6月9日、10日  限定スペシャル有料試飲

❝ムルソーに、ジュブレなんて、ブルゴーニュ好きにはたまらない逸品

......お早めにヨロシク♪~❞

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

6/9()6/10()※数量限定無くなり次第終了です。

 

『注目ドメーヌが登場♪♪』

 

2015年

ムルソー・レ・グリュヤッシュ

<ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ>

 

 

{ブルゴーニュ/白/品種:シャルドネ100%/小売価格¥10,800税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、ジェロボーム()さん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

『ネゴシアンメオでもレアなワイン』

 

2014

 ジュブレ・シャンベルタン

<メオ・カミュゼ F&S>

 

{ブルゴーニュ/赤/品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格¥10,800税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、ラックコーポレーションさん>

 

お試し◆glass(70ml)→1,000(税込)

『シークレットでもう一種』

 

③???? ???????<?????>

 

{ブルゴーニュ/?/品種:???/小売価格¥????}

 

<今回の仕入先(輸入元)は、???さん>

 

お試し◆glass(90ml)→¥1,000(税込)

 

来店してからのお楽しみとなりま~す!!!

 ★②はこんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、ラックコーポレーション

さんより一部抜粋

 

 ~MEO-CAMUZET Frere et Soeur メオ カミュゼ フレール エ スール~ 

 

アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ

 

1980年代半ば、折半耕作の契約が切れると同時に、小作人たちも引退の時を迎えてメオ家の元にブドウ畑を返還。1985年から本格的にドメーヌ元詰めが始まった。
やがてパリにいたままでのドメーヌ経営が難しくなり、ブルゴーニュに赴くことになったのがジャンの息子、ジャン・ニコラ・メオである。
1964年生まれ。商業学校でマーケティングを学び、銀行で研修を受けた、生粋のパリジャン。1989年、24歳にしてドメーヌを託された。
表向き引退を宣言したアンリ・ジャイエも、ドメーヌのコンサルタントとして若きジャン・ニコラの指導にあたったという。

リシュブール、クロ・ド・ヴージョ、エシェゾー、3つのコルトン(従来からあるクロ・ロニェに、2010年ヴィンテージからペリエールとヴィーニュ・オー・サンが加わった)といった特級畑。戦争直後にアンリ・ジャイエが開墾したヴォーヌ・ロマネ1級クロ・パラントゥー。宝石のようなクリマの数々を、このドメーヌは有している。

 

ジャン・ニコラは「メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール」の名前でネゴシアンビジネスも行っている。
マルサネ、フィサン、ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニー、ニュイ・サン・ジョルジュなど、ドメーヌもののヴォーヌ・ロマネを補う形でコート・ド・ニュイのアペラシオンを余すことなく網羅。
これらの中には短期賃貸契約によりメオ・カミュゼのスタッフが畑の管理から収穫まで、ドメーヌの畑と同様に仕事をしているクリマも少なくない。
また、ブドウやマストを買い付ける場合でも、夏季剪定や収穫時の選果を行い、品質の安定を図っている。
ドメーヌもののワインがその希少価値から入手困難であり、価格の壁も高いことから、比較的手頃な値段でメオ・カミュゼの哲学が楽しめるネゴスものの存在は、ワイン愛好家はもちろん、レストランにとってもありがたい存在といえるだろう。

 

What's New

2018年

9月

15日

9月15日、16日  限定スペシャル有料試飲

おぉぉぉ...世間は、三連休でしたね」 これはもう飲むしかないね~(o)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日9/15()9/16()※数量限定無くなり次第終了です。

続きを読む