュに格下げされたという逸話を持つ。
現在も格付けはACブルゴーニュのままだが、その時植えられたブドウの樹は地中深くまで根を張って、ド・ダヌとペリエールのテロワールの恩恵を大いに受けた実を結び、『最高のブルゴーニュ・ブラン』と誉れ高いワインを生み出している。



「新世代を造る


ブルゴーニュ=


ドメーヌ・バシュレ・モノ」入荷!!


 限定6本のみ

今月のおすすめプレミアムワイン 2014/09/19

〈◆数量限定(極少量)◆早い者勝ちです。〉

「専門誌・ワイナートNo.73 Winart2014より」

さらなる期待を背負う5軒新世代の飛躍 

ドメーヌの世代交代はほぼ40年サイクル。偉大なドメーヌで世代交代あったとしても、大きな話題になることはない。しかし、それまで協同組合やネゴスにワインを桶売りしていたドメーヌが、世代交代を機に元詰めに切り替え、脚光を浴びることはある。新しい世代は学校で醸造を学び、優れた造り手のもとで研修し、同世代とのコミュニケーションも欠かさない。共通点はまず畑仕事から見直し、品質を向上させることだ。

Wine List

マランジュ・クロ・ド・ラ・ボーティエール(1)//ドメーヌ・バシュレ・モノ/2011

  「Domaine BACHELET-MONNOT」は、

マルクとアレクサンドルのバシュレ兄弟が2005年に設立したドメーヌ。といってもゼロから新たに起こしたのではなく、父のドメーヌを再構築したもの。フラッグシップにバタール・モンラッシェ。ピュリニー・モンラッシェやシャサーニュ・モンラッシなどラインナップを所有しているが、本拠地はマランジュである。(祖父はシャサーニュ出身、祖母はムルソー出身で、ふたりが結婚し、居を構えたのがマランジュです。この村で生まれた兄弟の父がマランジュやサントネイの畑を増やしていき彼らが受け継ぎました。)

 

【ワインはテイスティング済みです(^^ゞ⇒】マランジュって一見マイナーなアペラシオンのイメージですよねいえいえこれはビックリ(_;)でございます。 ブラインドならまずモンラッシエ系と答えるでしょうね(*^^)v それほどに豊かな果実とキレイな酸が同居した端正なスタイル、洗練された作品です。アペラシオンにこだわらず旨いブルゴーニュのシャルドネが飲みたいなら是非お試しください。 ズバリ、コストパフォーマンスに優れています。

☆☆☆「旨いです!」クラスの領域をはるかに超えた、これもまたスゴ物です。

通常店頭価格¥5,450のところ

SALE!-10OFF!-4,905

 

「メオ・カミュゼ」

 

新入荷!!!

 

今月のプレミアムワイン 20147/1号】

〈◆数量限定(極少量)◆早い者勝ちです。〉

Wine List

ブルゴーニュ・ルージュ

/メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール/2012

メオ・カミュゼ(ジャン・ニコラ・メオ氏)といえば「ブルゴーニュワインの神、()アンリ・ジャイエ氏に直接指導受けた希少な人物のひとりとしてとっても有名ですネ。」

 「ご相伴に預かりました。 (*^^)v

※たむらワイン店 恒例の日曜昼下がり酒屋のかくうち(酒屋さんの店内で立ち飲みをすること)ならぬワインのかくうちでご相伴に預かりました。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが毎週このような光景がご常連の方々で繰り広げられております。

体験されたい方は是非気軽にいらしてくださいね(^^

 「では本題です。=2012年ブルゴーニュは、優秀です。(^_^)/

1.外観⇒()苦戦をしいられた年とは思えないエキスの濃さを感じさせる鮮やかで深いルビー色。

2.いざ抜栓、グラスに注ぐ⇒ACブルゴーニュのクラスらしい香りが華やかに立ち上る、早飲みの予感!(抜栓後1520分で開花の予感)

3.いざ口のなかに⇒思ったとおりこのクラスならではの"若さを楽しめる濃縮されたダイナミックな果実味。流石です“天才メオ”

4.評価と感想⇒AOCブルゴーニユのクラスとしてはかなり高価であるが、内容は、ワンランクもツーランクも超えた"スゴ物です。「とても贅沢ですが今のんでこそ美味しいブルゴーニュ」といえるでしょう。(*^^)v

☆最後に…()2012年のブルゴーニュは、前評判どおり苦戦をしいられ収穫量こそ激減であったが、その分厳しい選果によって少量生産された仕上がりは、とても凝縮した旨みとデリケートな酸味がつまった肉厚な味わいといえるでしょう。

(^o^)丿

通常店頭価格¥5,750のところ

SALE!-10OFF!-5,175

 

 

 

「メオ・カミュゼ」

 

希少白も入荷!!!

ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ クロ・サン・フィリベール

/ドメーヌ・メオ・カミュゼ/2012

メオ・カミュゼの白と言えば、ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ クロ・サン・フィリベールですね!【※クロ・サン・フィリベールはモノポール(単独所有の畑を意味します。)

「☆わたくし田村(祐一)が過去に経験した(20代後半から30代初め)上記は、ノンフィルターで作られていたのでしょうか?

なにかと濃さを感じるアタックの強さばかりが印象的でエレガントさとはかけ離れていたような気がいたします。」⇒当時は今のような驚くほどの高価ではなかったのであまり気にとめていませんでした。

☆☆☆久しぶりに飲んでビックリしました(_;)

「旨いです!」クラスの領域をはるかに超えた、これもまたスゴ物です。

スケールの大きさを予感させるゴールドカラー、濃密さを感じさせる香りが華やか。ここまでは過去の経験と同じのようないざ口に運ぶとビックリ!果実味を引き立てる酸味が実にデリケートです。クラス、カテゴリーを意識せずワインと向き合えばスケールの大きさ・エレガントさ・洗練された味わいに出会えることでしょう。

◆とっても高価になりましたが価値ある逸品として進化しております。(*^^)vぜひこの機会に経験してみてはいかがでしょう。(^^

通常店頭価格¥7,400のところ

 

SALE!-10OFF!-6,660

What's New

2018年

9月

15日

9月15日、16日  限定スペシャル有料試飲

おぉぉぉ...世間は、三連休でしたね」 これはもう飲むしかないね~(o)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日9/15()9/16()※数量限定無くなり次第終了です。

続きを読む