2月4日、5日  限定スペシャル有料試飲

☆ボンジュ~ルです、♪♪♪( ̄∠  ̄ )ノ


【>>>週末スペシャル有料試飲!

 

開催は、2/4(土)2/5(日)※数量限定無くなり次第終了です。

 

テーマは『心地よいお天気、白が美味いワイン日和。』

 

♪続、検証です。同じ造り手、同じ年。畑の違いが味わいに表現されているのか???.....

右:①2012年

 サン・トーバン1級

ル・シャルモワ 

〔ドメーヌ・デュ・オー

・ピエ・デュ・

モン・ショーヴ〕

 

{ブルゴーニュ/白/品種:シャルドネ/

小売価格(¥6,804/税込)}

<輸入元㈱ヴァンクロス>

 

お試し◆glass(80ml)→¥1,000(税込)

 

左:②2012年 シャサーニュ・モンラッシェ・アン・ピモン 

〔ドメーヌ・デュ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ〕

{ブルゴーニュ/白/品種:シャルドネ/小売価格(¥8,856/税込)}

<輸入元㈱ヴァンクロス>

 

 

お試し◆glass(70ml)→¥1,000(税込)

★★こんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、㈱ヴァン・クロスさんより」

 

  シャサーニュ村に本拠地を置くネゴシアン、Famille Picard/ファミーユ・ピカール社。(中略)

2010年がファーストヴィンテージとなる。ドメーヌの所在はシャサーニュモンラッシェ村。栽培醸造はフランシーヌ・ピカール氏とメゾン新生の立役者でもあるファブリス・レーン氏などを含む4名のスタッフで行われる。ファブリス氏はBouchard Pere & Fils社で白ワインの醸造責任者を歴任。その後、Maison Nicolas Potelでニコラ・ポテル氏の片腕として辣腕をふるい、退社後、それまでの華々しい経歴をかわれドメーヌに招聘された。サントーバン、シャサーニュ、ピュリニーに15haの葡萄畑を所有。レ・ヴェルジェ、レ・カイユレ、ル・ドモワゼルなどの1級畑はベルナール・コランから買収。手付かずの自然の状態であった畑を、2006年よりドゥ・セニュール氏(25年以上のキャリアを持つ南仏のビオディナミスト)をコンサルタントに迎え、ビオディナミ農法を慣行。一部のピノノワールの畑を除き2013年にはすべての畑をビオディミに移行する。

フラッグシップとなる、PULIGNY MONTRACHET 1er LES DEMOISELLES/ピュリニー・モンラッシェ1級レ・ドモワゼルは特級畑のル・モンラッシェとシュヴァリエ・モンラッシェに隣接する最上級の区画。その昔は『レ・ドモワゼル・モンラッシェ』としてリリースされていた事実上のグランクリュ。

イギリスの著名ワインジャーナリストJancis Robinson女史が既に大変高い評価をしており、また、R.Parker.comのテイスターのDavid Schildknecht氏、Michel Bettane氏等、世界を代表するジャーナリストが噂をききつけて、ドメーヌまで訪問をしている。今後、話題沸騰のドメーヌである。ドメーヌ名【AU PIED DU MONT CHAUVE】はモンラッシェの語源となる【はげ山のふもと】を意味する。

What's New

2019年

3月

21日

今週(3月22日~3月24日)のお買い得品

こんなブレンド!!!

 

シラーとピノをブレンドするなんて!!!と驚くのですが、その昔、ブルゴーニュでは、困難なヴィンテージにピノ・ノワールの 酒精を強化するために、エルミタージュで収穫されたシラーをブレンドしていたという歴史があるそうです。こちらは、この手法を逆転させて、シラーにピノ・ノワールをブレンドしたキュヴェなのです。この結果、ピノ・ノワールの妖艶な香味を備えた個性的なシラーのワインとなるわけです。ラングドックのピノ・ノワールのパイオニア、カトリーヌ・ロック女史だからこんなことが出来るのでしょうね。 

【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:シラー80%、ピノ・ノワール20%】

(輸入元:㈱VIVIT) 

 

2017年 パラグレ~ドメーヌ・ド・クロヴァロン

 

試飲特価¥2,872

続きを読む