今週(9月29日~10月2日)のお買い得品

知る人ぞ知る

「注目の

  生産者」!

 

ちょっと前のスペシャル有料試飲の登場したのが、この生産者のヴォーヌ・ロマネだったのですが、今回は一番お手頃で、今飲んでも美味しい「ブルゴーニュ・ルージュ」のご案内です。

1795年からヴォーヌ・ロマネに設立された歴史ある造り手で、現当主のリシャール・マニエールで5代目となります。所有している畑は非常に樹齢が高く(40年~80年)、凝縮したリッチなワインに仕上がります。特にエシェゾーはプーライエールの真ん中にあり、DRCの畑に囲まれています。 (※DRCのエシェゾーの多くは、プーライエールという小区画から産出される) それ故、同社から毎年交換の申し入れがあるほどです。

 若くたって美味しい「ピノ」がまさに、「コレ!!!」です。

 

2013年 ブルゴーニュ・ルージュ

 ~リシャール・マニエール

  

試飲特価¥3,591(税込)

毎年変わるエチケットも注目♪♪ 

 

アルザスの土地とブドウを熟知した伝統あるドメーヌ。ビオディナミ農法が生む、複雑味が魅力。アルザスの豊かさと、リースリングの素晴らしさが惜しみなく発揮された一本。

毎年変わるラベルは、展示会などで出会った有名無名の画家たちにワインを飲んでもらい、そのワインのイメージを描いてもらったものです。

 

 

2014年 アンドロー・リースリング

 ~マルク・クライデンヴァイス

 

試飲特価¥3,790(税込)

What's New

2019年

3月

21日

今週(3月22日~3月24日)のお買い得品

こんなブレンド!!!

 

シラーとピノをブレンドするなんて!!!と驚くのですが、その昔、ブルゴーニュでは、困難なヴィンテージにピノ・ノワールの 酒精を強化するために、エルミタージュで収穫されたシラーをブレンドしていたという歴史があるそうです。こちらは、この手法を逆転させて、シラーにピノ・ノワールをブレンドしたキュヴェなのです。この結果、ピノ・ノワールの妖艶な香味を備えた個性的なシラーのワインとなるわけです。ラングドックのピノ・ノワールのパイオニア、カトリーヌ・ロック女史だからこんなことが出来るのでしょうね。 

【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:シラー80%、ピノ・ノワール20%】

(輸入元:㈱VIVIT) 

 

2017年 パラグレ~ドメーヌ・ド・クロヴァロン

 

試飲特価¥2,872

続きを読む