今週(10月20日~10月23日)のお買い得品

お手軽オーガニック

赤ワイン!!

 

エチケットの左下にある緑のユーロマーク。これは、1991年に農学者の団体によってフランスで設立された、国際有機認定機関「エコセール認証」のマークです。 オーガニック認証団体の世界基準ともいわれている認知度の高いオーガニック認定なんですが、大抵、このマークがついていると、ちょっとお高いイメージがあります。でも、こちらは、リュベロンの共同組合という大きな組織が造りだしているので、なかなかなお手軽なワインになっています。方言でトレッキングを意味する、プロヴァンスの自然をイメージ。フランボワーズやカシスなどのフレッシュな果実感が魅力。(ちなみに個人的な勝手なイメージで、エチケットに、子山羊をかかえたおじいさん・・・「年齢を重ねたペーター」に見えます)

 

2013年 アムンタナージュ・リュベロン

 オーガニック~マレノン

  

試飲特価¥1,539(税込)

要チェックな生産者♪♪♪ 

 

ボーヌの生産者「ミッシェル・ゴヌー」の甥「ジャン・ミッシェル」が手掛ける白ワイン。ムルソー村が本拠地。伯父のミシェル・ゴヌー同様に偉大な年の一部のワインはドメーヌが所有するセラーで熟成させた後に出荷され、リリース価格は現行ものと出来る限り同等の値段で出されるため、飲み頃を迎えたワインがお買い得な値段で出てくる優良生産者です。そんな方のちょっとだけ熟成バックヴィンテージ。使用葡萄は一部にムルソーの区画の物を使っているとか。新樽の比率が低いので、ブドウ本来のポテンシャルの高さが表現されています。

 

 

2012年 ブルゴーニュ・ブラン

~ジャン・ミッシェル・ゴヌー

 

試飲特価¥3,591(税込)

What's New

2019年

3月

21日

今週(3月22日~3月24日)のお買い得品

こんなブレンド!!!

 

シラーとピノをブレンドするなんて!!!と驚くのですが、その昔、ブルゴーニュでは、困難なヴィンテージにピノ・ノワールの 酒精を強化するために、エルミタージュで収穫されたシラーをブレンドしていたという歴史があるそうです。こちらは、この手法を逆転させて、シラーにピノ・ノワールをブレンドしたキュヴェなのです。この結果、ピノ・ノワールの妖艶な香味を備えた個性的なシラーのワインとなるわけです。ラングドックのピノ・ノワールのパイオニア、カトリーヌ・ロック女史だからこんなことが出来るのでしょうね。 

【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:シラー80%、ピノ・ノワール20%】

(輸入元:㈱VIVIT) 

 

2017年 パラグレ~ドメーヌ・ド・クロヴァロン

 

試飲特価¥2,872

続きを読む