5月6日、7日限定スペシャル有料試飲

☆ぼんじゅーる♪♪♪( ̄∠  ̄ )ノ


【>>>週末スペシャル有料試飲!

 

開催は、5/6(土)5/7()※数量限定無くなり次第終了です。

 

テーマ『 G.W.の〆は、サヴィニィ・レ・ボーヌの赤、白でいかがでしょう?? 

 

2014年サヴィニィ・レ・ボーヌ1級オー・ジャロン

<ドメーヌ・ルイ・ジャド>

{ブルゴーニュ/白/品種:シャルドネ/

小売価格(¥6,480税込)}

<輸入元 ㈱日本リカー>

 

お試し◆glass(80ml)

1,000(税込)

 

2011年サヴィニィ・レ・ボーヌ1級レ・マルコネ

<シモン・ビーズ・エ・フィス>

{ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格(¥8,640税込)}

<輸入元 ㈱ラックコーポレーション>

 

お試し◆glass(80ml)1,000(税込)

★②はこんな生産者です。(^_^)/

「この度の仕入先、㈱ラックコーポレーションさんより一部抜粋

 

~シモン・ビーズ・エ・フィス~ 

 

サヴィニー・レ・ボーヌという比較的マイナーなアペラシオンにあって、驚くほど緻密で繊細なワインを生み出すドメーヌ・シモン・ビーズ。ドメーヌの創設は1880年。初代シモン・ビーズがわずかばかりのブドウ畑を耕作して始めた。

1950年に孫の3代目シモンがドメーヌを継承すると、ブドウ栽培のみならず、醸造家としての才能にも恵まれた彼は、戦後の経済復興もままならぬ中でドメーヌ元詰めを決意。ドメーヌ・シモン・ビーズのワインは高く評価され、レストランのシェフやソムリエ、さらにワイン愛好家の間で広まっていったという。

 

そして1972年にドメーヌを引き継いだのが、3代目シモンの息子、パトリックである。彼はドメーヌの名声をさらに高めると同時に、ブドウ畑を大きく拡張。1995年にラトリシエール・シャンベルタン、1997年にコルトン・シャルルマーニュと、赤白ふたつのグラン・クリュを手に入れることに成功し、ドメーヌの総面積は22ヘクタールに達した。

そして1998年、パトリックは日本人女性の千砂さんと結婚。長男ユーゴ、長女ナスカというふたりの子どもにも恵まれたものの、2013年10月、61歳の若さで他界した。

以後、ドメーヌの舵取りは千砂さんと、パトリックの妹で、ヴォーヌ・ロマネのドメーヌ・ジャン・グリヴォに嫁いだマリエルに委ねられている。

What's New

2018年

2月

22日

今週(2月23日~2月25日)のお買い得品

さすがの

ペラン!!!

 

シャトー・ヌフ・デュ・パプをトップにローヌ地方の13品種全てを栽培する、ファミーユ・ペラン。時代と共に革新を続けながらも、「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫き、父から子へと家族の伝統を受け継いでいます。色々な畑をもっているのですが、それぞれがきちんと表現されている所がそのポリシーの表れのような気がします。

続きを読む