12月17日、18日  限定スペシャル有料試飲

☆ボンジュ~ルです、♪♪♪( ̄∠  ̄ )ノ


【>>>週末スペシャル有料試飲!

 

開催は、12/17(土)12/18(日)※数量限定無くなり次第終了です。

 

テーマ『良年2014ブルゴーニュをニュイの最北、メオで検証!』

アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐ

ヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ

写真左 ①2014年 フィサン1級クロ・デュ・シャピトル

〔メオ・カミュゼF&S〕

 

{ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール100%/小売価格(¥10,584/税)}
お試し◆glass(70ml)→¥1,000(税込)

 

 

写真右 ②2014年 マルサネ〔メオ・カミュゼF&〕

{ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール100%/小売価格(¥6,048/税)}
お試し◆glass(90ml)→¥1,000(税込)

 

こんな生産者です。(^_^)/

 

【★★★MEO-CAMUZET Frere et Soeur/メオ カミュゼ フレール エ スール】

メオ・カミュゼの歴史は、栽培農家であると同時に、コート・ドール県選出の代議士であったエティエンヌ・カミュゼに始まる。因みにクロ・ド・ヴージョ城はコンフレリー・デ・シュヴァリエ・デュ・タスヴァンに譲られるまで、カミュゼ家の所有であった。

メオ・カミュゼのクロ・ド・ヴージョの畑が、城の周囲と真下という、もっとも素晴らしい位置を占めているのはそうした理由からだ。エティエンヌ・カミュゼの娘、マリア・ノワロには跡継ぎがなく、1959年、近親のジャン・メオにドメーヌを託して亡くなった。ジャン・メオは当時、ド・ゴール政権の閣僚という要職にあり、直接、ドメーヌの管理をするわけにはいかない。

畑は折半耕作の形で小作人に任せ、出来上がったワインは樽のままネゴシアンに売られていた。

この時の小作人でドメーヌのワインを手がけていたのが、2006年に没したブルゴーニュの神様、アンリ・ジャイエだ。(※詳細文面の一部です。)

What's New

2018年

2月

22日

今週(2月23日~2月25日)のお買い得品

さすがの

ペラン!!!

 

シャトー・ヌフ・デュ・パプをトップにローヌ地方の13品種全てを栽培する、ファミーユ・ペラン。時代と共に革新を続けながらも、「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫き、父から子へと家族の伝統を受け継いでいます。色々な畑をもっているのですが、それぞれがきちんと表現されている所がそのポリシーの表れのような気がします。

続きを読む