11月26日、27日  限定スペシャル有料試飲

☆ボンジュ~ルです、♪♪♪( ̄∠  ̄ )ノ


【>>>週末スペシャル有料試飲!

 

開催は、11/26(土)11/27()※数量限定無くなり次第終了です。

 

テーマ『11月最後の週はボリュームで行きましょか!(≧▽≦)

❝プイィ・フュイッセを

 

代表する

 

トップドメーヌ❞

①2012

 

プイイ・フュイッセ

 

オトゥール・ド・フュイッセ

 

ドメーヌJ.A.フェレ

 

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格(¥5,940/税込)}

お試し◆glass(80ml)→¥1,000(税込)

 

❝偉大な父の意志を継ぐ・・・❞

 

②2014年 

 

マルサネ レ・ロンジュロワ

 

シャルロパン・テシエ

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%

/小売価格(¥6,804/税込)}

 


お試し◆glass(80ml)→¥1,000(税込)

 

①はこんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、㈱日本リカーさんより」

 

【★★★ドメーヌJ.A.フェレ】

 

1840年に創立したドメーヌJ.A.フェレは、フュイッセ村の円形状のクリマの中心にあり、長らくフュイッセを代表するトップドメーヌのひとつとして知られてきました。

第二次大戦後、フュイッセ地区において、自家栽培したブドウを自身で瓶詰めした最初のドメーヌであり、テロワールを区分けするというコンセプトをフュイッセ地区に導入し、それぞれの区画のワインを別々に醸造することを始めたワイナリーの先駆けでもあります。やがてテート・ド・クリュ(上級キュヴェ)、オール・クラッセ(最上級キュヴェ)というカテゴリー分けがジャンヌ・フェレによって構築されました。約50年もの間ドメーヌの発展に尽くしたジャンヌ・フェレが亡くなった後、娘のコレットがドメーヌを牽引してきましたが、コレットの没後、2008年にメゾン・ルイ・ジャドはその伝統とワイン哲学とともに、フェレの畑を受け継ぎました。ドメーヌ・フェレの哲学は、「樹齢の高いブドウを使用し、収穫量を抑えることによって、優れた品質のワインを造り続けること」です。

What's New

2018年

7月

19日

今週(7月20日~7月22日)のお買い得品

ひさびさのサン・ブリ

 

サン・ブリとは、シャブリ地区で造られる、「ソーヴィニヨン・ブラン」なんです。ロワールやボルドーのソーヴィニヨン・ブランとはまた違った、ピュアさがあります。特に、この生産者は、この、サンブリの畑を、高齢でリタイアするという人物から高樹齢のブドウの樹が植わる好条件の畑を譲り受ける機会に恵まれたと言います。樹齢の高いブドウの樹は大変希少ですから、ラッキーですよね。そのお陰で、2005年に自らのドメーヌを興す事を決心しました。自社畑ではテロワールを尊重したビオロジック(有機)栽培を行っています。
このワインは、ステンレスタンクにて天然酵母のみを使って発酵を行い、ブドウ由来の柑橘系の香りや爽やかなハーブのニュアンスを巧みに引き出しています。上品で爽やかな味わいが愉しめる白ワインです。
(輸入元:豊通食料㈱) 

 

2017年 サン・ブリ~クロティルド・ダヴェンヌ

 

試飲特価¥3,078

続きを読む