今週のお買い得ワイン(10月13日~10月15日)

円熟したボルドー♪♪

 

シャトー・レスタージュ・シモンはサンテステフの北の集落、サン・スーラン・ド・カドゥルヌのコミューンに位置しています。同じエリアにある著名エステート、シャトー・ソシアンド・マレとは集落を挟んで2kmほどの対角にあります。このシャトーが持つポテンシャルを

見出し、情熱を注いでワイン造りに勤しんできた前オーナー、シャルル・シモン氏は2001年に亡くなり、彼の亡き後のシャトーは彼の子供達によってネゴシアン業を営むムエックス・レベグ社に売却され、荒廃していきました。2006年より大手ネゴシアン、レ・グラン・シェ・ド・フランス社の傘下に入り、スウェーデン人のエノロゴ、メレテ・ラルセン女史の指揮の下、新生レスタージュ・シモンとして最盛期の評価を取り戻すべく再建の道を進んでいます。

 

このワインはそのシャルル・シモン氏の渾身の作品。20年の時を経た丸みを帯びたボルドーワインをこの価格で堪能頂けます。

メルロー68%、カベルネ・ソーヴィニヨン27%、カベルネ・フラン5%(輸入元:㈱アストル)

 

1996年 シャトー・レスタージュ・シモン

 

今週の特価¥3,181

程良い厚みの

白ワイン!!!

 

太陽の国、エロー県の閑静な片田舎でワイン造りと現代アートをこよなく愛するドーレ一家が運営する南仏の実力派ドメーヌ。南仏で最も魅力的な景観と言われるシャトーは12世紀に修道院として建設され、1974年にドーレ親子が購入。その後荒地だった畑の開拓とワイン造りに情熱を捧げる。特に台地上部は石灰岩が剥き出しの大きな岩石に覆われておりダイナマイトを使用して2年の歳月を経て開墾に成功。大量の安ワイン産地というイメージのルーション地区の常識を見事に覆した革命的ワイナリーとしてルーション地方の真のポテンシャルを引き出してきました。この地の土壌の特質である石灰質やミネラル分を多く吸収したエレガントで精妙な南仏ワインが産み出される。ステンレスタンクを用い16度の低温発酵の後、全体の約20%が2ヵ月間の短い樽熟成を行う。青リンゴや白桃の様なフレッシュで心地よい果実味と厚みを持つ辛口。ヴェルメンティーノ50%、マカブー50%(輸入元:豊通食料㈱)

 

2016年 コート・デュ・ルーション ブラン

~シャトー・ド・ジョー

 

 

今週の特価¥2,052

What's New

2018年

10月

20日

10月20日、21日  限定スペシャル有料試飲

「奇遇にも今回はどちらもネゴシアン!!!

ですが、つねに人気のワイン達です(^O^)/」

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日10/20()~10/21()

※数量限定無くなり次第終了です。

続きを読む