今週末(5/15~5/18)の試飲は「PN×PN」&「Ch×Ch」飲み比べです♪♪

☆☆☆

元ムルソーの畑、

ポテンシャルの高さは

まさにムルソー

 

その昔、ここの畑は1級畑のペリエールとジュヌヴリエールに隣接するムルソー(村名クラス)でした。そこをこの当主の祖父が購入し、休耕地だったので、ブドウを植えようとしたのですが、「根を張らすためには土が足りない」と思い、他の区画の土を足したそうです。ちゃんとINAOに許可をとったのですが、他のムルソー生産者達が「それは違うだろ!!」と言ったかどうかは定かではありませんが、抗議を受けて、ブルゴーニュに格下げになったそうです。たった20cmの土を足しただけなんですけどね・・・

いわく付きでも、いい方のいわくつき 誉れ高いブルゴーニュ

2012年 ブルゴーニュ・シャルドネ

      ショーム・デ・ペリエール 

~レイモン・デュポン・ファン

スペシャル試飲特価 ¥4,482

余韻の長さ、丸さ、透明さ、全体のバランスの良さがすばらしいです。

 

スペシャルなCh(シャルドネ)に対抗はしません、このワインがワインだけで楽しめるとして、もうひとつは、これとは間逆に、おつまみとの相性は抜群なシャルドネでいかがでしょう。

右:2012年ドメーヌ・デ・

フィゲラス シャルドネ

試飲特価 ¥1,656

こちらはフランスでも南「ラングドック」のシャルドネ。リュット・レゾネ(減農薬農法)で造られ、この方は他にも色々な種類のブドウを栽培しているのですが、その土地に一番マッチした品種を育て、その品種らしい醸造をするという、ベーシックなシャルドネを楽しむのにバッチリな一本です。意外にもきれいな仕上がり。洋食系のボリューム感とマッチします。

 

続いてはPN(ピノ・ノワール)の対決

お手軽は、やっぱりおつまみとの相性がいいものでいきましょう。

左:2012年 イル ド ボテ ピノ ノワール

         ヴィエイユ ヴィーニュ

~ラウル・クレルジェ

試飲特価 ¥1,620

こちらもフランスの南は南でも地中海に浮かぶ島『コルシカ島』のピノです。

温暖な気候なので、ピノらしさと言うよりも小さな果実をたくさん集めたようなチャーミングな味わいが楽しめます。コルシカはチーズも名産ですので、チーズと一緒なんてのもいいですね。

そして、対抗するのは素敵なPNです

 

☆☆☆

ジュブレ・シャンベルタン

の生産者が造る優しくても

旨み充分なピノ

 

そうですね、この生産者は上のクラスと言えば、ジュブレ・シャンベルタンのグランクリュ(特級)シャルム・シャンベルタンを筆頭に名だたる畑を持ち、熟成した時の華やかさ、味わいの深みは格別で、ジャーナリストなどの評価ももちろんですが、ワイン愛好家からの支持も厚い、売り切れ必須の生産者です。ただ、ラベルの感じがほぼ同じなので、パッと見るとこれと同じ??なんて思ってしまうかもしれませんが、価格を見ると「!!」なんてこともしばしば・・・

そんな有名な生産者の一番お手軽クラスですが

 

どんなクラスでもその良さは隠し切れないと実感します

2010年 ブルゴーニュ・グラン・オルディネール 

ジョセフ・ロティ

試飲特価 ¥2,790

2010年と少し若い気もするのですが、あけた瞬間から香りや味わいがふわりと上がってきました。翌日に一番ピークがくるのではないでしょうかと、ワクワク感がたまらない、ちょっぴり贅沢なワインです。ちなみにグラン・オルディネールだと本来はガメイとのブレンドですが、こちらはピノ100%です。ここもそうですね。おつまみはなしでもいいですし、あわせるなら「デパ地下惣菜」をオススメします。

What's New

2019年

8月

17日

8月17日、18日  限定スペシャル有料試飲

『長~いお休みも土日で終わりに....(*´з`)〆はやっぱり素敵なワインでしょうッ!(^_-)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日8/17()~8/18()※数量限定無くなり次第終了です。

続きを読む