6月8日、9日  限定スペシャル有料試飲

「梅雨入りですか....まぁ何はともあれ、美味しいで楽しもう!(*^^)v

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

 

★開催日6/8()6/9()※数量限定無くなり次第終了です。

『久しぶりにロティの登場です。

白もうまいだよねぇヾ(≧▽≦)ノ』

 

2015年マルサネ・ブラン
〈ドメーヌ・ジョセフ・ロティ〉
{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/

小売価格¥7,020税込}
<今回の仕入先(輸入元)

()エイ・エム・ズィーさん>


お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

『最近めっきり古いヴィンテージ見かけなくなったな....

今回は何とかバックヴィンテージです。(^_-)-☆』

 

2009年ボーヌ・ルージュ
〈ドメーヌ・ミッシェル・ゴヌー〉
{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール/

小売価格¥7,668税込}
<今回の仕入先(輸入元)

()ラックコーポレーションさん>


お試し◆glass(90ml)→1,000(税込)

今回②のワインは...()ラックコーポレーションさんより一部抜粋

MICHEL GAUNOUX(ミッシェル・ゴヌー)

 モノポールのクリマを所有するふたつのドメーヌを除くと、ポマールを拠点にそのアペラシオンに集中して取り組む造り手はなかなか見当たらない。そんなポマールにあって5つの1級畑を所有し、ブルゴーニュ・ルージュさえポマールの村内に畑をもつ、まさにポマールに特化したドメーヌがミシェル・ゴヌーである。

現在、ドメーヌの舵取りをしているのはマダム・ジャクリーヌ・ゴヌー。

ミスター・ビーンのローワン・アトキンソンによく似た、息子のアレクサンドルがワイン造りに従事する。

ワイン造りはいまだに古典的。ブドウは完全除梗のうえ、木桶で発酵。長いキュヴェゾンのあと、3050%の新樽を用いて1824ヶ月の樽熟成を施す。

ポマールというテロワールのせいもあるが、このドメーヌのワインは、若いうちだとタンニンがゴツゴツと感じられることが多い。 今どきにしては珍しい、典型的な長期熟成タイプ。少なくとも5年は寝かせて、ようやく花を咲かせるタイプである。.........

What's New

2019年

11月

15日

11月16日、11月17日  限定スペシャル有料試飲

『来週はいよいよヌーボーの解禁ですね!(^<^)

ますますワインが楽しくなる~ヾ(≧▽≦)ノ

 

11月の週末スペシャル

有料ワインリスト

 

❝第3回11/16()11/17()
今回のテーマ

「今やお値打ち品と言えるブルゴーニュの生産者では???」

続きを読む