◆◆【数量限定】◆◆神秘なるロマネ・コンティ真髄を継承した男が手掛けるワイン

DRCで40年間働いた母,37年間働いた父を両親に持ち

毎年,ロマネ・コンティの瓶詰め・試飲にも立ち会う男が

DRCから受け継いだ栽培法と醸造法で造る

スーパー・ブルゴーニュ・ワイン!

 

ジャン=

ルイ・

ライヤール

 

 

 

Jean-

 

Louis Raillard

 

その創設以来,世界中のワイン愛好家を虜にするドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ。ロマコンの名前でも有名ですが、ワイン好きさん達にはDRC(ディー・アール・シー)と呼ばれています。金額等も話題のひとつになりますが、その存在自体が伝説。小市民なわれわれには高嶺の花ですが、今回はちょっと変化球的にDRCを体感すべく、とあるワインをご案内。

DRCで40年間働いていた母(しかも,あのロマネ・コンティの畑の葡萄の摘み取りを任されていた最も優秀な収穫人の1人)と,同じく37年間働いていた父を両親に持つ男ジャン=ルイ・ライヤール。DRCで数年働いたジョシュ・ジェンセンが創設したカレラをカリフォルニアのDRCとするならば,DRCで巡り合った両親の子に生まれ,DRCのセラーのすぐ裏手に住み,子供のころから両親の仕事(つまりDRCの栽培や醸造)を見て育ったライヤールは,まさに“DRCで生まれDRCで育ったDRCの息子”と言って過言ではないでしょう。しかも,ライヤールは毎年DRCの瓶詰めに立会い,試飲もする権利を持っている数少ない男。自らもDRCで働き,様々なネゴシアンでも働いた経験を持つライヤールは,現在,著名なボーヌ醸造学校で教鞭を取る傍ら,自身のドメーヌでワインを造っています。平均樹齢50年という素晴らしい古樹の畑を所有する彼のワイン造りは,有機栽培(完全なバイオダイナミック農法へ転換中),馬による耕作,遅い収穫,低収量,非除梗,高温発酵,澱引き回避,無清澄,無濾過,重力に逆らわない瓶詰めなど,正真正銘DRCから受け継いだブルゴーニュの王道を行く方法をとっています。栽培面積3.5ヘクタール,年間総生産量7千本前後(少な!!)という超ミクロ・ドメーヌ。

 

もう、ここまで読んだあなたは、わくわくしていること間違いなし。問題はどこのワインで、おいくらですか??なだけでしょう。さてさて・・・・・

2008年 ニュイ・サン・ジョルジュ ジャン=ルイ・ライヤール 

当店にはあと5本だけ!! 

 

¥7,680

 

 

 

メーカーコメントより

「ニュイ・サン・ジョルジュの4つの村名クリマレ・フルリエール、レ・シャルモワ、レ・ゼルビュ、レ・サン・ジュリアンの区画から生まれる。平均樹齢60年の区画に由来するブドウを低収量で丁寧に手摘み。バリック(新樽30%)で澱引きをせず15ヶ月熟成。ニュイ・サン・ジョルジュのDRC版と呼べる驚きのポテンシャル。」

 

ちょっと大げさな感じは否めませんが、実際飲んで、納得です。

DRCのワインは年によっても違いますが、果実味のパワーで押していく感じではなく、すごくキレイで、

内に秘めた強さをもつ、宝石のようなワイン。

このワインは、その本質はそのままに、よりシンプルに仕上がっています。

それもそうです。ウン百万するワインと七千円代が同じな訳はありません・・・

でも、片鱗というのでしょうか、瞬間にそのポテンシャルが秘めている、

「いつかはDRCを飲んでみたい」と思ってしまうようなワインです。

 

 

What's New

2019年

11月

15日

11月16日、11月17日  限定スペシャル有料試飲

『来週はいよいよヌーボーの解禁ですね!(^<^)

ますますワインが楽しくなる~ヾ(≧▽≦)ノ

 

11月の週末スペシャル

有料ワインリスト

 

❝第3回11/16()11/17()
今回のテーマ

「今やお値打ち品と言えるブルゴーニュの生産者では???」

続きを読む