今週(1月19日~1月22日)のお買い得品

サンソー100%な赤ワイン

 

ラングドックでも、サン・シニアンの造り手の一番お手ごろなワイン。このサンシニアンはオルブ川を挟む形で畑があるのですが、その川を北上すると、良質な温泉水の源泉があることで有名なアヴェンヌ村があるのです。そう、女性なら一度?はお世話になっているかな?な高級な「アヴェンヌ・ウォーター」の源泉があるところです。その川の下流域にある畑となると、何かしらの恩恵を受けているようないないような・・・

と、思わせるような綺麗さが赤ワインですが、これにはあるんですよ。それも、品種は本来なら補助品種の「サンソー100%」2014年は初の入荷ですが、フランス全域で良い年になっていますので、力強さとのバランスが絶妙なワインになっています。(輸入元:㈱ヴァンクロス)

 

 2014年 バロコ~ドメーヌ・ド・カンビス

  

試飲特価¥1,949(税込)

1885年ワイン???

 

→いいえ!

1885年からの創業です。

 

先週ご紹介した、ソーヴィニヨン・ブランよりもひとつ上のランクを今回はご紹介。このワイン達は、ファミーユ・ブーグリエと言うロワールの造り手の一つのドメーヌで、比較的若樹のブドウが使われています。ですが、こちらはさすがワンランク上なだけあって、キレのある酸と、クリアさ、心地よいバランスで果実味が感じられる仕上がり。トゥーレーヌは高級ワインの産地ではないので、お手軽なのも嬉しいポイントですね。ポン酢系のお鍋とご一緒にいかがでしょうか???(輸入元:㈱ヴァンクロス)

 

 2014年 トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン

       ~ドメーヌ・ゲノー

  

試飲特価¥2,257(税込)

What's New

2019年

3月

21日

今週(3月22日~3月24日)のお買い得品

こんなブレンド!!!

 

シラーとピノをブレンドするなんて!!!と驚くのですが、その昔、ブルゴーニュでは、困難なヴィンテージにピノ・ノワールの 酒精を強化するために、エルミタージュで収穫されたシラーをブレンドしていたという歴史があるそうです。こちらは、この手法を逆転させて、シラーにピノ・ノワールをブレンドしたキュヴェなのです。この結果、ピノ・ノワールの妖艶な香味を備えた個性的なシラーのワインとなるわけです。ラングドックのピノ・ノワールのパイオニア、カトリーヌ・ロック女史だからこんなことが出来るのでしょうね。 

【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:シラー80%、ピノ・ノワール20%】

(輸入元:㈱VIVIT) 

 

2017年 パラグレ~ドメーヌ・ド・クロヴァロン

 

試飲特価¥2,872

続きを読む