今週(4月21日~4月24日)のお買い得品

端麗辛口な白ワイン♪

 

フランスはロワールの地方都市「ソミュール」。アンジューの真珠とも詠われるその土地は、シャンパーニュ地方と同じく、白亜質の石灰土壌の土中に地下蔵が縦横にと張り巡らされており、一説には延べ1,000キロにも及ぶとのことです。

 

そんな所で造られるこの白は、シュナン・ブランという土着の品種造られます。この品種自体は長期熟成の極甘口から辛口まで造られるのですが、辛口と言ってもちょっとフルーティな感じがあるのがまあ、大体の印象です。しかし、こちらは、なんとも言えない辛口仕立て。日本語にすると、端麗辛口と言った感じですね。すっきり白がお好きであれば、お気に入りになること間違いなしの逸品です。

 

 2013年ソミュール

 リュー・ディット・エピナ

~カーヴ・ド・

  ヴィニュロン・ド・

   ソミュール

 

試飲特価¥1,847

今週はワンランク上!実力派ローヌ!!!

 

南ローヌで最も北に位置する畑。なので、意外と名前が知れ渡っていないマイナーな産地と言えるでしょうね。それもそのはずAOC昇格したのが2006年とまだまだ最近なんです。

グルナッシュとシラーを半分ずつブレンド。ローヌらしい華やかな香り。丸みがあり豊かなフィネスとエレガントなタンニン、長い余韻を感じます。先週のワインとは、明らかにランクの違いを感じさせます。

  

2013年 ヴァンソーブル~ファミーユ・ペラン

 

試飲特価¥2,770

What's New

2019年

8月

22日

今週(8月23日~8月25日)のお買い得品

食事のお供にいかが???

 

アルザスワインの入門としてふさわしく、約70年の時を経て1993年にヒューゲル家によって復刻された唯一のブレンドワインです。固有のテロワールから生まれる“ 高貴品種の調和”を表現し、50 %以上は4つの品種のブレンドになります。リースリングは繊細さとミネラル感を、ピノ・グリはボディを与え、ゲヴェルツトラミネールはスパイシーなアロマを形成し、ミュスカはフルーツのニュアンスを与えます。そして快活で軽やかなシルヴァーナは新鮮でエレガントな味わいを生み出します。単体でも、また世界中のバラエティに富んだ食事に合わせても楽しめます。一押しは、エスニック料理です!! 

【地方:アルザス/タイプ:白/品種:シルヴァーナー&ピノ・ブラン、ピノ・グリ、ゲヴェルツトラミナー、リースリング、ミュスカ

(輸入元:㈱ジェロボーム)  

 

2017年 ジョンティ~ファミーユ・ヒューゲル

 

試飲特価¥2,155

続きを読む