秋分の日限定スペシャル有料試飲 9月22日

ボンジュールです、♪♪♪( ̄∠  ̄ )ノ

 

ちょいスペシャル有料試飲!

 

>>>臨時便

 

 シルバーウィークですからね開催は、9/22(祝・木)※数量限定無くなり次第終了です。

 

テーマ『なんか旨そ~ローヌ、白の二品種それぞれ100%

①2012年

サン・ペレイ・ヴェーション〔ドメーヌ・フランソワ・ヴィラール〕

{コート・デュ・ローヌ//

品種:マルサンヌ100%/

小売価格(¥4,968/税込)}

 

マルサンヌ100%。樹齢25歳。南向きの3区画。石灰混じりの粘土質土壌。収穫量40hℓ/ha

小樽(新樽25%)にて低温醗酵、そのままシュール・リー、約11ヶ月間熟成。2006年ファースト・リリース。

 

 

◆お試しglass (80ml)→¥600(税込)

②2014年

ルーサンヌ・ヴァン・ド・フランス〔ドメーヌ・ジャンヌ・ガイヤール〕

{コート・デュ・ローヌ/白/

品種:ミュスカ100%/

小売価格(¥3,240/税込)}

 

ルーサンヌ100%。0.5ha。2区画(Chavanay, Malleval)。花崗岩土壌。樽醗酵、樽熟成(新樽10%)、7~8ヶ月間。

◆お試しglass(80ml)→¥500(税込)

こんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、輸入元の㈱中島董商店さんより」
ドメーヌ・フランソワ・ヴィラール

1962年生まれのヴィラール氏は、近年ローヌで最も評価を上げている造り 手で、ローヌを代表する醸造家の一人です。ヴィラール家は代々農家であり、ワ イン造りに関わっていませんでした。 彼は15歳からワイン造りに携わり、20代前半のころ、ソムリエを経験しまし た。著名なソムリエ達と交友関係を持ち、それに基づき栽培及び醸造の勉強を して、理想のワイン造りを目指しました。1989年に初めてコンドリューに畑を 購入し、1991年に初リリース以来、各国・各方面で高い評価を得ています。 コート・ロティ、コンドリュー、サン・ジョセフ(ヴァン・ド・ペイ)に畑 を所有しています。葡萄を完熟させる為、収穫時期は非常に遅く、また収穫量 も低く(30hl/ha)、より濃縮・完熟した葡萄を収穫します。収穫時と醗酵前に葡 萄を厳しく選別した後、醗酵を行います。約3週間の長期マセラシオンを行い、 バトナージュは2回/日、自分の足でシャポーを沈める手造りワインです。熟成 は、小樽にて赤=約24ケ月間、白=12ヶ月間行います。新樽比率は、20~100%と、 年や畑により異なります。

------------------------------------------------------------------

ドメーヌ・ジャンヌ・ガイヤール

1984年、ピエール・ガイヤール氏の長女として産まれま した。幼少時代より父親の側で仕事を見て成長し、1996年 から畑の仕事、カーヴの仕事などを手伝うようになりまし た。2003年にバカロレア取得。その後、ボーヌの栽培醸造 専門学校で4年間勉強し、アルコール飲料販売とワイン栽 培醸造のデイプロームを取得しました。その間、ドメー ヌ・バシュレ・モノで2年間修行し、カリフォルニアでも 経験を積みました。2007年からドメーヌ・ピエール・ガイ ヤールに加わりました。その後、2008年にVins de Paysを 8haを父親から譲り受け、ドメーヌ・ジャンヌ・ガイヤー ルを設立しました。 白ワインは、研修をして知り合いになったブルゴーニュ のドメーヌ・バシュレ・モノの3回使用した樽を譲り受け、 プレス後すぐに樽に入れ、醗酵・熟成を行います。赤ワイ ンは、選別・除梗の後、グラスファイバーのタンクに仕込 みをして低温マセレーションを施し、温度を25℃くらいに 抑えながら醗酵します。醗酵後も25℃に保ったまま、7~8 日間ほど寝かせます。ピジャージュはほとんど行わず、一 日2回のルモンタージュを行います。熟成はステンレスタ ンクで行っています。 ピエール氏の醸造所の一角を専用のスペースにして仕事 を行っています。父親から学んだことを基礎としつつ、自 分のスタイルを造り出そうという意欲のもと、父親のスタ イルよりソフトで果実味の豊かなものを目指しています。

What's New

2018年

2月

22日

今週(2月23日~2月25日)のお買い得品

さすがの

ペラン!!!

 

シャトー・ヌフ・デュ・パプをトップにローヌ地方の13品種全てを栽培する、ファミーユ・ペラン。時代と共に革新を続けながらも、「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫き、父から子へと家族の伝統を受け継いでいます。色々な畑をもっているのですが、それぞれがきちんと表現されている所がそのポリシーの表れのような気がします。

続きを読む