今週(12月14日~12月16日)のお買い得品

「クリパ」を華やかに♪ロゼ泡です!

 

先週もスパークリングでしたが、クリスマス間近とのことで、今週もしゅわしゅわこと、スパークリングをご案内。こちらは、ブルゴーニュでも、コート・シャロネーズの最北端、コート・ド・ボーヌとの境界であるコート・デュ・クーショワに位

置するのが、このロワイエさん。マニアックというか、変り者というのか、本来なら、これはシャンパーニュ地方と同じ製法のメトード・トラディショナル方式で造られているので、クレマンになるのですが、ブドウ品種の比率や製造工程がクレマンの規定から外れているため、カテゴリーは「ヴァン・ムスー」になってしまうというこだわり??のスパークリングです。チェリー系の旨味が美味しい軽やかさは「こだわってくれてありがとう!!」と言いたくなります♪♪♪

【地方:ブルゴーニュ/タイプ:ロゼ泡/品種:ガメイ70%、ピノ・ノワール30%】(輸入元:㈱フィネス)  

 

ヴァン・ムスー・ロワイヤル・ブリュット 

~ドメーヌ・ロワイエ

 

 

試飲特価¥2,770

当店ではまだまだ珍しいビオディナミワインです!!

 

ドレ・フレール・スーリエ   Les Freres Soulier 【ラングドック】   
スーリエ兄弟(シャルルとギヨーム)が2014年にワイン作りをスタートした若きドメーヌ<フレール・スーリエ>。 ビオディナミをはじめとする自然農法でワインを作って います。初ヴィンテージは2015年。ワイン作りに対して非常に熱い情熱と夢を持っていることがビシビシと伝わってくる印象の若者。 畑は基本的に草が“ぼうぼう”。その理由は、ブドウ樹に生命力を与えることや、空気や窒素を保つこと、虫 (特にミミズ)の存在を維持することなどが挙げられる。畑の仕事に関しては、この道で有名なピエール・マッソン氏に師事し最適な方法を模索中。テンプラニーニョなどのイタリア系の品種やピカルダンなど珍しいブド ウも徐々に増やしているそうだ。ヤギを飼いチーズ作りも行っている。 現在彼らのワインは生産量が少ないこともあるが、その品質と味わいに既にファンが多くほとんどが完売状態。瓶詰するとすぐにまた予約完売!と引く手あまた。基本的にはSO2無添加ですが、このワインは15mg/ℓ。優しく、流れるようだが、しっかりとインパクトを残す味わい。

【地方:ラングドック/タイプ:赤/品種:シラー、グルナッシュ各50%】(輸入元:日仏商事㈱) 

 

 

2016年 デュ・ガール・ヴァ・ニュ・ピエ 

~フレール・スーリエ

 

 

試飲特価¥2,872

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

What's New

2019年

11月

07日

11月9日、11月10日  限定スペシャル有料試飲

『秋晴れが心地よい今日このごろ、ワインの美味しい季節到来!...

タップリワインを楽しもうよ!!(≧▽≦)ノ』

 

11月の週末スペシャル

有料ワインリスト

 

❝第211/9()11/10()
今回のテーマ「素敵なブルゴーニュを検証してみましょう~

続きを読む