今週(5月25日~5月27日)のお買い得品

ブルジョワ級の

質の良さ 

 

「ブルジョワ級」クラスに位置付けられるこのシャトー。その歴史は十字軍遠征以降の中世ヨーロッパで活躍したテンプル騎士団に由来し、1300年代初頭に建てられたシャトーの名前「Temple」もテンプル騎士団(Templier)に因んでいます。1933年、その魅力に惹かれた現当主ドゥニ ベルジェイ氏の祖父がシャトーを購入し、今日まで3世代に渡って経営を続けています。理想的な畑仕事と丁寧な醸造で造られるワインは素晴らしい評価を受けており、古のテンプル騎士団はこの土地の良質なテロワールに注目し、素晴らしいワインが出来るであろうことを見抜いていたのかも知れません。18haある葡萄畑にはカベルネ ソーヴィニヨン、メルロー、プティ ヴェルドが植えられており、葡萄の樹齢は約40年、栽培はリュット レゾネ農法(減農薬農法)を行っています。品種ごとにステンレスタンクでアルコール醗酵、樫樽に入れる際にアサンブラージュをして12ヵ月熟成させ、瓶詰前に18~20ヵ月間休ませます。熟成した甘味と、果実味が調和。滑らかに舌の上をすべるとてもエレガントなワインです(輸入元:㈱フィネス)

  

2012年 シャトー・ル・タンプル

 

試飲特価¥2,872

 

老舗シャトーでも、お買い得!! 

 

フランス最古のソーヴ・マジュール修道院が所有していたという、このシャトー・サント・マリー。古くは、1874年には最も有名なボルドーワイン事典“フェレ(Feret)”に掲載されていたということも。(少なくとも144年は現存するってことですよね・・・)アントル・ドゥー・メールの中心地にあり、畑は日照に恵まれたジロンド県で最も標高が高い二つの丘に広がっています。その素晴らしい立地条件に加え、セミヨンとメルローは樹齢が100年を越えており、常に品質の高いブドウを生み出します。1956年以降、ドゥプッシュ家がワイナリーを運営。2015年よりシャトー・アンジェリュスのオーナー、ユベール・ド・ブアールがコンサルタントとなり、更なる品質の向上が見受けられます。フルーティで溌剌として非常にバランスが取れ、フレッシュで心地よい口当たりが楽しめます。輸入元:㈱ジェロボーム)

  

2015年 シャトー・サント・マリー                    ヴィエイユ・ヴィーニュ

 

 

試飲特価¥2,257

金曜日からでもちょと飲みたい方に・・・

 

無料試飲はちょこっとですので、たっぷり1杯分飲みたいなんてかたには、なんと

ワンコイン ¥500

にてお出しいたします。週末のちょっと良いワインいかがでしょうか???

What's New

2018年

9月

15日

9月15日、16日  限定スペシャル有料試飲

おぉぉぉ...世間は、三連休でしたね」 これはもう飲むしかないね~(o)

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日9/15()9/16()※数量限定無くなり次第終了です。

続きを読む