2月17日、18日  限定スペシャル有料試飲

☆ボンジュールです、♪♪♪( ̄∠  ̄ )ノ

 

【お待たせッ!高級ワイン、週末スペシャル有料試飲!

 

開催は、2/17(土) 2/18(日)※数量限定無くなり次第終了です。

 

テーマ『試飲会で惚れたワイン達(^_-)-☆』

『2014年でも美味です!

 

2014年 ポマール 

   クロ・デ・プチュール

 (モノポール)

 

<ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ> 

 

{ブルゴーニュ/赤/

品種:ピノ・ノワール100%/

小売価格(¥12,960/税込)}

 

 

<輸入元:ジェロボーム>

 

 お試し◆glass(60ml)→¥1,000(税込) 

『ドメーヌの中でも最良の畑の一つ♪』

 

②2014年 シャブリ

 

 レ・フルショーム V.V.

 

<ドメーヌ・ラロッシュ>

 

 {シャブリ/白/

品種:シャルドネ100%/

小売価格(¥7,560/税込)}

 

<輸入元:ジェロボーム>

 

お試し◆glass(70ml)¥1,000(税込) 

★★★①はこんな生産者です。(^_^)/「この度の仕入先、ジェロボーム㈱さんより」

ドメーヌ ハイツ ロシャルデ 

 

 ワイナリーの歴史を紐解くと1857年にまで遡ります。フィロキセラ害によって売りに出ていた畑をジョルジュ・ロシャルデが購入した事が全ての始まりです。

 

1983年にジョルジュの孫娘ブリジットがクリスチャン・ハイツと結婚し、ハイツ・ロシャルデの名でブドウ栽培を始めました。収穫したブドウは全てボーヌのメゾン・ジョセフ・ドルーアンに販売していましたが、ブリジットの息子アルマン・ハイツが醸造学を学び、2012年から家族が所有する畑の一部区画でブドウ栽培を始めました。その後、ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデを設立し、2013年ヴィンテージを初めてリリースしました。テロワールを最大限に引き出すため、畑ではビオディナミを実践しています。

 

糖と酸のバランスが最大限に取れたところで収穫し、ピノ・ノワール、シャルドネ双方とも全房発酵を行います。これにより複雑性や凝縮感が増すと考えています。軽くプレスした後、ほぼ濁った果汁のまま澱と共に樽で約一年間熟成させます。毎年少しずつ畑を増やしながら意欲的にワイン造りを行っており、ブルゴーニュの未来を担う若手醸造家としてジャシス・ロビンソンも注目している期待の新星ワイナリーです。

What's New

2018年

7月

19日

今週(7月20日~7月22日)のお買い得品

ひさびさのサン・ブリ

 

サン・ブリとは、シャブリ地区で造られる、「ソーヴィニヨン・ブラン」なんです。ロワールやボルドーのソーヴィニヨン・ブランとはまた違った、ピュアさがあります。特に、この生産者は、この、サンブリの畑を、高齢でリタイアするという人物から高樹齢のブドウの樹が植わる好条件の畑を譲り受ける機会に恵まれたと言います。樹齢の高いブドウの樹は大変希少ですから、ラッキーですよね。そのお陰で、2005年に自らのドメーヌを興す事を決心しました。自社畑ではテロワールを尊重したビオロジック(有機)栽培を行っています。
このワインは、ステンレスタンクにて天然酵母のみを使って発酵を行い、ブドウ由来の柑橘系の香りや爽やかなハーブのニュアンスを巧みに引き出しています。上品で爽やかな味わいが愉しめる白ワインです。
(輸入元:豊通食料㈱) 

 

2017年 サン・ブリ~クロティルド・ダヴェンヌ

 

試飲特価¥3,078

続きを読む