10月13日、14日  限定スペシャル有料試飲

「お店もリニューアルしましたので、素敵なブルゴーニュ・・・

いつもやないか~ぃ(^O^)/」

 

ボンジュール、♪♪♪~( ̄∠  ̄ )

 

【お待たせッ!、週末スペシャル有料試飲★限定ワインリスト】

★開催日10/13()~10/14()

※数量限定無くなり次第終了です。

①『ドーヴィサのスケールの凄さに圧倒されます(≧▽≦) 

 

2016年 シャブリ 

<ヴァンサン ドーヴィサ>

 

{ブルゴーニュ//品種:シャルドネ100%/小売価格¥7,020税込}

<今回の仕入先(輸入元)はラックコーポレーションさん>

 

お試し◆glass(80ml)→1,000(税込)

②『目利きの天才・二コラ・ポテル氏の作品(^_-)-

 

2014年 ヴォーヌ・ロマネ V.V.

<ロッシュ・ド・ベレーヌ

 

{ブルゴーニュ//品種:ピノ・ノワール100%/小売価格¥10,800税込}

<今回の仕入先(輸入元)は豊通食料㈱さん>

お試し◆glass(60ml)→1,000(税込)

①のワイン。ラックコーポレーションさんより一部抜粋

 

 Vincent DAUVISSAT / ヴァンサン ドーヴィサ

 伝統的な樽醸造を守り続ける長熟シャブリの造り手
シャブリには早飲みタイプの白ワインというイメージが定着している。じつのところ、シャブリにもムルソーやピュリニー・モンラッシェ以上に熟成可能なものが存在する。
それがヴァンサン・ドーヴィサとフランソワ・ラヴノーのワインだ。
両者の造りやワインのスタイルはよく似ているが、それはヴァンサンの父、ルネとフランソワが義理の兄弟だから当然ともいえる。

まずはヴァンサン・ドーヴィサから紹介しよう。
1970年代以降、シャブリではニュートラルで生産性のよいステンレスタンクを使った醸造が一般的になったが、ヴァンサンの父、ルネは伝統的な小樽の使用を頑なに守り続けた。
もっとも寒冷なシャブリのこと。冷えきったセラーでは発酵がなかなか始まらないこともあるので、アルコール発酵のきっかけはタンクで行っている。
樽自体、そのほとんどが何年も使用した古樽で、新樽は少ない。また通常のピエス(228リットル)だけでなく、シャブリで昔から使われていたフイエット(132リットル)も見られ、その古典ぶりが強調される。
ただし、当のヴァンサンに言わせれば、樽醸造はとりたててワインの品質を決める、決定的要因ではないらしい。大切なのは畑だと主張する。

ヴァンサンは1998年に3haの区画で実験的にビディナミ農法を始め、その結果が良好なことから2002年にはすべての畑をビオディナミに転換した。目に見えて土壌のバランスが改善され、病気が減り、腐敗果も少なくなったという。
現在、畑の面積は12.35ha。プティ・シャブリから特級レ・プルーズ、そしてレ・クロまで。
1級ラ・フォレは4.53haという、このドメーヌ最大の面積をもつクリマで、区画が分散しているためにそれぞれ性格のバラツキが大きい。すべてをアッサンブラージュすることで複雑味が生まれ、完成度の高いワインになるとヴァンサンはいう。

What's New

2018年

12月

08日

12月8日、9日  限定スペシャル有料試飲

ジャケ買いしたくなる!!クールな黒のフェイスです('ω')ノ 

 

 ボンジュール、♪♪♪( )

 

【お待たせッ!週末スペシャル有料試飲限定ワインリスト】

12/()~12/()数量限定無くなり次第終了です。

続きを読む