3月18日、19日  限定スペシャル有料試飲

☆ボンジュ~ルです、♪♪♪( ̄∠  ̄ )ノ

 

【お待たせッ!高級ワイン、週末スペシャル有料試飲!

 

開催は、3/18(土)3/19(日)※数量限定無くなり次第終了です。

 

テーマ『三連休ですからね、贅沢に行きましょか!!!(^_-)-☆

『シャブリの新星、

パトリック・ピウズの世界とは....』

 

2014 シャブリ1級ヴァイヨン・レ・ミノ

<パトリック・ピウズ>

 

{ブルゴーニュ//

品種:シャルドネ/

小売価格(¥8,100税込)}

<輸入元㈱ヴァンクロス>

 

 

 お試し◆glass(80ml)→¥1,000(税込) 

 

『ヴォルネー屈指の

歴史ある造り手....

 

②2014年 ヴォルネー1級

<マルキ・

ダンジェルヴィル>

 

{ブルゴーニュ//

品種:ピノ・ノワール/

小売価格(¥12,960税込)}

       <輸入元㈱フィネス>

 

お試し◆glass(60ml)1,000(税込)

こんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、㈱フィネスさんより」

Domaine Marquis DAngerville 

 

 約200年に渡り、ヴォルネーでワイン造りを続けている当ドメーヌ。1906年からINAO(フランス原産地呼称統制協会)の創立メンバーの1人であるマルキ ダンジェルヴィル氏がドメーヌの仕事を引き継ぎ、フィロキセラの被害にあった葡萄畑の再建に尽力しました。1952年には息子のジャック ダンジェルヴィル氏(現当主ギョーム ダンジェルヴィル氏の父親)がドメーヌを継ぎ、父同様に品質を重視したワイン造りを続け、また様々なワイン関連機関の設立に貢献しました。ジャック氏の他界後、2003年から息子のギョーム氏がドメーヌを引き継ぎ、ジャック氏と15年間共に仕事をしてきた農業技師であるルノー ド ヴィレット氏の助力を借りながらワイン造りを行っていましたが、ヴィレット氏が定年退職したために現在は2005年から当ドメーヌで畑と醸造管理を手伝っているフランソワ デュヴィヴィエ氏と共にワイン造りを行っています。  

ドメーヌの「偉大なワインは葡萄の収量を制限した収穫から生まれる」という理念に基づき、1株につき6房に抑えて凝縮した質の高い葡萄を作っています。現在は約15haの畑を所有し、丁寧に耕作されている排水の良い石灰泥灰土壌にたくさんの古木が地中深くにまで根を下ろして、様々な要素を葡萄に与えています。2006年ヴィンテージから毎年25%の割合でビオディナミに移行しており、2009年ヴィンテージからすべてビオディナミによる造りになりました。  収穫は全て手摘みで除梗も100%行われます。醗酵前に低温で果皮浸漬を行い、温度管理がしやすく外気との遮断が容易という理由からアルコール醗酵は木製の開放桶で約14日間行います。熟成は228ℓの樫樽で15~18ヵ月間行われ、年にもよりますが新樽比率は約25%になります。また、白において2006年から醸造方法をかなり変えていて、昔はステンレスタンクでアルコール醗酵を行ってから樽に移していましたが、今はアルコール醗酵から樽を使用をしています。

What's New

2018年

2月

22日

今週(2月23日~2月25日)のお買い得品

さすがの

ペラン!!!

 

シャトー・ヌフ・デュ・パプをトップにローヌ地方の13品種全てを栽培する、ファミーユ・ペラン。時代と共に革新を続けながらも、「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫き、父から子へと家族の伝統を受け継いでいます。色々な畑をもっているのですが、それぞれがきちんと表現されている所がそのポリシーの表れのような気がします。

続きを読む