今週(3月17日~3月19日)のお買い得品

アルザス

スパークリング 

 

先日のお勉強会参加にて、見つけてきたワイン第一弾です。

コルマールはその地域名とも一緒なのですが、「食事と素晴らしく相性の良い」ワインのバリエーションを生み出す生産者です。このクレマンは、リースリング100%で造られるのちょっと珍

しい逸品。でも、100%のシンプルさが納得させられる、さわやかな柑橘系のニュアンスとほのかなスパイシーさがたまりません。連休中のお食事のランクをぐっとアップさせてくれそうな優秀スパークリングです。

(輸入元:㈱未来堂)

 

 クレマン・ダルザス リースリング 

 シグナチャー・ドゥ・コルマール

~ドメーヌ・ヴィレ・ドゥ・コルマール

 

試飲特価¥2,698(税込)

エレガント

ロワール!!

 

春はロワールソーヴィニヨン!!

と叫びたくなるような、透明感のある白ワインです。でも、このレジス・ミネ氏はちょっと苦労なさったようで、17歳の時に創業者のロバートが急逝してしまったので、学業を断念して、父の遺志と

共にドメーヌを継ぐ道を選んだそうです。ステンレスタンクのみで造られ、為柑橘系アロマ、フレッシュでキレのある酸味、若いニュアンスが格の違いを見せます。春の苦味のあるお野菜などに・・・でも、コレだけのポテンシャルなら、おつまみなしでも充分楽しめます。(輸入元:㈱フィネス)

 

 

2014年 プイィ・フュメ V.V.

 ~レジス・ミネ

  

試飲特価¥3,591(税込)

What's New

2019年

3月

21日

今週(3月22日~3月24日)のお買い得品

こんなブレンド!!!

 

シラーとピノをブレンドするなんて!!!と驚くのですが、その昔、ブルゴーニュでは、困難なヴィンテージにピノ・ノワールの 酒精を強化するために、エルミタージュで収穫されたシラーをブレンドしていたという歴史があるそうです。こちらは、この手法を逆転させて、シラーにピノ・ノワールをブレンドしたキュヴェなのです。この結果、ピノ・ノワールの妖艶な香味を備えた個性的なシラーのワインとなるわけです。ラングドックのピノ・ノワールのパイオニア、カトリーヌ・ロック女史だからこんなことが出来るのでしょうね。 

【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:シラー80%、ピノ・ノワール20%】

(輸入元:㈱VIVIT) 

 

2017年 パラグレ~ドメーヌ・ド・クロヴァロン

 

試飲特価¥2,872

続きを読む