今週のお買い得ワイン(10月29日~11月1日)

お買い得ローヌ入荷!!!

 

コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュのひとつ、「ラストー」。ローヌでも南ローヌに位置し、一番近いメージャー地区と言うと「ジゴンダス」なんかが近くなりますね。なので、もちろん、主体となるブドウ品種は「グルナッシュ」若いうちは強さが強調される品種ですが、このワインに関して言えば、90%をステンレスタンクで醸造しているので、意外にコクがあるのに、優しい味わいとなっています。

ローヌ地方独特のこの豊な味わいは、冬の食卓を彩るのにピッタリです。

ファミーユ・ペランという造り手は、ローヌ地方に300haを超える畑を所有し、一番のトップはシャトー・ド・ボーカステルもその傘下に入っているということ。その他にもネゴシアン部門を立ち上げたり、カリフォルニアでのワイン造りなどと、時代とともに革新を続けながらも「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫き、父から子へと家族の伝統を受け継いでいます。

そんな中でも、このちょっと地味なラストー。マイナーだからこその、ちょっと落ち着いたヴィンテージが入荷しました。かつ、お買い得なワインになっていますので、今週末のワインとしていかがでしょうか?

 

2010年 ラストー ランデオル 

     ~ファミーユ・ペラン

 

通常価格¥3,700の所 12本限定特価¥2,980

こちらもローヌのワインですが・・・

造り手はブルゴーニュの方なんです

 

こちらは南は南でもブルゴーニュの南側「サンヴェラン」を本拠とするヴェルジェが手掛けるローヌワインです。このヴェルジェさんは『 白ワインの魔術師 』と言われるほどの方。一部では「変わり者」との異名もあるのですが、ワインが美味しければそんな名前はなんてことないよ。と言いたくなるようなのがこのワインです。洋梨のような白い果実の香り、フレッシュでエレガントな味わいは、ブレンドならではの深みです。


 

2013年 ギュファン・ブラン・

     マルサンヌ・ルーサンヌ

~シャトー・ド・トゥレット

 

今週の特価¥2,340

What's New

2019年

8月

22日

今週(8月23日~8月25日)のお買い得品

食事のお供にいかが???

 

アルザスワインの入門としてふさわしく、約70年の時を経て1993年にヒューゲル家によって復刻された唯一のブレンドワインです。固有のテロワールから生まれる“ 高貴品種の調和”を表現し、50 %以上は4つの品種のブレンドになります。リースリングは繊細さとミネラル感を、ピノ・グリはボディを与え、ゲヴェルツトラミネールはスパイシーなアロマを形成し、ミュスカはフルーツのニュアンスを与えます。そして快活で軽やかなシルヴァーナは新鮮でエレガントな味わいを生み出します。単体でも、また世界中のバラエティに富んだ食事に合わせても楽しめます。一押しは、エスニック料理です!! 

【地方:アルザス/タイプ:白/品種:シルヴァーナー&ピノ・ブラン、ピノ・グリ、ゲヴェルツトラミナー、リースリング、ミュスカ

(輸入元:㈱ジェロボーム)  

 

2017年 ジョンティ~ファミーユ・ヒューゲル

 

試飲特価¥2,155

続きを読む