今週(3月31日~4月3日)のお買い得品

クリアな飲み口で

洗練された白ワイン

 

ボルドーワイン業界を代表する名家の1つドゥルト家がムーリスに所有するシャトー・モーカイユ。

ムーリスの3大シャトーに名を挙げられる評価の高いワインを造っています。そのモーカイユのチームがジロンド河ボルドー市より上流の右岸(ペサック・レオニャンの対岸)、ボウレッシュで収穫されたブドウから造る白ワインが「ル・ボルドー・ド・モーカイユ・ブラン」です。ソーヴィニョン主体らしい華やかで濃厚さのあるグレープフルーツなどの柑橘系の香り、辛口ながらほのかな甘みが厚みを持たせ、味を引き締める軽い苦味が食欲を誘います。ハーブのアクセントを効かせたお料理をはじめ、アスパラやナス、ズッキーニなどの野菜のフリット、もしくは天麩羅さやえんどうやそらまめの和え物、ジェノベーゼのパスタ、帆立やタラなど白身魚のバターソテーなどが相性良く楽しめそうですね。 エチケットもなんか春を連想させる爽やかなグリーンです。白ワインの当たり年2013年はオススメです。

 

 2013年ル・ボルドー・ド・モーカイユ・ブラン

 

試飲特価¥2,308

試飲会で再発見!!

バランス◎のローヌ 

 

ローヌ川のほとり、リラックにそびえる11世紀建造のモンフォーコン城。城主パンス伯爵の息子ロドルフ氏がオーナーです。グルナッシュを上手にブレンドするのですが、意外にもこの方のトップキュヴェもコート・デュ・ローヌなんですよね。それも、先日試飲したのですが、「!!!」な濃厚で重厚な味わい。お値段も重厚でしたので、コスパのいいこちらを入荷した次第です。フルーティで優しいタンニンにバランスのよい酸がアフターを引き締めるので、ローヌの旨みがギュッとつまっているけど、重すぎない、そんなワインになっています。お肉でも、牛肉よりかは、豚肉。焼き鳥のタレなんかに合いますよ。グルナッシュ60%、シラー20%、他20%(カリニャンとクノワーズ)のブレンド。

  

2013年 コート・デュ・ローヌ~シャトー・ド・モンフォーコン

 

試飲特価¥2,280

What's New

2019年

8月

22日

今週(8月23日~8月25日)のお買い得品

食事のお供にいかが???

 

アルザスワインの入門としてふさわしく、約70年の時を経て1993年にヒューゲル家によって復刻された唯一のブレンドワインです。固有のテロワールから生まれる“ 高貴品種の調和”を表現し、50 %以上は4つの品種のブレンドになります。リースリングは繊細さとミネラル感を、ピノ・グリはボディを与え、ゲヴェルツトラミネールはスパイシーなアロマを形成し、ミュスカはフルーツのニュアンスを与えます。そして快活で軽やかなシルヴァーナは新鮮でエレガントな味わいを生み出します。単体でも、また世界中のバラエティに富んだ食事に合わせても楽しめます。一押しは、エスニック料理です!! 

【地方:アルザス/タイプ:白/品種:シルヴァーナー&ピノ・ブラン、ピノ・グリ、ゲヴェルツトラミナー、リースリング、ミュスカ

(輸入元:㈱ジェロボーム)  

 

2017年 ジョンティ~ファミーユ・ヒューゲル

 

試飲特価¥2,155

続きを読む