5月18日、19日  限定スペシャル有料試飲

「給料日前でも美味ワイン飲みたいです。」

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日5/18()5/19()※数量限定無くなり次第終了です。

『これぞ王道シャブリだ~~~☆』

2016年 シャブリ 

1級 ヴァイヨン・レ・ミノ

(ドメーヌ・パトリック・ピウズ)


{ブルゴーニュ/シャブリ/白/品種:

シャルドネ100%/小売価格¥8,532税込}

 

<今回の仕入先(輸入元)

㈱ヴァンクロスん>


お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

『たまにはボルドーなんかもやっちゃいます(*´з`)

2014年 

ヴィルジニー・ド・

ヴァランドロー

(シャトー・ヴァランドローのセカンド)

{ボルドー/サンテミリオン・グラン・クリュ//

品種:メルロ65%、カベルネ・フラン30%、

カベルネ・ソーヴィニヨン5%/

小売価格¥8,100税込}

<今回の仕入先(輸入元)は豊通食料()さん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

 

今回①のワインは...()ヴァンクロスさんより一部抜粋

 

Patrick Piuze - パトリック ピウズ

 

パトリック・ピウズ氏は、1973年カナダのケベックで、ワイン造りとは全く無縁の家系に生まれる。ある日、ローヌのミシェル・シャプティエ氏の兄であるマーク・シャプティエ氏との出会いによって、彼の人生に大きな転機がもたらされる。シャプティエ氏にインスパイアされ、彼のバックアップのもと、世界中を旅し、オーストラリア、南アフリカ、イスラエル等の様々なワイナリーでワイン造りの修行を積む。そして1997年に帰国後、モントリオールの中心街に『ピノノワール』という名のワインバーを開業する。その当時、彼の自宅にホームステイしながら、バーの手伝いをしていたフランス人女性の留学生の一人が、ブルゴーニュのオリヴィエ・ルフレーヴ氏の愛娘の親友であることが判明。熱望していたワイン造りの修行を再開するべく、彼女を介して2000年夏にバックパック一つでルフレーヴ氏のもとを訪ね渡仏。当初2週間だけの滞在予定だったのだが、ルフレーヴ氏に引き留められ、結局4年間在籍し、シャブリ部門の醸造長にまで抜擢された。この間にボーヌのCFPPAで醸造学を学ぶ。才能を爆発的に開花させた彼は、その後も進化を続け、実力が知れ渡るようになり、2004年にはヴェルジェ、2005~2007年にはシャブリのジャン・マルク・ブロカールの醸造長を務める。そして2008年7月、これまでの華々しい実績を引提げ、自らのメゾン『パトリック・ピウズ』を設立する。(中略)村名4種類(テロワール毎)、プルミエ・クリュ11種類、グラン・クリュ6種類を生産する。村名からグラン・クリュまで全アイテム蝋キャップを採用。

What's New

2019年

11月

15日

11月16日、11月17日  限定スペシャル有料試飲

『来週はいよいよヌーボーの解禁ですね!(^<^)

ますますワインが楽しくなる~ヾ(≧▽≦)ノ

 

11月の週末スペシャル

有料ワインリスト

 

❝第3回11/16()11/17()
今回のテーマ

「今やお値打ち品と言えるブルゴーニュの生産者では???」

続きを読む