今週末(1/30~2/2)の試飲にはとある高級シャンパンに勝ったという   スパークリングが登場!!

現地フランスではこの雑誌がリリースされて

完売してしまったそうです☆☆☆

フランスのワイン誌「Bourgogne Aujourd’hui」(ブルゴーニュ・オジュールデュイ=今日のブルゴーニュ??)の「クレマン VS シャンパーニュ 飲んで一番を決めましょう!!」みたいな題名の特集で高級シャンパン ボランジェ・ロゼ(9,000円ぐらい)を4位に押さえての、堂々の2位にランクイン。1位がシャンパンだったので、クレマンのなかでは実質の1位と言ってもいいのではないでしょうか??

クレマン・ダルザス・ロゼ ルネ・ミューレ

試飲特価 ¥3,150

春の始まりを思わせる淡い色合い。イチゴや木苺のような赤い果実のフレッシュな香りと、バニラのようなしっかりとした香りが魅惑的に香ります。ピノ・ノワール100%なのですが、やさしめの泡立ちと、程良い骨格が味わいを形作ります。爽やかで心地の良いフィニッシュへといざないます。アルザスと言うと甘いイメージが強いかもしれませんが、このスパークリングにはそんなことを微塵も感じさせません。

そして、ロゼスパークリングと言えば、お料理をまったくと言って良いほど選びませんので、一本押えておいて間違いない逸品です。

ただ一点、このスパークリングの難点はちょっとビンの形が特徴的なので、横にすると安定しないですし、通常のラッピングが出来ません。(超高級シャンパンのクリュッグと同じビン形とのうわさも・・・)

 

ちなみにフランス語ですが、その記事のページがご覧いただけます。

表紙です。
クレマンVSシャンパーニュ.pdf
PDFファイル 120.6 KB
1位~8位まで掲載されています。
ランキング一覧.pdf
PDFファイル 108.0 KB

その他にも3種類試飲ワインをご案内

右より

意外や意外。お店では常にランナップされているのですが、なかなか試飲に登場していなかったワインです。キリッと辛口で有名なシャブリ地区の近くで造られるソーヴィニヨン・ブラン。シャルドネとは違って、香りが華やかですが。口当たりはすっきりとしています。

 

 

●2011年 サン・ブリ オリヴィエ・トリコン 試飲特価¥2,268

 

ヴァンサン・ジラルダンの兄ジャックのドメーヌ。2011年と若さのあるピノ・ノワールは樽の香りがしっかりとして、口当たりは少し素朴さを感じさせます。酸味が穏やかなので、優しいピノとしてついつい飲み進んでしまいそうです。

●2011年 ブルゴーニュ ピノ・ノワール V.V. ジャック・ジラルダン試飲特価¥2,457

 

ボルドーの各地にシャトーを所有する「リュルトン・ファミリー」の一員が監督するクリュ・ブルジョワクラスのシャトー。マルゴーらしい、非常にきめ細かなタンニンと味わい豊かな後味。洗練された上品な質感。

●2010年 シャトー・ラ・トゥール・ド・ベッサン 試飲特価¥3,123

 

What's New

2019年

11月

07日

11月9日、11月10日  限定スペシャル有料試飲

『秋晴れが心地よい今日このごろ、ワインの美味しい季節到来!...

タップリワインを楽しもうよ!!(≧▽≦)ノ』

 

11月の週末スペシャル

有料ワインリスト

 

❝第211/9()11/10()
今回のテーマ「素敵なブルゴーニュを検証してみましょう~

続きを読む