今週(6月8日~6月10日)のお買い得品

今週は「ブルゴーニュ祭り」でござます!!!

夏はシャブリでしょう♪ 

 

ジャン・クロードは自身の目指すワインのスタイルを「フィネス、フローラルさ、ミネラル感」といっており、事実、どのキュヴェもシャブリのエッセンスが詰まった、フローラルな香りとミネラルを感じさせる、繊細なスタイル。とはいえ、酸が全面にく

るような感じよりかは、柔らかな樽の使い方が絶妙にマッチした味わいになっているので、シャブリって苦手・・・なんて方にも初級編として楽しんでいただけると思います。マリアージュは「しなやかで、高級感があり、フローラル」なタイプの白ワインなので、「鯛の昆布締め細造り」のような刺し身や寿司、または貝類などにピタリとはまります。ミネラルを感じるシャブリは繊細な生のさかなとの相性もよく、噛みしめるほどに旨味が膨らんでいく昆布締めにすることで、このシャブリのような、樽とステンレスのいい所を最大限に引き出していると言えるでしょうね。

(輸入元:ラックコーポレーション) 

 

2014年 シャブリ~ジャン・クロード・ベッサン

 

試飲特価¥3,385

 

リッチさは2015年

ならでは!!! 

 

ドメーヌ・マニエールは、1795年からヴォーヌ・ロマネの村の中心に構える歴史ある造り手。現当主のリシャール・マニエールで5代目となります。先代の頃はマニエール・ノワロ名義でワインを手掛けており、ロバート・パーカーからは、「熟成力のある凝縮したリッチなブルゴーニュを手掛ける」というコ

メントともに4ツ星評価を得ている。因みにノワロはリシャールの母方の家系で、この一族はヴォーヌ・ロマネ最大の土地の所有者のひとりでした。10haの所有畑は本拠地ヴォーヌ・ロマネを中心に、南はニュイ・サン・ジョルジュから北はフィサンまで広がり、古樹の畑を多く所有する。そのラインナップは素晴らしく、グランクリュのエシェゾーをはじめ、ヴォーヌ・ロマネ屈指のプルミエクリュであるレ・スショや、ニュイ・サン・ジョルジュを代表するプルミエクリュ、オー・ブドやレ・ダモードを先祖代々受け継いできました。特に、先々代が手に入れたエシェゾーは、このアペラシオン最上の区画とされるレ・プーライエールのほぼ中央と、絶好のロケーションを誇る。ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの所有区画に両サイドを挟まれているため、同社からドメーヌ対し5年おきに畑の交換が持ちかけられるそうだが、ロマネ・コンティ社が交換を打診する区画は、面積は大きいもののレ・プーライエールの北端にあり、畑としては劣るため、その要望に応じるつもりはないといいます。

このブルゴーニュ・ルージュは、樹齢約45年。ヴォーヌ・ロマネとニュイ・サン・ジョルジュの村にある4つの区画をブレンド。チェリーやカラント、ラズベリーなど粒の小さな果実のアロマ。滑らかな果実にくっきりとした酸を備えた実直な味わい。甘酸っぱい赤系果実が余韻に尾を引く。2015年は年が偉大なので、力強さが全面にでているぶん、リッチなピノ・ノワールという印象が伺えます。料理とのマリアージュは「しなやかで、ビロードのように滑らか、香り高い」タイプなので、「豚肉の玉ねぎ塩こうじ焼き」などのうまみのあるお肉にあいますよ。輸入元:㈱フィラディス)

  

2015年 ブルゴーニュ・ルージュ

~リシャール・マニエール 

 

試飲特価¥4,924

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

What's New

2018年

7月

19日

今週(7月20日~7月22日)のお買い得品

ひさびさのサン・ブリ

 

サン・ブリとは、シャブリ地区で造られる、「ソーヴィニヨン・ブラン」なんです。ロワールやボルドーのソーヴィニヨン・ブランとはまた違った、ピュアさがあります。特に、この生産者は、この、サンブリの畑を、高齢でリタイアするという人物から高樹齢のブドウの樹が植わる好条件の畑を譲り受ける機会に恵まれたと言います。樹齢の高いブドウの樹は大変希少ですから、ラッキーですよね。そのお陰で、2005年に自らのドメーヌを興す事を決心しました。自社畑ではテロワールを尊重したビオロジック(有機)栽培を行っています。
このワインは、ステンレスタンクにて天然酵母のみを使って発酵を行い、ブドウ由来の柑橘系の香りや爽やかなハーブのニュアンスを巧みに引き出しています。上品で爽やかな味わいが愉しめる白ワインです。
(輸入元:豊通食料㈱) 

 

2017年 サン・ブリ~クロティルド・ダヴェンヌ

 

試飲特価¥3,078

続きを読む